jump to navigation

iTunes4.5登場 2004/05/19

Posted by むき in : Mac , trackback

ちょっと前の話なんだけど、iTunesの4.5が出てます(Win/日本語版も今日発表)。

今回の(日本で使える)新機能は
 ・ロスレスエンコーディング(可逆圧縮エンコーダ搭載)
 ・パーティシャッフル機能
 ・ジャケットプリント機能
 ・WMA対応(Win版)
 ・ライブラリリンク機能
くらいかな。
大規模なアップグレードではないけど、痒いところに手が届くようになった感じ。

ロスレスエンコーディングは、可逆圧縮なので元のAIFFに戻せるのがウリ。
しかし圧縮率がそれほどではないみたいなので、俺は使わないだろうな。

意外と使えるのは、パーティシャッフル機能。
特定のプレイリスト、もしくは全ライブラリに対して、
 ・シャッフルしたプレイリストを自動で作ってくれ(任意のタイミングで更新可能)、
 ・ランダムに並んだ状態から、手動で曲の入れ替え、消去、挿入が可能で、
 ・これから再生される曲が一目でわかる
という機能。ランダマイズと編集が可能なキューって感じですかね。
上記の3つの条件を全て満たすような機能は今までのiTunesにはなかったので、結構重宝します。
というか、普段からシャッフルでiTunes流しっぱの生活をしてる俺としては、4.5にしてからこれしか使ってません。

他に便利な機能としては、ライブラリリンクかな。
アーティスト名やアルバム名の隣にある「矢印アイコン」をクリックすると、
iTunes Music Store内のそのアーティスト/そのアルバムの曲を全部表示してくれる。
アメリカならば、ここで表示された曲を即購入、ってこともできるんだけど日本じゃまだ試聴止まりなのがイタイ。

でも、もう一つ技があって、
optionを押しながらこの矢印を押せば、自分のライブラリの中から、対象アーティスト/アルバムを絞り込んでくれる。
日本じゃこっちの方が使えそうだね。

しかも、「矢印クリック」と、「option+矢印クリック」を入れ替えてしまうコマンドがあるらしい(Mac版)。
これを使えば、シャッフルプレイ中、「この人の他のアルバム聞きたい!」とか「このアルバムって他に何の曲入ってたっけ?」と思ったら、矢印をクリックするだけ。
そうすると、サクッと絞込み&ソートされたリストが現れる。

今までだと、ライブラリ画面で「ブラウズ」ボタンを押してアーティスト、アルバム名を手動で絞り込むか、
検索窓にキーワードを手で入れないといけなかったんだけど、この機能を使うと1クリックですよ!
あー便利。

ということで、ますます使い勝手がよくなり、かつタダのiTunes、みんな使うべし!
iPodを持ってない人にこそオススメしたいですね(この使い勝手にハマったら、たぶんiPodも買うことになるから…)。

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m