jump to navigation

羊の皮を被っていたKissD 2004/06/09

Posted by むき in : Camera , trackback

EOS Kiss Digital用の裏ファームが密かに出回っているらしい。
もちろんCanon純正ではなくて、出所はロシアの神?
某掲示板やkakakuの板で話題になっていたみたい。
という情報をリイ堕からいただき、早速調査。

このファームを入れると何が変わるのか?というと、

・AFモードが手動切り替え可能になる!
・ISO3200まで感度を上げられる!
・ミラーアップや後幕シンクロができるようになる!
・隠されていたカスタムファンクションがたくさん現れ、10D並のカスタマイズができる!

すげぇ、KissD最強化への道じゃん…。

KissDの最大の弱点だったAFモード自動切換えが殺せるってのはうれしすぎる。。。
サーボ固定はできないみたいだけど、ワンショット固定にできるなら文句は言わない。
で、早速入れてみました。

完璧だよお前… ε≡(゜∀゜;) 

KissD、こんな実力を持っていたとは…。
かなり長い付き合いになれそうなヨカーン。

ところで、うちのKissDはメディアにMuvoの中の人だったMicroDrive(4G)を使ってるんだけど、
やっぱり半導体メモリに比べるとアクセスが激しく遅い。
鉄活動なんかでバッファが溢れる連写をすると、しばらくアクセスランプ点きっぱで、全然応答しなくなる。

MDって大容量なのは魅力だけど、この遅さはなんとかならんかなぁ、と思ってたら、
これまた高速化Tipsがあるらしい。
うちにはWinマシンがないので、わざわざ会社までMD持ってきてフォーマット作業。

帰ってきてKissDに装着。早速バッファ一杯まで撮ってみる。
おっ!回復早いよ!

よし、これでまた一歩、理想のKissDに近づいた。。。

以上、今日の備忘録でした。

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m