jump to navigation

iMac メモリ増設 2006/05/12

Posted by むき in : Mac , trackback

アキバへ寄ったついでに、旧神和電機の跡地にできた(というか店名が変わっただけ?)スリーベルに行ってきました。
場所はラジヲデパートの1F。
鰻の寝床のような、薄暗い店内通路を入っていくと、ありました。神和時代と全く変わらない店構えが。
・・・相変わらずディープな雰囲気が漂ってんなー。
アキバへ初めて行ったのが中学生の頃だったから、もう15年くらい前になるのか。
その当時のアキバと全く変わってない空間。時が止まってますね。

んで、Intel iMac用のメモリ1G(GREEN HOUSEリテール品、エルピーダチップ)を13500円で購入。
しっかし安い。
他の店が軒並み16000円台の価格を付けてるの対し、この店だけ13000台(しかも今朝見たらまた500円以上値下がりしてるorz)。

早速帰宅して、iMac開腹。
といっても、下辺にあるネジを2本緩めてメモリスロットの蓋を開け、空スロットにメモリをカチッと差し込むだけ。3分で終わります。

んで、起動。
memory02.jpg
memory01.jpg
ちゃんと認識してます。

そもそもなんでメモリを増設しようかと思ったかというと、Core Duoのくせに、iAppsがとにかくかったるかったから(いや、青白から買い換えた時は驚愕の速さだったんだけどね。。。人間の慣れとはおそろしいものです)。
虹色円盤が出てる時にCPUメーターを見ると、負荷10〜20%で全然平常。
しかし、メモリのFreeな容量が全然足りてなくて、ディスクアクセスがものすごいことになってる。
これって完全にメモリ不足のためのスワッピングじゃないですか。

こんな理由でメモリ増設を決めた、というわけ。

増設後は、iApps(特にiPhoto)がサクサクと動作するようになってます。
やっぱり吊るしの状態だと、まともにパフォーマンス出ないってことか。。。

それにしても今の時代、メモリを1.5Gも積む時代になっちゃったのね。
PM7500の時代は、HDが1Gになったと喜んでい(以下昔話なので省略)

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m