jump to navigation

沖縄貧乏旅行 2004/08/26

Posted by むき in : Travel , trackback

さて、夏休みの出来事の続きを。

今年は沖縄に行ってみました。
沖縄(含む南国の島)はまだ一度も行ったことがなくて、「青い海、白い砂」ってのに漠然と憧れてたんだよね。
飛行機を降りた瞬間、ココナツとハイビスカスの香りが広がる、とかね(ないない)。
プライベートビーチで夕陽を見ながら、トロピカルフルーツたっぷりのカクテルで乾杯、とかね(ないない)。
お風呂には南国の花が一面に浮かんでたり、ベッドには天蓋があったりしてね(ないない)。
海の上にコテージがあって、朝ベッドから起きたら、テラスからそのまま海へ、とかね(ないない)。

(;゚∀゚)=3ムッハー!!!

しかし、時期が時期だけに、航空券含むツアー料金はバカ高。
憧れのリゾートホテルなんかに泊まろうもんなら、2泊ツアーでも10万オーバーは必至。
ということで、貧乏根性でなんとか格安ツアー(それでも往復航空券+1泊+4日分レンタカーのセットで6万弱)を見つけ、予約。
残りの宿泊は会社経由で格安リゾートホテルをキープ、と。
そんなこんなで、3泊4日、沖縄への貧乏旅行に出発!

■1日目

昼頃に羽田発。
2時間くらい寝て起きたら、もうそこは南国!
DSC00803.JPG
空港を出ると、やっぱ暑いですよ!
気温は東京とそんなに変わらないけど、日差しのジリジリ加減が全然違う感じ。お肌がイタイ。
空港近くのレンタカーでマーチ(現行型、メロンパン色)を借り、一気に本部(もとぶ)半島へ!
つーか久々に運転するオートマ、めっちゃ怖いんですけど。
なんでアクセルから足離しただけで動くんだよこのクルマはよ!!(クリープといいます)

…とブーブー言ってると、道路沿いに吉野家発見!
沖縄の吉野家には「タコライス」がある、というウワサを事前に聞いていたので、迷わず寄り道。

沖縄の吉野家、ちょっと本土と作りが違う。
中に入るとカウンターがあり、そこで注文>出てきた丼をトレーに載せ、好きな席へ運んで食べる、というフローらしい。
しかもオリオンビールもあるし、コーレーグス(唐辛子を泡盛に漬け込んだ香辛料)もある!
で、早速タコライスを注文。ガツガツ食べる(あまりにガッツいたので写真撮るの忘れました)。んまい!
タコライスはこっちの沖縄料理屋でも食べたことがあって、その時はチーズ多めの濃厚なやつだったんだけど、この吉野家のはレタスが多めでサッパリ味でした。

腹もふくれた所で、気を取り直し本部半島へ。
道路から見る沖縄、一番びっくりしたのは「お墓」。風習が風習だけに(後述)あんなにデカイのかな。

高速を途中で降り、万座ビーチあたりからR58を海沿いに北上。
ここでエメラルドグリーンの海が眼前に広がる!
…はずだったんだけど、なんだか空はぁゃιぃ雲行き。
19時頃ホテルに到着。
えーと、ホテルはお世辞にもキレイとはいいがたい所でした。清潔ではあるが、古い。
大浴場があったのはありがたかったけど。あと、「全室マリンビュー」ってのもあながち間違ってはいないか。
まぁでもアレだ。1泊¥3500なんだからこれで十分だ。

ホテルから瀬底ビーチが近い、ということだったので、夕日を見ようと車を走らせる。
DSC00013.JPG
素晴らしい!!
(今回の旅でこれが最後の夕焼けになるとは、まだ知る由もない)

今回の旅は全部素泊まりなので、R58沿い、名護の沖縄料理屋へ。
まずは駐車場が「わ」ナンバーオンリーなのに ( ゚ д゚) ポカーン
沖縄そば+沖縄そばヤキソバ(謎)を食って退散。ファミレスっぽい店にしては結構うまかった。
飯を食っている間に、いつの間に雨が降り出す。なーんかイヤな予感。

■2日目

恐る恐るカーテンを開けてみると、昨日の雨は止み、青空が広がっている。
よし、水納島へシュノーケリングへ行こう!

しかし…。
水納島行きの船が発着する港のおばちゃんの一言。
「本日台風のため運行中止」だと。

_| ̄|○

仕方ないので、台風が来るまでに一泳ぎするか、と昨日の瀬底ビーチへ。
天気もまずまずで、シュノーケリングしてみた(すごく浅いけどね)。
フツーの海水浴場のくせに、魚が一杯いました。
DSC00137.JPG
そうそう、買っちまいましたのよ水中カメラ!
対海&雪山用に購入した、CyberShot U-60
もう生産中止になるってんで慌ててamazonで買ったんだけど、砂も雨も海も、なんも気にせずバシャバシャ撮れるってのは最高だね。
中身はU20と共通なので、基本性能も文句ナシ。かなり満足度高し。
今回の旅は、一眼デジはお留守番。U50+U60というCyberShotコンビの鉄壁の布陣です。

それにしても瀬底の海はキレイでした。まさに「青い海、白い砂」。
比較するのもアレだけど、先日泳いだ江ノ島とは大違いの透明度(当たり前)。
あと、珊瑚の砂は裸足だと痛いのね。

さて、ビーチで遊ぶこと数時間。
気が付くと、ものすごい強風+沖の方がめちゃめちゃ荒れている。来ましたよ台風が!
ということで、そそくさと退却>ホテルへ。

シャワーを浴び、晩飯を食いに外出する頃にはすでに暴風雨来襲。
たぶん地元民はこんな天候の時に外出しないんだろうけど、そこは観光客。晩飯を食いに名護市までGo!
横殴りの雨で、ワイパーを最速にしてもほとんど前が見えない状態。
前の車のテールライトを頼りに、ソロソロと進む。

晩飯は偶然見つけたステーキ屋さん「朝日レストラン」。
なんか、沖縄にはステーキ屋が多い。米軍がいる関係かなぁ。
この店、なんとなく「うまそう」な感じがしたので入ったんだけど、大当たり!
シェフが目の前の鉄板で牛肉+付け合せをジュウジュウ焼いてくれるんだけど、最初に刺身状態で出してくれる生の牛肉がまた(゚д゚)ウマー
昼飯抜きだったし、調子に乗って「大」を頼んだんだけど、食いきれずモヤシを残してしまいました。ごめんなさい>お店の中の人
しかし、ウマイ肉を久々に食った気がするよ。

■3日目

雨は止んだが曇り空。そして暴風。
こんなんじゃ海は無理だし、ということで、「美ら海水族館」へ。
たかが水族館、とバカにしてたんだけど、ここすごいわ。
まず敷地がバカ広い。そりゃ万博(海洋博か)やってたんだから当たり前だけど。
この大きな公園の中には、水族館、ビーチ、民家園や植物園といろいろあって、1日楽しめるレジャーランド。しかも駐車場無料。
で、この水族館、水槽がものすごくデカイのです。

ジンベイザメが悠々と泳いでる!マンタもイパーイ!
ウミガメやイルカも間近で見れて愛嬌たっぷり!
…と、幼稚な感想しか言えないのがアレなんだけど、素直に圧倒されましたよ。
確かにここは、沖縄来たら一度は行くべきだ、と友人が言うのも頷ける。

最後の1泊は那覇市なので、海洋公園をブラブラした後は那覇へ移動。
おっとその途中で、「中山そば」で三枚肉そば+ジューシー(沖縄風炊き込みご飯)を頂く。

あっさりしているのにコクがある上品なスープ、ツルツルモチッとした麺。
自家製のコーレーグスを一振りすると、あまり酒臭くなく、唐辛子のピリッとした刺激が適度にスープに残り(゚д゚)ウマー
4日間で3回そば食べたけど、ここが一番のヒットだったかも。

そばに満足した後は、高速を飛ばし(なんで沖縄の高速道路はみんな70km/hくらいで走ってるんだろう?)那覇へ。
ちょうど帰宅ラッシュの渋滞に辟易しながらも、本日のホテルへ到着。
それまでのホテルがちょっとショボかったので、普通のシティホテルのたたずまいにホッ。

一服した後は、おみやげを仕入れるため夜の国際通りへ。
この時点で雨は止み、蒸し暑くなってくる。
いやーすごいねここは。さすが沖縄一の都会だ。スタバも三越もあるしな(笑)。
DSC00832.JPG
しかし人ごみUzeee!って感じだったので、「一番安いよ!」を連呼するお土産屋(確かに安かった)でお土産を買ってホテルへ戻ることに。
連れがうわ言のように連呼していた「海ぶどう」を買いに市場に行くも、既に本日閉店。残念!

■4日目

最終日になって晴れやがった…。
早々にレンタカーを返却し、モノレールに乗って首里城へ。
一応世界遺産は見てみたいしね。

と、その前に途中下車して腹ごしらえ。
今日は「こどら」でこどらそばセット(三枚肉とソーキが載ったそば+ジューシー)。

そばがうまいのはともかく、ジューシーがめちゃめちゃうまかったぞ。

腹を満たしたら、さぁ首里へ。モノレールで30分くらい。
首里城自体はまぁこんなもんか、という感じ。きれいによく復元されてる。
ここって明治時代まで日本じゃない国だったんだよなぁ、というのを再認識。本土の建物と全く違うもんね。
で、首里近辺で一番の俺的ヒットは、玉陵(たまうどぅん)。
尚氏の代々のお墓らしいんだけど、まずはその外観に圧倒されました。
しかも使われ方が興味深い。
全部で3つの石室があるんだけど、真ん中のは死体が骨になるまで寝かせておく部屋(沖縄は風葬+洗骨文化らしい)。
左は王+后の骨を入れた立派な骨壷(城の形をしてたりする)を収納する部屋、右がそれ以外の王家の骨壷を入れる部屋なんだそうな。
そこらへんの暗めな話が、やけにキャッチーに解説してある資料室が面白かったなぁ。
あ、こういう所を面白がる観光客はあんまりいなそう…(資料室はうちら以外誰もいなかったし)。
その後は、金城の石畳道を散策。
DSC00881.JPG
あぁ、これぞ沖縄って風情です。味があるなぁ。でも汗だくだ。

そんなこんなでもう18時。
帰りの飛行機の時間までちょっと時間があったので、モノレールを途中下車。
富士屋でコーヒーぜんざいなどを食してみたり。

空港に戻り、海ぶどうを大人買い(塩漬けはダメ、生のやつ)し、飛行機に乗って睡眠。
気が付けば羽田。

という感じで、4日間の沖縄初体験の旅は幕を閉じたのでした。
土地勘がない+事前調査不足で、中途半端な旅になってしまったのが残念。
初めてなので、あれも見たい、これも見たい、って焦る気持ちもあったしね。
沖縄に来たら絶対避けては通れない戦争史跡も、全然廻れなかったなぁ。
つーか台風来んなよ!!!

次回以降の教訓としては、

  • 海に潜る気なら、それなりの場所に腰を落ち着けてやる(ケラマか石垣あたり?)。
  • リゾート気分が味わいたいのなら、宿に金を惜しまない。
     空港からリゾート直行→全てが高品質に完結したエリア内で過ごすのが一番満足度が高いと思われ。
     ※特に北部はホント田舎で、オサレな飯屋などは皆無に等しい。しかもやたら夜が早い!
  • いわゆる観光をしたいのなら、夏休み時期ははずす。
     だって暑いし、混んでるし、高いし、いいことないじゃん。 
  • 台風の時期は覚悟して来る。
     やっぱベストは6月なんですかね。
  • ちょっとの時間でも、ビーチに出るなら日焼け止めは完璧に。
     甘く見てました。やられました。帰ってきて数日は風呂に入れなかった…。今脱皮中。

    来年はもうちょっと目的を絞って来てみるか、と考え中。
    あ、有名な某廃墟ホテルに行くの忘れてたよ…。

  • コメント»

    スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m