jump to navigation

ジキルとハイド(Boot Camp人柱) 2006/04/07

Posted by むき in : Mac , trackback

今朝会社に来てネットニュースチェックしたら、おったまげた。
ナニコレ!!

Intel Mac用の、Apple謹製Windowsブートツールが出ちゃったという話。
その名もBoot Camp。

つまりアレですよ。
これがあれば、MacをまったくフツーのWindowsマシンとして起動して使えるってことですよ!
個人的には「MacOSが走ってないとMacじゃねぇだろ」という気持ちはあるけれど、一般ユーザにしてみたらこんなスゲェ話はない。
あのiPodを作ったメーカーが手がけるオサレなパソコン!
手頃な価格で高性能!
そして(一応)デファクトOSであるWindowsが動いてる!
こりゃみんな買うわな。
少なくとも、デザインにこだわるVAIOユーザあたりは根こそぎ引っ張れるんじゃないか?

最近、Geekな有志がXOM(XP on Mac)ツールを開発&公開してたけど、個人的には「別にそこまで苦労してやらんでいいじゃん、Windows使いたきゃPC買えばいいでしょ?」とか思ってたんだけどね。

しかしですよ!
Apple様がツールを出したとあっちゃ、信者としてはこりゃ使ってみるしかないでしょ!
しかもこの機能、次期Mac OS X(Leopard)の主要機能になるって話じゃないですか。

ということで、人柱やってみました。
Intel Mac初物購入組として、ここはひとつ、人柱にならないといかんでしょ!という妙な義務感(笑)。
手元に転がっていたWinXPを、iMac(17)にインスコしてみることにしましたよ。

まずは、iMacにファームのアップデートをかけます。

firm.jpg
ここでEFIだけではなくBIOS互換にしてしまうというわけか。
それから、Boot Campをダウンロード&インストールして、設定アシスタントに従って設定開始。

ここではまず、iMacの各デバイス用のドライバCDを作成します(言われるがままにブランクCD-Rを入れるだけ)。
次に、Windows用のパーティションを分ける設定をします。
ここでは旧パーティションがまっさらになることはないので安心。

partition.jpg
俺の場合、160Gを1パーティションで使ってたんだけど、Windows用にそこから20Gのパーティションを切り出しました。

ここでトラブル発生。
ん?ディスクエラーが出てるから修復しろだ?
ふーん、そっか、と作業中断。リカバリディスクで立ち上げてディスク修復。
あら、カタログツリーが壊れてたわ。。。

気を取り直して作業再開です。
パーティションを切る作業をもう一度やり(今度は成功)、Windowsのインストールディスクを挿入して、インスコ開始。
。。。と、いきなり青いBIOS画面が出て来てビビります。これMacなのに!!すごい違和感!

ここでは、インストールするパーティションを選択し(さっきパーティション切った所がCドライブに見えてるはず)、NTFS or FATでフォーマット可能。
Mac側から読み書きするにはFATであった方が都合がいいので、FAT32でフォーマットし、Windowsをインストール。

あとは何の問題もなくインストール終了>リブートです。

ジャーン、といういつもの音の次に。。。

出て来たー!

DSC04837.JPG

ただ、この状態だと、ビデオカードやら諸々のドライバが入ってないので、解像度とかがめちゃくちゃです(特にiMacはワイド液晶なので)。
ここで、先ほど作ったドライバCD-Rからドライバをインストール。
これで解像度も適正になり、Bluetooth、AirMac、スピーカ等も使えるようになります。

ということで、早速WindowsマシンとなったiMacを触ってみます。

速い!速いよスレッガーさん!!

ちょ、何これ!
会社でメインに使ってるPen4の2GHzに比べても、バカ速いんですけど!
これが「地味で小さな箱の中で、単調な作業をこなしていた」Intel石の実力か!
つか、Core Duoだもんね。ネイティブで動けばそりゃ速いよね。。

こんな速くて美しいWinマシンを手に入れるのに、20万でオツリが来るとしたら。。。
#個人的には「オサレなWindowsマシン」としてMacが売られるのは忍びないんだが。
これは時代が変わるかもしれんね。いやマジで。

今までVirtual PC等のエミュってるPC on Macは触ったことあったけど、今回は全く違う。
だってこれ、丸ごとWindowsマシンとしてサクサクと動いてるんだもの。
世のWindows向けのソリューションが全て享受できるって、さりげなくスゲェことだよね。
話に聞く分には「フーン」なんだけど、実際触ってみたらカルチャーショックでした。
今までの優しいMacのUIから一転して、どぎつくて業務的なWindowsのUIへ。。
なんかね、二重人格者を見ているみたい。

ちなみにMacとして起動した場合、Windows側のディスクは(FATでフォーマットしたので)Finderでちゃんと見えます。
NO NAMEというディスク名になり、ファイルの読み書きも問題なし。

finder.jpg
ただし、Windowsとして起動した場合、Mac側のパーティションは見えるけどなぜか2つの「リムーバブルディスク」として見えていて、アクセスできないですね。
従って、Win状態とMac状態でファイルを共有したい場合は、Win側のパーティションを使うとよいかも。
MacとWinの切り替えは、コントロールパネルの「起動ディスク」で指定して再起動、という流れ。
#Winのコントロールパネルにも「起動ディスクメニュー」が追加されてました。
もしくは、起動時にoptionを押し続けることで、どちらでブートするか指定することもできます。

DSC04845.JPG

と、こんな感じで一通り弄ったんですが、そろそろパーティション削除するze!!(笑)
だって今んとこ家でWindows必要な場面ってないしー。
仕事を持って帰ってきたくもないしー。
それに、アレだろ。やっぱMacOSが走ってないとMacじゃねぇだろ。
ただ、今後Windowsマシンを買い替えようとしてる人には間違いなくMacを薦められることだけはガチ。

パーテ消す前に、何か試して欲しいことがあったらコメントくださいね。
一応人柱だしな!

コメント»

1. ゆに宮 - 2006/04/07

うおーーー!
なんか速攻インストールって感じだな!

確かに、Winユーザからすれば、「すげぇ」とか
思うのだろうけど、マックユーザからすれば
デグレードになるんだろうな〜w

パーティション消す前にやってほしいこと…
やっぱりWindowsのベンチマークかなにかなんだけど、
どうなんだろう、ちゃんとした比較になるのかな〜?

2. むき - 2006/04/10

>>なんか速攻インストールって感じだな!

うん、たまたまXPのCDが転がってたので、こりゃやるしかねぇだろ!って感じで。
でも、あったのがSP1のディスクで、これを元にSP2適用インスコディスクを作るのが、実は一番苦労しました。。。

>>マックユーザからすればデグレードになるんだろうな〜w

うーん、しかしなんだかんだ言っても、やっぱWinがあると何かと便利だからねー。
わざわざWin機を買うまでもないが。。という俺的なニーズにベストフィットでした。

>>Windowsのベンチマーク

mixiの方でもリクエストされてたので、近々やってみるつもりです。
CPU、GPU、ディスクとかのベンチ取ってみればいいんだよね。
ところで、いろんな所で「FFベンチ」ってのが話題に上ってるけど、これってフリーなの?

せっかくWindowsが動くようになったことだし、なんかゲームでも入れてみようかな。