jump to navigation

【レンズ型カメラ】SONY DSC-QX10購入【分離撮影】 2016/12/04

Posted by むき in : Camera, Gadget , trackback

先週捨て値で売られていたので衝動買いしたSONY「DSC-QX10」。
「レンズだけのデジカメ」「スマホと無線で繋いで操作するのが前提」という、SONYらしいアバンギャルドなコンセプトのコンデジです。
3年前に発売された時の価格は25kくらいだったんで、ネタで買うには高いなぁ、と思って見送ってたんだけど、そろそろ底値、後継機なしということで、ガジェット好きとしては辛抱たまらず買っちゃいました。

PC041914

使い方としては、ご覧のようにスマホにマウントし無線LANで接続→専用アプリで撮影、というもの。
ただしここで「取り付けなくてもいい」わけで、レンズを左手に、ファインダー(スマホ)は右手に、というトリッキーな使い方で変わった構図を追い求めることもできます。

スペック的には、同時期に市販されていたコンデジ「DSC-WX200」と同じ。
レンズは、F値は暗いけど25〜250mmのズーム。マニュアル機能はなく基本オートで、変えられるのは露出補正とホワイトバランスのみ、という潔い仕様。
アプリは直感的に使えないイマイチ感はあるし、WiFiで繋いでるからカメラを動かした時の像は遅延するし。。結構割り切った使い方をしないとキツイですね。
ちなみに撮った画はすぐに圧縮され自動的にiPhoneのカメラロールに転送される(オリジナルは本体内のSDカードに保存される)ので、撮ってすぐにSNSに拡散、という場合とても使いやすいですね。

ということで、早速試写。
iPhoneに取り付けて使うということで、当然「そもそもiPhoneにもカメラ付いてるじゃん?」というシンプルな疑問がw
アプリを切り替えつつ両方で同じ被写体を撮ることで、どのくらい画に違いがあるのか確認してみました。
(レタッチは一切かましてません)

QX10
IMG_8830
iPhone6s
IMG_8831

QX10
IMG_8828
iPhone6s
IMG_8829

QX10
IMG_8809
iPhone6s
IMG_8816

えーと。。。iPhoneでも十分じゃね?www
#オリジナル画像はリンク先のFlickrで御覧ください

レンズ口径、センサのサイズでは圧倒的にQX優勢ながら、おそらくiPhone内部の画像補正ロジックが相当がんばってるんだと思います。
撮って出しなのに、コントラスト、彩度、シャープネスバリバリw
iPhoneはHDRしてるという差があるのかと思ったけど、シャッター音を聞いてるとQXも状況によって数枚撮って合成してるっぽい。

結論を言うと、「広角(iPhone29mmに対しQX25mm)が欲しい時、それから光学望遠が欲しい時以外はiPhoneでも十分」w
画質の観点で言うと、QXは既に3年前のスペックだから、iPhone6sのカメラ性能(レタッチ性能含め)がもうそれに猛追してるってことなんでしょうねぇ(iPhone7はたぶんもっとキレイに撮れるはず)。

ハンドリングの観点でも、QXは撮るまでの時間がかかるのが難点。
QXをカバンから出し→本体電源をONにし→iPhoneでアプリを立ち上げWiFi接続→物理的にiPhoneにマウント、とやるのにどんなにがんばっても10秒以上かかる(NFC付きスマホならもうちょっと速いみたい)。
一方でiPhoneなら、ポケットから取り出した瞬間に撮れる。
うーん、予備バッテリーとバッテリーチャージャーも買っちゃったけど。。今後なかなかに登場頻度は上がらない予感w

センサと光学系の強みは暗い所で出るだろうし、光学手ブレ補正も付いているので、夜撮りをしてみるとちょっと印象が変わるかも?
あとは、前述の通り「レンズと本体が切り離せる」という視点で遊んでみるって使い方はQXならではなんでしょうね。

使い方のイメージとしては、本家サイトのムービーが非常に参考になります。最後には恋の予感なんかもあってキュンキュンしちゃうわw
・・・ぶっちゃけ、リア充用カメラってことですなwww

全然関係ないけど、俺のカバンに常に入ってるコンデジはこちら。OLYMPUS XZ-10です(だいぶ酷使してるから結構傷だらけw)。
F1.8の明るさ、カリッとした描写で料理撮りはバッチリ。しかも動作が超キビキビ。いざとなったらズームもある(5倍)ということで、RICOH GRIVを蹴落として常時携帯カメラの座に君臨中。

IMG_8855

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m