jump to navigation

吉野家豚丼キタ━━(゚∀゚)━━ !!! 2004/03/02

Posted by むき in : B-Rated Gourmet , trackback

牛ダメ、鳥ダメ、最後の砦は豚ですか。
ということで、吉野家、豚丼発売です。

ゴボウが入っているというのが、味的に期待できるポイントではないかと。
早速食べに行ってみようっと。

王道である天丼とかカツ丼は作れないのかね。厨房が特殊すぎて。
あと、ジンギスカンダレ漬けラム丼とかいうのはナシですかね。
ラムは好き嫌い激しいかな。俺は好きなんだけど。
あ、ラムってヒョウ柄のビキ(ry


追記2004/03/03

で、早速食べてきた感想など。

まず驚くのは、席について
「ご注文お決まりですか?」「えーと、豚丼と味噌汁」
「並でよろしいですか」「はい」
「エーカン(←これ吉野家厨房用語ですか?それとも横浜東口店だけ?)並一丁!」
「ぁい、並一丁ありがとうございゃす!」

へ?「豚丼並」じゃなくて「並」呼ばわりですか!
豚丼を牛丼の代替品として売る気マンマンですな。
なら最初から出せよって気もするが。

で、すぐに出てきた豚丼並。口に運んでみましょ。

「ショッパ!」

かなりしょっぱいです。牛肉独特の脂っぽさ(=甘み)がないから、かなりストレートな醤油のしょっぱさ。
しかも、脂身のすくない豚肉なので、けっこうモサモサ系。

これじゃウマミもなんもない、ということで工夫したのかどうかは知らないけど、ゴボウが大目に入ってるのが救いか。
単調な豚&醤油の風味の中でゴボウのウマミが光ってます。
ただ、このウマミが全体を包むってほどではない。ゴボウが口に入るとちょっとうれしいね、というレベル。

で、思ったよりサクッと食い終わっちゃった。
ん?なんだこの胃の軽さは?
ヘルシーな豚肉だからなんだろうけど、牛丼並を食い終わったあとの、あの脂っぽい満腹感が全然ないぞ。
うーん、これなら大盛り食べられたかもしれない。

ということで、
遅れてきた本命「吉野家の豚丼」、牛丼の代替と言えるか?という問いに対する俺の答えは「否」。
ただし、牛丼のサイドメニューとしてはなかなか優秀なんじゃないでしょうか。
牛丼ほどコッテリしたものを食べたくない、って時とかにね。キムチトッピングもできるし。

いやー、今更ながら牛丼の偉大さを再認識ですわ。
また、ここ最近の雨後の筍のような「牛丼惜別」「牛丼へのオレのこだわり」「お前、吉野家の牛丼って言ってみたいだけちゃんかと小一時(ry」な、にわか牛丼通Blogの多さ(ここんちも含めて)を見てると、いかに牛丼が日本人のソウルフードであるかがわかりますな。
いや、それよりも「マスコミは偉大だ」ということか。

築地店行ってこようかな。

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m