jump to navigation

【ガンプラ】ライトニングZガンダム アスプロス 2017/01/02

Posted by むき in : Gundam , trackback

これまでガンプラはFBの方にのみ上げてたんだけど、今年はこっちにも公開していこうかな?と。

ということで、先日Amazonから届いた撮影ブースを使ってガンプラ撮影会中w
白い軟質塩ビ板を組み合わせただけの簡易撮影ブースなんだけど、これ(・∀・)イイ!!
これまで作ったガンプラ、ここで全部撮影し直したいくらい。

Lightning Z Gundam Aspros

被写体になってもらったのは、ビルドファイターズトライから「ライトニングZガンダム アスプロス」。
UCモノではないので細かい時代背景とかはなく、「ガンプラバトル」用にモデラー「コウサカユウマ」が作ったガンプラという設定。まぁ俺らの世代的には「プラモ狂四郎」のリメイク番組と言ったらすぐイメージできるかな?w
Zガンダムの変形機能をオミットした結果かなりメリハリの効いたスタイリングになってて。。。素直にカッコいい(^_^;)
カラーリング的には、完全にアムロ用Zですねw

Lightning Z Gundam AsprosLightning Z Gundam Aspros

ちなみにこのMSに限らず、ビルドファイターズのメカデザを担当してるヤキソバ、もといNAOKI氏のデフォルメの仕方ってかなり独特で、一言で言うと「1/100の手足+1/144の胴体と頭」を組み合わせたような等身バランスなのが特徴。
これまでのメカデザの方々と違って、結構クセが強いデザインをする人でアンチも多いんだけど、個人的には、歌舞いたポージングが似合う「ビルドファイターズのMS」に限ってはアリかな、と。
(独自解釈が多すぎるので、オリジナルがあるUCモノには正直手を出してほしくないって気はあるw)

Lightning Z Gundam Aspros

で、モデルの方ですが、いつもどおり手堅く素組、スミ入れ、細かい色入れ、あとはデカールでコーション表記。
うん、ガンプラ復帰して2年ちょいだけど、俺もだいぶ上手くなったねw

Lightning Z Gundam Aspros

ちなみに、我が家のコンデジを総動員して(一眼はマクロレンズがなく寄れないのでお休み)試し撮りをしてみた結果、一番このブースと相性が良かったのはなんと、懐かしの名機RICOH CX4!
マクロモードでもズームが効くので構図に変化を出せるのと(カメラによってはマクロにするとズームがワイド側にロックされたりする)、やっぱRICOHのコンデジ、光量さえ確保してあげればキレッキレのマクロ描写っすね。AFが遅かったり、ISO上げると画が乱れたりするのも、この用途なら全く問題なし。オークションで買って以来ほとんど使ってなかったけど、今後かなり活躍してもらえそう。

ということで、今年もいろいろ創って撮っていきますよ。

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m