jump to navigation

北海道満喫 2005/01/27

Posted by むき in : B-Rated Gourmet, SnowBoard , trackback

今シーズン3回目。
職場の人々と、2泊3日で北海道へ行ってきました。

日時:2005/01/21
スキー場:テイネハイランドスキー場
天候:晴れ時々雪
雪量:十分だが、北壁はちょっと少なめ。
雪質:これぞ北海道、という感じの雪。軽いのに、絶妙にエッジが噛んでくれる。
混み具合:リフト待ちほぼなし。ただしスキー学校の学生多すぎ。
滑走時間:4h
昼食:肉まん+地ビール

日時:2005/01/22
スキー場:キロロリゾート
天候:雪
雪量:十分。フカフカの深雪コース最高!
雪質:朝イチの一本目、あまりにも雪の水分が少なすぎ、板が全然滑らなくて焦ったが、その後は安定して良質パウダー。
混み具合:リフト待ちほぼなし。
滑走時間:6h
昼食:ピザ+フライドポテト+唐揚げ+ホットドッグ+ビール(完全ツマミ系)

日時:2005/01/23
スキー場:札幌国際スキー場
天候:快晴
雪量:十分。フカフカのコースサイドが最高!
雪質:今回のツアー中最高かも。スプレー飛ばしまくりのサラサラ雪なのに、どんなムリしてもエッジが喰いつき、しかもラフに板を回してもリカバリがきき、転んでも全然痛くない!
混み具合:ゴンドラ待ち数分。
滑走時間:5h
昼食:キムチ豚マヨ丼+ビール

やっぱり北海道の雪はスバラスィです。
毎年言ってるような気がするけど、明らかに自分がうまくなったと錯覚します。

今シーズンのテーマは(未だに)「グラトリの基本をしっかり身に付ける」こと。
緩斜面でのテールスライド、ノーズスライドの維持とか、ノーリーからのスイッチとかの練習をしてたんだけど、内地だと必ずどっかのエッジが引っかかって死ぬんだけど、北海道の雪だと面白いようにできちゃうんだよね。

テイネハイランドは今回で2回目。
下のテイネオリンピアとゴンドラで繋がっててビックリ。下には行かなかったけど。
斜面の緩急のバランスがよく、いろんなレベルの人が楽しめる中規模スキー場、という、3年前に行った時と同じ感想ですね。
名物「北壁」がもっとフカフカだと面白かったんだけど、かなり削られてガリガリになってたのが残念。
DSC01664.JPG

キロロも今回で2回目。
強烈な緩斜面(というか平地)が続く区間が多かった印象が強く、期待せずに行ったんだけど、コースを選べばめちゃめちゃ面白いことが判明。
ドカ雪が降った翌日だったこともあり、深雪エリアがもうたまりません。ちょっと後傾にするだけで板先が浮くわ浮くわ。
一緒に行った連中は8割スキーヤーだったんだけど、彼らは腰まで雪に埋もれながらめちゃめちゃ苦戦してました(笑)。

札幌国際は今回初体験。
コース幅が広く全体的に緩斜、ゴンドラで一気に山頂までアクセス→ロングコース滑走、という点で万人受けしそう。
しかも特筆すべきはその雪質!
札幌大雪の翌日に行ったこともあるかもしれないけど、もうニヤけが止まらない雪でした。
あと、ビッグキッカーのレベルが異様に高かったのにもビックリ。
だって、水平回転系入れないと話になんないでしょ、というレベルの人しかいないんだもの。
ちなみに俺は初心者用のちっこいキッカーで遊んでました。。
DSC01699.JPGDSC01711.JPG

で、今回のツアーでのもう一つの目的は、食い物。
そりゃ北海道ですから!

一緒に行った職場の連中が、気になる店、馴染みの店をチェックしておいてくれてたおかげで、俺は付いてくだけで幸せになれました。

まず初日夜。
すすき野の、とある雑居ビルにある、カウンターとテーブル2つくらいしかない小さな居酒屋。
しかし、職場の先輩の顔が効く店ということで、事前に大将にネゴって「いいネタ」を揃えてもらう。
店に入った時点で既に、テーブルには茹でタラバ(甲羅の星が6つ!)が鎮座ましますよ?

えーと、正直に言います。
俺、今までカニをナメてました。
だって食うのはメンドクサイし、そのくせ食える部分は少ないし…と。
しかしそれはショボいカニしか食べたことなかったからなんですね。すいませんカニさん。
太い足にツーッと箸を入れるだけで、ポロンと出てくるミッチリしたカニの身!
しかも口に入れると、えもいわれぬ甘みが。。(*´д`*)

ウマ━━(゚д゚)━━ッ

他にも、イカ刺や生牡蠣、生ウニ、サザエ、白木屋とは次元が違うホッケ、さらにうまい日本酒等、出てくるわ出てくるわ。
ちなみに牡蠣とウニと貝類が食えない俺的には、カニ以降はもっぱら酒だったんだが…。
で、〆は時計台でラーメン。まぁここはよく言われるように「可もなく不可もなく」って感じの味で。

で、2日目。
キロロから帰ってくると、部屋で休む間もなく召集命令が。
まずタクシーを飛ばして向かうは「らーめんてつや」。
トンコツ醤油のコッテリしっかりしたうまみとプリプリ縮れ麺のコンビネーションがたまらんです。
スープがうまくて、ほぼ完食完飲。この店は絶対東京でも行列作れると思う。

次はどこに行くかと思えば、そのまま団体で雪中行軍。
到着先はスープカレー専門店(店名忘れた)。ハシゴかよ!!
しかしスープカレーって初体験なので食ってみたい。
ということで、血糖値が上がらないうちにノーマルスープカレーをいただくことに。
なるほど、スープなカレーですね(謎)。まぁウマイです。でもなんでコレ流行ってんだろ?

んで、〆。
市電に乗ってすすき野へ戻り、ミルク村というお店へ。
ここの店、ソフトクリームにいろんなリキュールをかけて食べる、というお店。メニューはそれだけ。
一人2種のリキュールが頼めるコースにしたので、すごい種類のリキュールが出てきました。
レミーマルタン・ルイ13世とかの、いわゆる高級ブランデーまで頼めるので、もちろんいただきます。

ウマ━━(゚д゚)━━ッ

しかもソフトクリームおかわり可能だし!
ラーメンとカレーで腹パンパンなんだが、デザートは別腹。
そして、別腹もパンパンに。

3日目は、帰りの千歳空港で夕食。
ラーメン道場で「ばり屋」のラーメンを食べようと思ったんだけど、去年なかった店「開高」が登場してたので入ってみた。
味噌屋らしいので、辛味噌ラーメン中辛を注文。
うん、普通にけっこうウマイですね。
というか、味噌ラーメンって味噌風味が強烈で、店の個性を出しづらいと思うんだがどうだろ?
しかも、ニンニクをドカ入れするともう個性も何も…。

ってな感じで北海道スノボ+食道楽の旅は終了。
ホント、よく遊びよく食べました。
帰りの飛行機の中、某オガ氏が牡蠣にあたり地獄を見たことはヒミツ。

今シーズン、あと1回くらい北海道行きたいなぁ。

コメント»

1. あぽろ - 2005/01/27

おお〜、いいね、ホッカイドウ。
まだ1度も行ったことがないのだ。
あたしゃ4月から福島だよ(涙)ダンナの転勤。
少しホッカイドウに近付くぜ!
ってか、喜多方ラーメンに相当近いぜぃ。イヒヒ。

2. むき - 2005/01/27

北海道、いいぜ〜。
あの雪は一回滑るとヤミツキになること請け合い。
機会あったらぜひ行ってみてくだちぃ。
安いツアー見つければ、コミ4万くらいで行けるし。
北海道はやっぱ、飯もうまいしねー。

つか、転勤か!!
しかも福島!
カモン福島!
ビバままどおる!
ビバエキソンパイ!
ビバ薄皮饅頭!
ビバリカちゃんキャッスル!

住むのは福島市になるのかな?
まぁなんにしても、夫婦それぞれの実家に近くなるから便利なんじゃないの?ベイビーとかできたら特に。

東京からは遠くなるけど、環境はいいのでそれはそれでよさそうよね。
新天地でもあぽろパワー炸裂でがんがってくだちぃ。

3. あぽろ - 2005/01/27

Viva!りかちゃんキャッソゥ〜☆(リサ子風)
住まいは福島市だよ。たぶん。
ムショの場所を地図で調べてみたらビミョウな場所だったよ。
ま、仙台近いから買い物に困ることはなかろう〜。
ただ、実家が近くなるのが・・・ちょっと・・・
ほら、嫁姑問題が・・・ね・・・。
嫁的には実家は遠くに想うものなり〜。
嫁姑バトル、ガンガル。うん、ガンガルよっ!

4. むき - 2005/01/28

> 嫁姑問題

そんなんあるの?
そういうのって、みのもんたの番組でしか出てこない話題かと思ってたけど…。

距離が近いと、すごいプレッシャーを感じたりするものなのか?
…それってニュータイプか?

よくわからんが、ガンガレ!

5. あぽろ - 2005/01/28

近ければ近いほど・・・プレッシャー3倍!

6. むき - 2005/01/28

福島で一つ思い出した。

学生の頃、恒例の深夜ドライブで福島方面に行った時、
「怖いCD(延々と猫の鳴き声とかヒュードロドロ音が入ってるやつ)」をかけつつ、とある山道に入ったら、いきなりお寺?お墓?みたいなのがあって、あぽろが突然熱出したことあったよね。

福島に住めば、あの魔の山にも再挑戦できるってわけだな。
ダンナと行ってみて!

7. あぽろ - 2005/02/01

ちょっと〜!!!!!!!
ヤなこと思い出させないでよ〜〜〜〜〜!
そうだったね。
そうだそうだ。
100円ショップかなんかで買った怖いCDかけて
夜ドライブしてたら頭痛くなって熱でたんだった!
で、結局あの山道くねくねくねくね延々と走り続けて
裏っ側にでたんだっけか?
あの頃はカーナビなどという便利なものがなかったから
帰れるのかどうかチョー不安になったよね〜!