jump to navigation

一本道を歩いていると,道が二手に分かれていました. 2000/07/14

Posted by むき in : 未分類 , trackback

片方はとてもキツそうな山道,もう片方は比較的緩やかな道.
でもどちらも向かう先は同じ.
ということで,主人公はもちろん緩やかな方を選びました.
緩やかとはいえ障害物は多く,それらを除きながらの行程は大きな苦労を伴いました.
そして目的地が見えてきたと思った瞬間,行く手を遮る大きな石.
押しても引いても,どうやっても動きません.しかし残された時間はどんどん少なくなっていきます.
ここで主人公は考えました.
「石をどかす苦労より,分岐点まで戻って山を越えて目的地に向かう苦労の方が小さいっしょ」
そして彼は,また同じ道を分岐点まで引き返し,険しい山道を越え始めました.
今まで体験した事のないような心臓破りの山を登り,あとは下りのみ.
目的地が見えてきたその時,彼は途方にくれました.
また行く手を遮る石じゃん.しかもさっきと同じくらいでかいじゃん.

今こんな感じ(ToT).
今日1日の苦労って...

週末はギチギチに予定入ってるのに...来週の火曜までに動くのか?
おうちに帰りたーい...

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m