jump to navigation

名残り雪。。。つーか名残り惜しみマクリマ雪。 2001/03/31

Posted by むき in : 未分類 , trackback

「いい仕事してますねぇ」な引っ越し屋さんの作業が思ったより早く終わり、大家に鍵を返却。
昼飯でも食ってゆっくりいわきに帰るか、と(なぜか)ココ壱でカレー。
ここまでは順調だったのよ。名取発、13:30。
相馬までは順調に海岸通りを快走。
しかし松川浦を過ぎたあたりから雪がちらつきはじめ、原町に入るころには爆雪。
あの〜、いわき帰ることだし、この車でのロングドライブもこれが最後なので、
精一杯おめかししましょ、と、アルミ付きインチアップな夏タイヤに履き替えたばっかなんですけど。
路面もちょっとヤバげな状況になってきたので、裏6を通ることをあきらめ、本6へ合流。
原町まではまだよかった。
そこから。。。大渋滞。
そもそも雪なんか降らない地域なので、スタッドレス履いてる車も少ないし、
ここ最近の気温にだまされて夏タイヤに替えた人も多い。
そんな奴ら(俺も含め)ばっかなもんだから、FRの車なんかはちょっとした坂でズルズルと
ケツ滑っちゃって動かない。
で、トラックもそんな感じで坂を登れない。しかも滑って回転>進路を塞ぐ始末。
片側1車線の狭い道路だから、そうなっちゃうと前の車が動くまで後ろの車は動けない>大渋滞。
富岡通過が17時。そこからが地獄。1時間で進行距離30mというアホな状態。
裏道を通ろうにも、さすがにこの積雪(この時点で5cmくらい)ではノーマルタイヤで裏道を走る気にはなれん。
かといって車を乗り捨て、電車で帰るのもシャクだし。
そこで思い出した。そういやチェーン持ってるじゃん俺。
チェーンさえ履けば裏道だろうがへっちゃらなはず。
急きょコンビニに車を止め、ジャッキアップ。チェーンを装着。。。できない。
そうでした。冬タイヤ175/70-R13。夏タイヤ185/65-R14。チェーンが短くて届かないんですけど。。。
かなりヘコんだ。
気を取り直して本6に復活。あとはもう気合いとテクニックでカバーするしかない。
そんな状態で最後の難関、竜田の東京電力の坂。
たぶんいわき<>仙台間の6号ではここの勾配が一番急。
他人が滑るのはともかく、自分もノーマルだもんで極度の緊張状態。
4駆とはいえ止まったら終わりでしょう。
ということで意を決してソロソロと登りはじめる。
よし、前の前のトラックも登れてるみたい。このまま突っ切れ!
そこで対向車線に乗り捨て車発見。トラックはすれ違いができず停止。。。ノォーッ!
という叫びも虚しくトラック停車。発進を試みるもケツが滑るばかりであとはもう動かず。
ローでチロチロと止まらないようにしていたこちらも仕方なく停車。
トラック、発車しようとがんばるも全く動く気配なし。
前にも後ろにも行けない、絶望的状態。
そこで救いの手を差し伸べてくれたのは対抗のトラックの運ちゃん。
かなり手前に車を止めて対抗車線の流れをとめ、登れなくなったトラックの後ろにたまった車を前に出させるべく誘導。
走り出しは相当緊張したものの、動き出せればしめたもん。ソロソロと登る。
そしてサミット。抜けたぁ!
感動をくれた運ちゃん、ありがとう!
この難所を超えて、広野まで来るとほとんど雪もなくなり、四ッ倉に帰ってくると完全にただの雨。
さすがいわき。東北の湘南(自称)。
そんな感じで実家着、21:30。

いやぁ、最後の最後らしい、すごいネタ的な仙台脱出でした。
Gone with the rainどころじゃねぇ、Gone with the snowじゃん。しかも「逝って」しまう所でした。
つーかマジで神経擦り切れそうでした。ノーマルで雪道は走るもんじゃないです。
そして、東北ではGWまでは冬タイヤは外すなという教訓を再認識。
グリップがなくなった瞬間の、あの腰にくるヌルッとした感覚はもう味わいたくないっす。

今日は一日実家に送られてきた荷物整理。
しかし実家はいいねぇ。飯が毎食何も考えずに食えるってのはサイコー。

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m