jump to navigation

Mac mini と重箱の記憶 2005/02/03

Posted by むき in : Mac , trackback

Mac miniに関するここんちの記事の中で面白い一文が。

サードパーティに期待したいのは、Mac miniと同じデザイン、サイズで、Mac miniと積み重ねられる周辺機器の提供だ。たとえばフラッシュカードリーダー、増設ハードディスク、TVチューナユニット、USB Hubといったデバイスはすぐに思い浮かぶ。これらをお重のように、Mac miniと積み重ねられれば、コンパクトで魅力的なシステムになると思う。

フンフン。それはよさげなアイデアだね。

…と思いつつ、なんかそんなのどっかで見たことあるぞ?と記憶の糸を手繰ること数分。

あ、CONIGLIO(コニーリョ)!
95年前後にMacを使ってた人なら覚えてるのではないでしょうか。
積み重ね可能&当時にしては相当デザインコンシャスなテイストで統一された周辺機器シリーズを出したものの、けっこうあっさり倒産してしまったあのメーカーを…。

当時Mac用の周辺機器ってすごい高価だったし、CONIGLIOが倒産する前にシリーズを全部集めて重ねられた人って少ないのでは?

あ、えと、それがなんだっていうと、単に懐かしいなぁ、と思っただけです。

Σ(゜Д゜≡゜Д゜)ハッ!!
思い出話はヲタの特徴じゃねぇかorz

コメント»

1. ちおね - 2005/02/03

CONIGLIOの周辺機器シリーズというと、雑誌の広告欄でしか見たことなかったんですけど、
やっぱり、値段が高かったような……。

でも、CONIGLIOに限らず、マック用って、大抵の場合、

「デザインは良いんだけど、他に使い回しできないし、そもそも値段が……、
 まぁ、Mac専用だからしょうがないか……、でもカッコいいよね」

という、結構微妙な気持ちになるのが多かったような。

2. むき - 2005/02/04

雑誌と言えば、当時は「日経Mac」とかも健在でしたよね…。

んで、マック用の周辺機器って確かに高かったっすよねー。
PC用の周辺機器にしても、今に比べたらバカ高だったけど、それよりも高かったMac用っていったい…。
メーカー側も独占状態でしたからね。

それもあって、PC用のパーツや周辺機器をサポート外を承知で買う、という人柱行為を当たり前にやってたわけですが。。
そして、その精神は今でも受け継がれています…。