jump to navigation

銀盤200508 2006/08/18

Posted by むき in : CD-Review , trackback

一年遅れのレコ帳、ちょっとずつ更新してきます。
ということで、去年8月の。
この月は確か、iTunes Music Storeが開店したんだよね。

  • V.A. / Blaze Presents THE Manhattan Lounge MIX ★★★★★

    Blazeがコンパイルするところのディープ/ ボッサハウスのMixCD。とりあえずBlaze関連の作品はハズレなしということで購入。んで、1曲目から夏全開モードで失禁。夏のドライブには昼夜問わず大活躍。この涼しげな雰囲気がたまりません。買ってから1年経つけど未だにクルマに常備な一枚。最高です。
  • V.A. / Beach House 04.05 ★★★★

    良質ハウスを大量生産する名レーベルHedKandiの毎年恒例夏ハウスコンピ。中身に関してもハズレないし、なによりこのジャケ!毎回レコ屋で見たら即レジ直行ですよ。今回は華やかなトラックというよりは淡々系が多いイメージ。海で聴くというよりは小洒落たブティック(死語?)で流れてる感じかな。
  • V.A. / Nothin’ But House Feat. Soulfuric ★★★★

    KSRがインポートするハウス物って確実に日本人受けするモノばかりがチョイスされてて、さすがです。ちと高いのがアレだけど。今回はフロリダ発、Soulfuricレーベルの作品を集めたMixCD。ジャケがいいです。こういうの大好きです。 中身はかなり気持ちよく踊れるディープ物。ハァたまらん。というか”Libre”のMambanaってこのレーベルだったのね。この曲かかると無条件にアゲモードです。
  • V.A. / Summer Breeze 2 Seasons ★★★

    2004年に買ってなかなかよかったVol.1に引き続き、2005年も出てますSummer Breeze。これもKSRのコンパイルするMixCD。中身は西海岸物中心の爽やか系ハウス。メロディアス度は薄めなので垂れ流し用に使うとオサレかな。
  • V.A. / BMFN Records presents URBAN ESSENTIALS ★★★★★

    ツボを押さえたインディー欧州ソウル/R&Bの選曲でロングランを誇ったコンピ「Soul Essentials」の後継シリーズらしいです。今回はUKのCafe de Soulレーベルからの、いわゆるUKソウル物コンピ。こういう大人なサウンド作らせたらやっぱUKでしょ。低温でスカスカなサウンドに、どこか懐かしさ漂うメロが乗る極上っぷり。なんとなく80年代の雰囲気がたまりません。

  • V.A. / Soul Heaven - London & Ibiza ★★★

    Masters At Workのlittle louie vegaがコンパイルするMix CD2枚組。ポップな曲と踊らせる曲のバランスが絶妙の匙加減。

  • V.A. / Southport Weekender ★★★★★

    豪華メンツを集めたDJ Mix集。シリーズ初弾はJoey Negro、Miguel Migs、Giles Peterson。この名前を見て買わないわけにはいかないでしょ。んで中身は、Joey Negroは予想通り、黒っぽい無条件腰振りディスコ路線。MiguelはNakedばりのシルキーなディープ物で来るかと思いきや割とパーカッシブだったりテクノ色の強い曲をかけてますね。Gilesはやっぱり生音Jazz/RereGroove。三者三様でかなりお得感高し。
  • V.A. / Southport Weekender 2 ★★★★★

    こちら第2弾。DJはBlaze!そしてJoe Claussell!これもマストバイでしょう。Blazeは相変わらず、切ない系ディープ物トラックを美しく、わかりやすくつないでますね。安心して聴けます。Joeはもう、1曲目からChris Brannでスピリチュアルに攻め。聴くほどに味が出るMixです。この2枚で美ハウスは完璧。
  • V.A. / Southport Weekender 3 ★★★★★

    今度は3弾。まとめて買っちゃいました。DJは Dimitri from Paris、Jazzie B、Quentin Harris。遂に来たDimitri!予想通りのハッピーでピースフルなディスコサウンド。んで、Jazzie B。ん?この人ってSoul II Soulの中の人だよね?思いっきりグラウンドビートで来るのか?と思いきや、かなり黒っぽいゴリゴリなMix。もう2曲目、MIGHTY RYDERSカバー「Evil Vibrations」で全開です。さりげにSoul II Soul時代の曲(Back 2 Life)も入ってたりして。うーん、コレいいかも。Quentin Harrisって人は知らなかったんだけど、うーん、ピンと来なかったな。
  • Lars Bartkuhn / Choreographies★★

    前作が気に入ったので買ってみました。Needsの中の人のソロ作。うーん、なんていうんだろうこういうの、コンテンポラリージャズ?フュージョンハウス?生楽器主体のインストで、近代版メセニーみたい。音使いに非常に80年代を感じます。スーパーで流れるダサフュージョンになる一歩手前のウマイ所で踏みとどまってる印象。
  • V.A. / Deep And Sexy 3 Mixed By Matthias “Matty’ Heilbronn ★★

    かなり古い作品だけど、中古で安かったので買っちゃったディープハウスレーベル”Wave”のミックスCD。このDJ知らないなぁ。。今聴くと懐かしい音がたくさん。安心して聴けるけど、ひたすら淡々。
  • V.A. / Electronic Summer In Corsica, Vol. 02 ★★★

    iTMSで購入。南国リゾートを思わせる、いわゆるイビザ系?コンピ。アンビエントからボサ、トランスっぽいのまでバリエーション豊富。
  • V.A. / Excursions mixed by Ian Pooley ★

    Ian PooleyのMix CD。評判の良さに思わず手を出したけど、うーん、あまり気に入りませんでした。
  • V.A. / House Of OM: Kaskade ★★★

    胸キュンハウスとか言われて最近大人気な西海岸ハウス。その中心的存在であるOMレーベルの曲を、大人気DJのKaskadeさんがMixしたよ、というCD。アゲアゲで悪くないけど、うーん、ちょっと能天気すぎる気がしないでもない。
  • DJ CAM / Liquid Hip Hop ★★★

    エロHipHopならDJ CAM。この作品、かなり昔のものなんだけど中古で購入。淡々ビートとローファイなサンプルネタの組み合わせが今に通じるものがあります。メロディアス度は最近の方が高いので、美メロを聴きたいなら最近の方がいいかも。

  • V.A. / Saint Germain Des Pres Cafe: 6 ★★★★

    もう6弾まで来ましたね。NuJazz/Lounge系オサレコンピです。相変わらずクールでスタイリッシュな大人なジャズ風味(決してコアなジャズではない)満載。
  • DJ MITSU THE BEATS / New Awakening ★★★★

    KJMのリミックスで出会い、フルアルバムをiTMSで聴き、即買い。MashroomJazzとかにコンパイルされてもおかしくない良質JazzyHiphopっす。日本にもこんな才能がいたのね。
  • SAKURA / Soul Collection ★★★★

    こちらもiTMSで発見。懐かしのSAKURAのベストアルバム。というかアルバムほとんど持ってるんだけどね。名曲”Heart of Gold”をJazztronikがリミックスしてるってんで思わず買っちゃいました。というかなんでこの曲だけ単品で買えないのよ。。。

  • U2 / How To Dismantle An Atomic Bomb ★★★


  • The Five Corners Quintet / “Chasin” The Jazz Gone By ★★★


  • Lettuce / Live At Blue Note Tokyo ★★★★


  • 瀧澤賢太郎 / Impressive Time ★★★


  • Grooveline / THE MISSING KEY ★★★


  • V.A. / 須永辰緒の夜ジャズ ★★★★★


  • Ronny Jordan / A Brighter Day ★★★★<


  • Ronny Jordan & DJ KRUSH / Bad Brothers ★★★★ text
  • S.Mos Quintet / Play it loud ★★★

  • コメント»

    スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m