jump to navigation

最近のおでかけ0628 2004/06/28

Posted by むき in : Art , trackback

最近行ったアートっぽいのをageてみる。

  • 宮本隆司写真展 -壊れゆくもの、生まれいずるもの- @世田谷美術館

    阪神大震災の記録(実物大プリント!)、東京や海外の大形建築の解体記録から香港の巨大スラム「九龍城砦」の記録、
    そして都内のダンボールハウス、はたまた自身がダンボールに入り撮影したピンホール写真まで、宮本隆司の写真を一通り展示。
    この人の九龍城砦の写真が大好きなんだよね。
    報道写真っぽいというか、ヘンにアーティスティックに撮ろうとしてなくて、淡々とアイレベルで事実を切り取る、という姿勢が(・∀・)イイ!
    そういやプレステの「クーロンズゲート」、雰囲気は大好きだったんだけど、クリアできずに終わったな。。

  • MOMA展 -モダンってなに?- @森美術館

    以前、上野でMOMA展をやってたんだけど、午前中に行ったものの、あまりの行列にムカついてそのまま帰った。で、今回リベンジ。
    しかも、恥ずかしながら六ヒル初上陸です。いやー面白いね六ヒル。
    テナントがどう、とかでなく、建築として見てすごく面白いぞ。
    で、MOMA展なんですが。
    21時に入館→23時に見終わり→東京シティビューで1時までマターリ東京の夜景を眺める、という、なんとも都会型な過ごし方ができるのがここのいい所ですね。
    時間が時間なので、週末でもガラガラ。美術館はこうでないと!
    中身に関しては、うーんMOMAね!っていう感じ(謎)。一度は見てみたかったのでヨシ。
    つーか意外と広いのね森美って。

  • 伊東忠太を巡る@ワタリウム美術館ワークショップ

    以前ワタリウム企画展でも扱っていた、伊藤忠太設計の建築を巡るツアー。
    設計図や写真を見ると、やっぱり実物が見たくなる→個人的には何度も見に行ってるけど、できたら美術館の解説員付きで見たい→お!ワークショップやるじゃん!
    ということで迷わず参加。
    コースは、上智大学の兼松講堂@国立→築地本願寺@築地→東京都慰霊堂@両国→靖国神社@九段下、という流れ。
    朝10時に国立駅集合〜17時の靖国神社解散まで、7時間歩きっぱなし(移動は電車)。
    靖国での解散後は、九段に来たらここも見ないと、ってことで個人的に九段下ビルへ。
    ついでに九段会館もウォッチ。
    いやーかなりヘヴィでした。足が棒。

    このツアー、内容の濃さはかなりのモノ。やっぱ解説してくれる人がいると全然違うわ。
    しつこすぎず、ポイントを抑えた解説で満足(でも、もうちょっと詳しい話が聞きたかったかも)。
    団体で行ってるから、個人じゃなかなか入れない部分まで案内してもらえるしね。

    今回のツアーの参加者は二十数名。で、一人あたり参加費4k弱。
    参加者には、資料を閉じたファイルが配布され、靖国・遊就館の入館費も含む。
    そしてワタリウム側の同行スタッフは3名。こりゃワタリウム儲からないでしょ!
    スタッフの方が「ほとんどボランティアですよ」って言ってたのが泣ける。
    ほんといい企画をありがとうございます、と言いたい。

    この企画、今回の忠太ツアーだけでなく、建築&街ウォッチング関連で全10回あるのだ。
    3回分まとめて申し込むと10kなので、実はあと2回分申し込んであります。
    うーん楽しみ。


  • 【余談】
    靖国神社って、かなーり思想入ってる所だと聞いてたので、今まであんまり行く気はしなかった。
    でも戦没者と言えばウチのじいちゃんもここで祀られてんじゃん、と思い、この機会に初体験。
    ウヨとか街宣車とか鳥肌実とか(←違う)がいて、すごい雰囲気なんじゃないか、と勝手に想像してたけど、
    全然そんなことはなく、ビシッと引き締まった空気の、いい神社でした。
    しかし、靖国併設の軍事博物館である「遊就館」これはすごい。日本人なら一見の価値アリかと。
    詳細は敢えて書かんけど。
    モノの見方ってのはいろいろあるぞ、と。
    なかなか興味深く拝見させて頂きました。

    コメント»

    スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m