jump to navigation

最近のおでかけ0514 2004/05/14

Posted by むき in : Art , trackback

美術館とか映画館とか、ちょくちょく見に行ってはいるんだけど、
なかなか単一エントリとしてageるほど中身の濃いものを書けないんだよね。

ということで、月刊ペースで「行った/見たもの」をメモすることにしてみる。

  • 弘法大師入唐1200年記念「空海と高野山」@国立博物館

    空海大好き人間としては、行かないわけにはいかんでしょう。
    #ある意味俗っぽくてどこか怪しげな所が、俺にとっての「空海の魅力」なのかも。
    週末の激混みを避けて、敢えて金曜夕方に出撃。
    しかし国博に着いたのは19時前(閉館20時)!
    制限時間1時間で観覧。
    つーか、公立ミュージアムも六ヒルの森美術館(夜0時まで開館、オールナイトもあり)を見習ってほしいね。
    見たい人が見たい時に見れるような環境だったらいいのに。

    上野の森界隈の企画展は、いつもアホみたいに並んでてUzeeeeeeeeee!っていうのが通例なんだけど、
    やっぱ平日の閉館間際はいいですね。ガラガラで落ち着いて見れました。
    効率良く見れるから、却って時間もかからず、20:15くらいには観覧終了。
    で、中身なんだけど「秘宝がまるごと降りてきた」のキャッチ通り、すごいです。
    快慶作の四天王、八大童子、そして大日、不動が並ぶ姿は壮観。仏像好きにはたまらんものが。
    絵とか書とかには目もくれず、ひたすら仏像を眺める。仏像ラヴ!仏像萌え!
    ただ、やっぱ仏様は現地で見たいなぁ、という気持ちも。
    薄暗いお寺で見る仏像は、博物館の照明の下で見る姿とは全く違うもんなぁ。
    バルクの中身だけでなく、ハコと環境も含めた信仰拠点だもんね。

    快慶の四天王を見てて思ったこと。
    頭が極端に小さく、その反面体躯がごつく、今にも動きだしそうなポージング。
    このスタイルのデフォルメっぷり、どこかで見たことあるなぁ、と思ったら、UOか!
    #重文の仏像と比べられたボークスの中の人も大変だろうが…。

    帰りは、上野と言えばお約束、キムチ横丁周辺でKの国の料理。

  • ディックブルーナ展@横浜そごう美術館

    隠れミッフィー好きとしては行かないわけにはいかんでしょう。
    これも閉館間際に飛び込んだので、ガラガラ。
    ミッフィーやブラックベアの、あの色、線、レイアウトのバランスは、画家というよりはデザイナーちっくだよなぁ、とは思っていたけれど、やはり装丁屋さんだったのですね。
    ペーパーバックの表紙はネタにもらえそうなデザインばっか。参考になります。
    やっぱり図録買ってくればよかったかなぁ。

  • School of Rock

    普段は単館上映モノを見ることが多いんだけど、サントラのカッコよさにやられ、フラフラとお台場メディアージュへ。
    ストーリー的には王道で単純明快。
    ニセ教師がエリート小学生にロックの魂を伝授!最初はバカにしていた生徒達も次第に…という流れ。
    細かい所にツッコむのはナンセンス。
    小気味よいストーリー展開、笑える小ネタ、全編を通して流れるロック、そして感動的なラストに酔いしれるべし。
    予備知識はなくても十分楽しめるけど、音楽(特に70’s〜80’sハードロック)に関する知識がちょっとでもあればさらに楽しいかも。
    なによりデューイの暑苦しさが素晴らしい!ロックは魂の叫びなんですよね。
    そういえば俺の周りにもいたよ、こんな熱いロッカーが。。
    久々にハードロックを聞きたくなりました。
    ロック好きというか、全ての音楽好きに見てもらいたい映画。
    音楽系と言えば、モータウンのスタジオミュージシャンに関する映画もやってるんだよね。
    こっちも見に行かないと。

  • MATRIX

    すいませんすいません、今さらなんですけど初めて見ました(汗)。
    流行り物は避けて通る天邪鬼なので、今まで見る機会がなくて…。
    マトリクスって、ガンネタと同様「お約束ネタ」で使われることが多いので、見ておきたかったんだよね。
    近所にDVDレンタル屋ができて、全品100円レンタルだったので、ついに初体験!
    へぇ〜、こんな話だったのかぁ。って感じ。確かに面白い。
    よくネタとして使われる「速く動こうと思うな、速いと知れ」というのはこういうことだったんですね。
    しかしこの映画、なんでこんなにブームになったんだろ?
    これってまさに情報系ヲタが大喜びしそうな設定なわけで、イパーンの人が見てもすぐには理解できんのじゃないかな?
    最近の人はそんなことはないのか?こういう斬新でカルトな設定がウケるのか。
    たぶんウチの親に見せてもチンプンカンプンだろうなぁ。
    なんというか、ストーリー自体のおもしろさ、というより「凝った設定が理解できたことのおもしろさ」なのかな、と思ってみたり。
    例えれば、見えた人のみが優越感に浸れる3Dステレオグラムとか。FSSとか(笑)。
    ネタ元となったらしい「攻殻機動隊」も見てみようと思います。
    これ、大学時代に友達からめちゃくちゃ薦められたんだけど読んでなかったんだよね。

  • …なんだ、これだけ書けるならそれぞれ単一エントリでもいいじゃん、と思ったあなた、

    鋭い。

    コメント»

    1. 茶汲みレスラー - 2004/05/14

    ブルーナ展、図録買いましたー。
    あれで2k円というのは安いと思いました。
    あと、マグカップも買ってしまいました。
    ナインチェかわいー。でも初版にはびっくりしました。
    初期のスヌーピーよりひどい…

    2. あぽろ - 2004/05/15

    攻殻機動隊は見なきゃダメよ。ハッキリいって。
    押井守ものは見なくちゃ!人狼もセットで見て!!!
    余談ですが、ミッフィー枕、いまだに愛用中(もう目しかなくて人相極悪だけど)。しかも子供が出来たらお下がりで使わせようと思ってます。ふふふ。

    3. むき@These are days... - 2004/05/17

    >茶汲みさん

    おぉ、行ったのですか。
    図録、そんな安かったんですねぇ。俺も買えばよかったかな。
    確かに初版の顔は全然違いましたね。アレはかなりこわかった…。

    >あぽ

    つーかさぁ、なんかお前もヲタクになったよなぁ…
    押井モノと言えば「うる星」と「パトレイバー劇場版」でしょ!
    と言う俺はもうオールドタイプなのか?
    しかしアレですよ。パトレイバー劇場版は何度見ても鳥肌たちますよ。
    攻殻は当時「難解」という評価が一人歩きしてたような感じがして手をつけなかったんだけど、近々見てみますわ。

    ミッフィー枕!ナツいねぇ。まだあったんだ。
    お子様に使わせてあげてくださいな。もう相当汚いだろうけど…。

    4. 茶汲みレスラー - 2004/05/18

    ブルーナ展、私はあねに連れられて行きました。
    あねは、ひとりで1回、私と1回、ということで
    2回も行きましたよ。図録じゃない本を買ったようです。

    やっぱ押井守と言えばパトレイバーでしょ!
    2000年過ぎてもレイバーは実現してないけど。
    コミックス最終巻ひさしぶりに読んだら、
    「おいおい連絡手段に携帯電話はないのかよ!」と
    思ってしまったけど。

    5. あぽろ - 2004/05/18

    パトレイバーは私の前職の会社がマネジメントしていた
    高田明美 大先生の代表作であります!
    見なきゃイカンでしょう!社員としては・・・。

    ってか、押井モノはパトレイバー時代のものはあんまり知らないのですが
    最近のものは良いですぞ!
    是非!是非!

    でも、月曜夜やってる攻殻機動隊も毎週欠かさず見ているのです。
    これは押井サン関係ないのかな?

    6. むき@These are days... - 2004/05/18

    >茶汲みさん

    おぉ、俺コミックは読んだことないのですよ。
    コミックも持っているとはさすがです!

    > 「おいおい連絡手段に携帯電話はないのかよ!」

    そっか、コンピュータウイルスが世界を震撼させる、というアイデアはモロに的中してるけど、
    さすがにケータイ全盛でカメラ付きが当たり前、というようなとこまでは予想できなかったでしょうな。

    劇場版1で、遊馬とシゲさんが下宿でシミュレーションかけて、赤い点が東京を多い尽くす場面。何度見ても鳥肌たちます。
    あれで俺の進路(電気・情報系)は決まったようなもんです(笑)。
    それと、帆場の過ごした町のモデルとなった土地、今でも結構残ってるです。
    そんな建築を求め、カメラ持って駆け回るこのごろ。

    こんな感じで、あの映画は今の俺にものすごく影響を与えました…。

    >あぽ

    高田明美ってC&Rだったの?
    へぇ、そんなビッグネームも所属してたとは。

    > 押井モノはパトレイバー時代のものはあんまり知らないのですが

    劇場版1はぜひ見てみて〜。

    俺も攻殻見てみよう。
    テレビでもやってんのね。知らなかった。

    7. 茶汲みレスラー - 2004/05/18

    パトレイバー、大好きでした。
    OVAもテレビも見ましたし、コミックスも全巻持ってます(実家にあります)。
    劇場版は、1と3は見たんですが2は見てないかなあ。
    1、よかったですよね。
    でも当時、作画が気に入らない!と思った記憶があります…懐かしいです…
    コミックス最終巻で、橋が落ちて二課が陸の孤島になるのですよ。
    そして資材搬入路を使って内海さんたちは逃げる。
    「踊る」の劇場版2が、似たようなことをやっていましたね。
    そこで外部との連絡手段がないわけです、二課。
    電話回線をみんな切られたり、車載電話を蜂の巣にされたりして。
    そんで小銭を持って、電話ボックスに電話をかけに行くのです。
    そこで、「そうかー、当時はこんなに携帯電話が
    普及するという予測はできなかったわけねー」
    と思ったわけです。
    長文スマソ。

    8. むき@These are days... - 2004/05/19

    そうそう、「踊る」の元ネタにもなってるらしいですよね<パト劇場版

    > 作画が気に入らない!

    茶汲みさん、かなり濃いっすねぇ…。
    そういえば劇場版の1と、2以降って全然絵が違うような。
    俺はアニヲタというよりメカヲタ上がりなので、あんまり気にしないのですが。

    コミックス。今更ながら読んでみたくなってきました。
    今ならセットで安く買えるかなぁ。