jump to navigation

誕生日休暇 2004/10/26

Posted by むき in : Travel, Peugeot206 , trackback

毎年、自主的祝日として設定されている「俺誕生日」
もちろん今年もやりましたよ。
つーても誕生日当日は会社で打ち合わせが入ってしまったので、自主的振り替え休日で。

で、これまた恒例となった軽井沢詣でです。

  • 22日(自主的振り替え休日)

    朝イチから行動。
    まずは車検上がりの206を受け取りにディーラーへ。
    307CCで迎えに来てくれたので、迷わず「屋根開けていいっすか?」。
    10km/h以下であれば走行中でも開閉可能なので、走行中に開スイッチをポチ。
    スゲー!!Zガンダムの変形シーンもかくや、というギミックです!そして街中の注目度も高杉です。
    それにしてもやっぱオーポンはいいねぇ。見上げると空!ってのは最高に気持ちいい。
    このクルマ、他に対抗馬がいない「メタルルーフの4座オープン、価格は400万強」という好条件。こりゃ売れる罠。
    営業さんとWRCでプジョーが弱い件について話をしてるうちに到着。

    まずはリプレイスしてもらった部品を確認。プラグは完全に逝ってました。
    で、クルマを受け取り、そのまま軽井沢へ!

    アクセルを踏んだ瞬間、顔がニヤケる。
    なんか、全然乗り味変わってるぜ?

    車検整備による足回りの増し締め、ほぼ新品タイヤへの変更、タイヤ幅ダウン&インチダウン、
    そして高効率エアクリと新品プラグへの交換、フルード類の全交換が高次元でバランス!
    (というか、一気に変えたから何が原因かよくわからんのだ)

    なにより感じるのは、トルクが一回り太くなったような感覚。

    …たぶん新車時のフィーリングに戻っただけなんだろうけどね。
    初めて乗った時の、エンジンの「ニュルニュル感(うまく表現できないけど、粘りがありつつ滑らか〜な感じ)」再び!
    氷が解けて薄味になってたカルピスに、再び原液を投入したようなウマー感!

    それから、タイヤがスムーズに回転し、ショックがちゃんと仕事してます感。
    今までいかに重くてうるさいタイヤ履いてたのかを実感。やっぱりXTにはテッチン14インチですな。
    まぁ見た目は大事だから、将来的に再び15インチアルミに戻すこともあるだろうけど。

    という感じで、新品ブレーキパッドの当たりをつけつつ関越道爆走。

    途中、寄居PAで有名な「ゼリーフライ」を食す。120円。
    うーん、情報によれば衣がついてないはずなんだけど、これは完全にコロッケですね。

    んで、中身はオカラ。なのでオカラコロッケ。うーん。
    やっぱり本場の行田市に食いに行かないとダメっぽい。

    今回は出発時間が遅かったので、碓氷峠を旧道で登らず、高速で直接軽井沢へアプローチ。
    宿はいつもの別宅(笑)@北軽です。
    軽井沢と言いながら、北軽井沢って群馬県にあるんだよね。
    浅間山の噴煙がモクモクでちょっとビビった。

    このシーズンの平日ってこともあり、視界オールクリア。まずはここのヒルクライムでちょっと飛ばしてみる。
    ウッヒョー!パワーないし!登んないし!でもやっぱ面白ぇ!
    タイヤ細くしたから、フットワークは軽くなったけど、コーナーの度に「キョ〜〜」と持続スキール音。

    とかいいつつ別宅へ到着。荷物を置いて一息ついたら再び下界へ。
    スーパーで明日朝の食材を買いつつ、晩飯を食いに「エルミタージュ・ドゥ・タムラ」へ。
    この店、いつも予約が取れなくて、今回平日狙いでようやく予約が取れたのでした。
    で、料理なのですが。

    激しく(゚д゚)ウマー

    すんません、陳腐な表現で…。
    普段B級グルメしか食ってないから、たまにこういう完成度の高いフレンチを食べると緊張。
    なんつーか、別々の味の食材なのに、口の中で溶け合って新たな味が生まれる、という感じなんですね。
    きのことフォアグラの茶碗蒸しとか、もうなんというか、うますぎなんですよ。俺茶碗蒸しキライなのに。
    他は、全体的に魚系の皿がおいしかったなぁ。アワビとか激ウマ。俺アワビキライなのに。
    うーんだめだボキャブラリが足りない。

    しかも、あと何皿出てくるんですか?というくらいの量なんです。
    でもそれぞれが全部違う味で、これまた激しくウマイので、やっぱり食えてしまうんだけどね。
    食べ放題でもこんなに腹ふくれないだろ、という量の料理でこの値段。そりゃリピータも付くよ。
    とりあえず、軽井沢に行ったら絶対行っとけ、という店の一つ。

    満腹になった所で、夜間無料の白糸ハイランドウェイを飛ばし(途中でファミリアSワゴンのSPORT20と追いかけっこ)帰宅→爆睡。

  • 23日

    昨日買ってきた軽井沢プリンスのパン(安くてウマイのでお気に入り)を食って二度寝。
    昼過ぎに起床し、上田にある美術館「無言館」へ。
    戦没学生の作品を展示してある、非常に重いテーマの美術館です。
    祖父が戦没ミュージシャン(?)だったこともあり、一度行ってみたかったんだよね。
    中途半端なコメントは避けるけど、いろいろ考えさせられることが多いです。わざわざ行く価値あり。
    帰ってきてチーズハンバーグを作り、「千と千尋」を見つつ食べて、就寝。

  • 24日

    昼過ぎ起床。
    お気に入りの「トンボの湯」に入ってシャッキリ目覚め。
    この日はパラダスキー場のスーパースライダー(ボブスレーって言うのかな?)をやりに行く。
    このスキー場、たぶん日本で唯一「高速のPAと直結のスキー場」なのです(でもPA内でのUターンはできず、けっこう不便)。
    雑誌で読んでちょっと期待して行ったんだけど、スーパースライダーは意外と短かったぞ。
    あと、ノンブレーキでコーナーに突っ込むとコースアウトしそうで非常に怖かった(←アホ)。
    どうせなら、ヘルメットとシートベルト着用の高速ボブスレーみたいなのがやってみたい。

    このまままっすぐ帰るのもつまらないので、草津経由で沼田へ抜けるか、清里経由で小淵沢へ抜けるか迷ったけど、後者で帰ることに。
    せっかくここまで来てるし、もうちょっと山道走ろう、とR141からメルヘン街道へ。この道もめちゃめちゃ面白いのですよ。
    しかも八千穂高原の紅葉がめちゃめちゃキレイ。山肌が金色だし。

    そのまま行くと野麦峠を下って諏訪まで行ってしまうので、途中で分岐してR141へ戻り、八ヶ岳高原ライン経由で大泉方面へ。
    目指すは英国カレーの店「アフガン」!
    ここ、一度行ってみたいと思ってたんだけど、閉店が早くて(人気店な上に、カレーがなくなり次第閉店してしまう)今まで行けなかったのでした。
    行列は5,6組という感じで、30分くらい待ち。しかも俺らが並んだ時点で「本日終了」のプレートが。セーフ!

    ここんちのカレーは、辛さがA、B、C、ウルトラC、そんで盛りがS、M、Lと選べる。
    辛くなくちゃカレーじゃない!を豪語する俺らとしては、迷わずC-Mで。具は、ベーコンとキノコ。

    出てきたカレーを早速一口。

    (゚д゚)ウマー

    濃厚かつ複雑な味。
    口当たりは甘く、それからスパイスの複雑な味が広がり、最後にポッと辛さが灯る、というシーケンスか。
    これ辛口?全然甘いよねぇ、と言いつつ食ってたら、だんだん体が熱くなってきた。
    脳天から流れる汗。かなりキてるぜ?

    つーかちょっと待て、このカレーすごいウマイんですが!!(気付くの遅杉)

    さすが、この田舎で行列ができるだけあるね。これはぜひ、また食いたい所。
    再訪を誓い、中央道へ乗る。

    ここで高速のジンクスなど。
    「秋の夜の中央道、冬の朝の関越道は渋滞」
    …その通りでした。
    相変わらず、談合坂付近から小仏トンネルまで渋滞です。早く拡幅工事終了してくれ〜。
    もしくは圏央道で東名と繋いでくれ〜。

    ってな感じで無事帰宅です。
    いやー、クルマも新たに生まれ変わった感じだし、ウマイ物も食えたし、よい祝日でした。

  • コメント»

    1. あぽろ - 2004/10/26

    お誕生日おめでとう、なのだ。

    2. なかの - 2004/10/27

    おめでとー。
    自分への誕生日プレゼントに
    ターンテーブルかってください。
    れっつCDJ!

    3. むき - 2004/10/27

    ありがとサンキュー!

    > ターンテーブルかってください。

    うー、確かに欲しいんだよね。
    でも今もっと欲しいのはこれ
    CDが飽和してる部屋で目当てのCDを探すのは大変なのですよ…。

    4. 21代目服部半蔵 - 2004/10/27

    遅ればせながら、お誕生日おめでとうで御座る。
    これでむき殿は1歳先輩になってしまわれましたね(w

    5. むき - 2004/10/29

    >半蔵さん

    どもですー。
    なんか、25過ぎると、自分の年がとっさに思い出せないんですよね。
    友人の年もバラバラだし、「学年」みたいなのがないから年を気にしなくなったなぁ。
    半蔵さんは俺より遅生まれなんですね。