jump to navigation

気分は春スキー 2004/02/23

Posted by むき in : SnowBoard , trackback

今シーズン4回目。
今回は泊まりで志賀高原with職場の同期。
なんつーか、暑かった・・・。気温は10℃超。4月中旬の気温だそうで。
Tシャツで滑ってる人もいて、もう完全に春スキー。

日時:2004/02/21〜22
スキー場:志賀高原エリア
天候:二日ともに快晴、気温10℃以上
雪量:さすが志賀高原、標高が高いだけあって雪の量は文句なし。
雪質:朝の気温が低い時点ではかなり良好。粉っぽくもなく、ベトベトでもなく、ガリガリのバーンでもない、絶妙なしっとり雪(謎)。ただし気温が高かったので、午後はシャーベット。板が全然進まず、直滑降でもスピードが落ちていく状況。
メイク台:前回痛めた膝が完治しないので、様子見に徹して飛ばず。
混み具合:リフト待ちほぼなし。
滑走時間:6h+6h
昼食:(1日目)ソーセージ+ポテト+ビール、(2日目)カツカレー+コーラ
交通手段:中央道+長野道(信州中野IC)
出費:交通費(高速代+ガス代の割り勘)\5000+リフト2日券(全山共通券)\7500+宿泊\5000+昼食2日分約\3000+2日目晩飯\2200=計\23700

所感:
敢えて志賀高原「エリア」というだけあり、小さなスキー場が全部連絡可能になっていて、端から端まで滑りながら移動してると、一通り往復するだけで1日かかるくらいの規模。
コース的にも、これだけデカいとなんでもあり。3日くらいかけてようやく一通り楽しめるって感じかな。スキー場的にはかなり気に入ったので、ぜひまたゆっくり行きたい所。
天気がよかったので景色は最高だったけど、気温が高すぎたのには参った。GWにGALAに行った時みたいな雪でした。

備考1:泊まったホテルはここ。1泊2食で5kという破格な値段にも関わらず、夕食はスキヤキーィ!ギュウニクーゥ!部屋もまぁまぁの質で、文句なし。
備考2:帰りに寄った日帰り温泉はこちら。シチュエーション的には「ほったらかし温泉」を彷彿とさせる、盆地を見下ろすロケーション。天気もよく、2時間くらい平気でいれるくらい快適でした。

泊りがけで激しくボードをやると、さすがにちょっと筋肉痛。
朝ベッドから起き上がろうとすると、「ウ”っ」
首が、首が上がらないぃ・・・。
そして起きたら顔が逆パンダでした。日焼け止め塗ってなかったからなぁ。数日後にボロボロになるヨカーン。

コメント»

1. リイ堕 - 2004/02/25

高校時代に行ったことあるね。志賀高原。
確か5泊位してすべりまくった記憶が。
あそこは小さいスキー場間をバス移動だったように思うけど、今も変わってないのかな。
規模が大きいので斜面の向きがコースごとにぜんぜん違ってて、北壁はがりがり、南向きはべちゃべちゃとか。
新雪が深いかと思ったら、地面が見えてたりね。

でも個人的にはゴンドラ乗って、そっから好きなようにコースを選べる気楽なところが好き。あ、これは、スキーヤーだからなのかも。靴で歩くのが一番面倒だしねえ。
って、ここ2年、すべりに行ってない。冬は結構、忙しいのよ。

2. むき@These are days... - 2004/02/25

高校時代って、もう10年前じゃねーか!

ゲレンデ連絡バスは使わなかったよ。
全部リフト&ゴンドラで移動できた。

大きく分けて二つのエリアがあって、それらの連絡にはバスを使うみたいだった(もう一つのエリアはスキー専用ゲレンデが多かったので行かなかった)。

>規模が大きいので斜面の向きがコースごとにぜんぜん違ってて

同意!
もうデロデロのシャーベットになってる斜面があったかと思うと、まだシャキッとした雪が残ってるゲレンデもあって。

まぁでも、やっぱり全体的にデロデロだったわけだが。
なにより気温高すぎ…。寒波が一日早く来てくれたらなぁ。

ボーダーとしては、スキーヤーがスケーティングしてスイスイ進むような平地の移動が最も困ります。

あぁ、雫石と鬼首とジャングルジャングルに行きてぇ…。こっちに住んでると東北が遠いよ。