jump to navigation

銀盤200507 2006/07/29

Posted by むき in : CD-Review , trackback

お待たせしました(待ってた人いるのか??)!
レコ帳、ついに1年遅れで再開。今回は去年の7月入庫分。
なんとか夏休み期間中に現実ペースに追いつきたいところ(って、去年も言ってたんだけど。。)。
そんなに新譜を追っかけてるわけではないから、1年たってもまだ情報価値はあると思うんだけどね。

なんでレコ帳から遠ざかってたかというと、単純に「1エントリ起こすのに相当時間かかった」からなんだけど、今回からちょっと生産性を上げるため工夫してみますた。
・コメントを書くのに一番時間がかかるので、無理に書かない。一応自分用備忘録という位置づけだったはずだし(←逃げ)。
・アソシエイトリンク生成ツール、いろいろ使ってきたけど、どれもイマイチ使い勝手が悪かったので、CROSSBREEDさんのアイデアを使わせていただきました。これイイ!!

  • Xaver Fisher Trio / Visit From A Goddess ★★★★★

    俺にとって「エレピと言ったらこの人」、「こんな音でこんなフレーズ弾いてみたい憧れの人」の一人に挙げられるXaver Fisherの新作。相変わらず変わらないXaver節。やってることが何も変わってないことが心地よいんです。このトレモロが効いた歪んだエレピの音が聴ければなんでもいいんです。あぁたまんねぇ。密かにDr&Baの鉄壁のコンビネーションも最高。

  • V.A. / Mushroom Jazz 5 ★★★★★
    毎度おなじみ、Mark FarinaがMixする西海岸のユルユルで心地よいJazzy-HipHopコンピ。もうこれは中身を見るまでもなく買い。Sound Provides、DJ Spinna、Pete Rock、Strange Fruit Project等のお約束を加えつつ、ボーカル物、インスト物多めの相変わらず良質の選曲、丁寧なミックスワークで聴かせてくれます。ムーディーにもしたくないけど4つ打ちな雰囲気にもしたくない、適度にゆるくノリたい深夜のダベリング時のBGMに最適。

  • V.A. / Ian Pooley Presents A Subterranean Soundtrack ★★
    ジャケ買いです。タイトル通り「地下室のサウンドトラック」な感じ。4つ打ちでひたすら淡々系ハウスMix。

  • V.A. / Hed Kandi: World Series UK ★★★★
    夏といえばHedKandi。冬といってもHedKandi。要はコントラスト強い季節にむちゃくちゃフィットするダンスミュージックを提供し続ける優良レーベルです(最近の御家騒動はアレだけど。。。この話はまた後日)。このコンピはまだ御家騒動が起きる前の作品。むちゃくちゃ心地良い05年ディープハウスをこれでもかと集めた「Beach House」(#7〜#8でキます)、とにかく踊らす仕様「Twisted Disco」、ソウルフルなメロディ+熱いビート「Disco Heaven」の3枚組Mix集。激しくお買い得。

  • V.A. / Hed Kandi - Disco Heaven 01.04 ★★★★
    Houseと言わず、Disco。こちらもHedKandiのコンピです。Mixモノではなくてフルレングス入ってます。全体的に懐かしめの、能天気メロディアス満載(Easy Lover懐かすぃ。。)。重めのビートでズンズン行かせます(謎)。キック音圧重視の貴方へ。ここにもRasmus faber”Ever After”入ってます。名曲。

  • Bah Samba / Four ★★★★
    2002年、ラテンハウスで一世を風靡したBah Sambaの2枚目にして2枚組フルアルバム。うーん大人になったなぁという感じ。生多めで多彩になったサウンド、破綻のないアレンジと録音。激しく高品質。心地よく聴けます。

  • V.A. / Real Ibiza 4 (Balearic Bliss DJ Mix By Paul Mison) ★★★★★
    HMVのワゴンセール(ほとんど1000円以下!)からジャケを見て引っこ抜いてきた中の1枚。そしてヤバいくらい大当たり!以前大プッシュしてたコンピ「Man Ray」でもそうだったんだけど、どうも俺、波の音から切ない系の曲が始まるコンピに異常に弱いらしいです(笑)。このコンピも同じく、波>ナイロン弦のマイナーな響き>そしてシンセパッド+アルペジエーター+女性Vo!もう失禁。中身的には超チルアウトなアンビエントというのかな。んで、途中からディープハウス調へ。熱帯夜、エアコンをキンキンにかけて寝る時にかけるとジョリーグッド。

  • V.A. / Real Ibiza 5 - The Sun Lounge ★★★
    こちらもHMVワゴンより。4の方が雰囲気が統一されてて個人的には好きかな。こちらも負けずにマッタリ目だけど、ちょっと雰囲気がブレる気が。それにしてもIbiza島行きてぇ。。。

  • V.A. / Mood 2 Chill ★★
    同じくHMVワゴン。ジャケ買いです。うーんセンスは悪くないんだけど、ちょっと全体として見るととっちらかってる感が残念。

  • V.A. / Inspired - 32 Uplifting Soulful Grooves - Jazz FM ★★★★★
    UKのFM局、JazzFMがコンパイルする、いわゆるUK-Soul、Nu-Soulと呼ばれるあたりのコンピレーション。これもHMVワゴンより。このレーベルのコンピ、超ヒット曲が入ってるわけでもないんで、日本じゃあまり売れてないんじゃないかと思うんだけど、俺的には見つけたら即買いです。しかもセールになってたらなおさらマスト。このコンピには、2000年前後の、全く外れなしの落ち着いたSoul/R&Bがてんこもり。なぜか久保田利伸が入ってたりして(もちろんいい仕事してます)。Ray Hayden、Martine Girault、Robbie Danzie、Rahsaan Patterson、Hil St. Soul、Beverley Knightあたりの名前にピンと来たら間違いなく買い。

  • V.A. / Inspired 2 - The Next Journey Into Modern Soul - Jazz FM ★★★★★
    こちらもHMVワゴンより。そりゃJazzFMのコンピは買いでしょ。中身も文句なし。こういうの大好きです。

  • V.A. / The Very Best Of Jazz FM Vol.2 ★★★★
    これまたHMVワゴン。相当売れ残ってたみたいですね。。。まぁ俺にとっちゃうれしいんだけどさ。こちらは70年代〜90年代の名曲がズラリ。Paul HardcastleとかSoul II Soul、SWVとか。泣けてきます。(左のジャケはVol.1)

  • V.A. / Mellow Mellow - The Feeling Keeps On Coming ★★★
    これもHMVワゴン。もうアホみたいに買い占めてきましたよ。だって安いんだもの。タイトルからもわかるように、メロウな70年代ソウルを集めたコンピ。Minnie Riperton”Inside My Love”、何度聴いても泣けます。

  • V.A. / Nu Soul Sessions ★★★★★
    青山CIBONEにてTIVOLIのオーディオのデモに使われてたCDを聴き、速攻Amazonでポチ。タイトルの通り、Nu Soulモノのコンピです。ジャケは暑苦しいけど、中身はかなり涼しげソウル。上のJazzFMの雰囲気に近いけど、もうちょっとジャンルを広げた感じ。HipHop、Jazz方面にもちょっと手を広げてるけどカラーは統一されてます。良コンピ。

  • The New Mastersounds / This Is What We Do ★★★
    この時代、敢えて生ファンクにこだわるブリブリのファンクバンド、The New Mastersoundsの3rd。1stに比べるとちょっと落ち着いたかな?と思うけど、相変わらずオルガンかっこよすぎ。そういや先日来日公演ありましたね。どうだったのかな。生で聴いたら踊りすぎて腰悪くしそう。。。

  • V.A. / Beams Happy 25th Anniversary! ★★★★
    Beamsコンピにハズレなし。Yo Iwasawaのコンパイルするフリーソウル系コンピです。相変わらずマイナーアーティストの名曲掘ってきてます。

  • 古内東子 / Dark ocean ★★★★
    中古で購入。相変わらずの東子節。誰がなんと言おうと大好きですわ。

  • 古内東子 / フツウのこと ★★★★
    こちらも中古で購入。大好きとは言え、そんなにアルバム持ってないんだよね。全部揃えちゃいそうな勢い。

  • i-Dep / Smile Exchange ★★★

  • Studio Apartment / People To People ★★★

  • Jukka Eskola / Jukka Eskola ★★★★★

  • V.A. / Colours Of Groove IV ★★★

  • SoulMission / Natural Modernity ★★★★

  • Kaleidoscopio / Tem Que Valer ★★★

  • Speedometer / This Is Speedometer Featuring The Speedttes Vol.II ★★★★
  • V.A. / Smokedown: An After Hours Journey Into The Leftfield
  • V.A. / Tm Radio ★★★
  • コメント»

    1. atmo - 2006/07/31

    おお〜、すげぇなぁ。JazzFM辺りのコンピは僕も好きだなぁ。
    フランスのWagramレーベルのコンピで”nu jazz”ってのもお奨め。あんまり夏向けじゃないけどね(笑
    そこらへんからだと、FREETEMPOとかも良いよなぁ。

    2. むき - 2006/07/31

    >JazzFM辺りのコンピ

    うは、atmoさんもこの手の好きっすか??
    実は周囲にこの手の音が好きな人ってあんまりいなくって。。。
    90年代後半あたりに、レーベル毎のUKソウル物の名曲を集めた「UK SOUL CUTS OF THE 90’s」というシリーズが出てまして、これがホントに好きだった(限定アナログとかも気合で当選!)俺としては、この辺りの音聞くと泣けてきます。

    >nu jazz

    お、チェックしてますねぇ。
    俺もVol.2持ってます。
    UKソウル物の暖かい雰囲気、というよりスタイリッシュでソフィスティケイトされたクールネス(謎)ですよね。
    パリッとジャケット着れる季節の夜に、サラッと流したいっす。

    >FREETEMPO

    フリテンいいですよね!
    というか中の人は、俺が仙台で音楽やってた頃の知り合い(笑)。
    予定調和的なのにその快感に抗えない、絶妙の音使いが気持ちいいんですよねぇ。