jump to navigation

iMacがマイナーチェンジ 2006/09/07

Posted by むき in : Mac , trackback

9/12にAppleの新製品(New iPod?それとも映画配信サービス?)発表イベントがあるって噂で持ちきりの今日この頃、フライングでiMacアップデートが来てました。
初代Intel iMacユーザとして、これは気にならないはずがない!

今回はついに、本命と言われてきた64bit処理サポートのCPU、Core2Duo(Merom)を採用。
さらにこれまでの17&20インチというラインナップに加え、24インチという特大液晶を搭載してきましたね。
その一方で外観はまったく同じです。そろそろガラッと変わると思ってたから拍子抜け。
んで、お値段。
同一モニタサイズで比較するとちょっとずつ安くなってます。つまりスペックアップ&プライスダウンでお得!というわけですな。

今回のモデルで一番の話題はやっぱり24インチサイズの登場かと思うんだけど、個人的にはやっぱ、iMacのベストサイズは17インチかと思うんです(液晶の質の問題は置いといて)。

理由1:見た目がスマート

17インチモデルの幅はキーボードと同じなんで、なんか見た目がぴったり納まって気持ちいい。

理由2:アゴによる画面高さ問題

今のiMacキライ!という人がたいてい挙げる点、それはアゴ(液晶下の、林檎マークがついてる白い部分)。
このアゴ、デザイン的な問題はともかく、高さがけっこうあるんです。
なので、iMacを机に置いた時の画面の位置って結構高い(昔の足がついたCRTより高い)んです。
これって結構目が疲れるんだよね。特にドライアイ持ちの俺的に言えば、見上げる角度が増加するのはホント辛い。
17〜24の各iMacの画面下辺の高さは同一なので、画面サイズが大きくなるほどユーザの視角は上昇することになり、つまり画面がでかいほど目が疲れるんじゃないか、と。

理由3:画面までの距離と大きさ問題

20インチって絵はキレイなんだけど、普通にデスクトップで使う距離だとデカすぎるような気がします。
特にDVDとかを見る時には、いつもの距離で見ると画面がデカすぎるし、ソファに座って見ると画面が小さすぎる、というビミョーなサイズなんです(これはAmazonのレビューにも載ってたな)。
そういう意味で、24インチはちょうど「リビング向け」なのかもね。

iMac G5の後期型から非対応になっていたVESAマウント(電気スタンドみたいに机にマウントするアーム)が今回24インチ向けに登場したのも、上記2つの理由(デスクで使う時には机面ギリギリまで下げ、一歩下がってソファでDVDを見る時はヒョイと持ち上げて見やすい角度に回転させる)からかもしれない。
こう考えると、今回のiMacのベストバイは24インチ+VESAアームでリビング仕様、かな(ただし広い部屋限定)。
さりげにFireWire800も付いてるし、ハイエンド感アリアリですね。

ついでに17インチの廉価版モデルも出てるのが、今回のAppleのやる気を感じさせます。
最初、「え??Core2Duoなのに12万台??ありえねぇ!」と思ったんだけど、スペックを見ると納得。

・二次キャッシュ容量が少ない(上位モデルは4Mだけど2M)
・デフォルトのメモリ、最大メモリ搭載量が少ない
・グラボがオンボード(Mac mini同様のスペックまでダウン)
・BlueToothなし
・SuperDriveなし(普通のコンボになってる)
・Apple Remoteコントローラなし

うーん、これで上位との価格差25000円ですか。
クロック差も考えると、やっぱ上位モデルを買った方がお得感強くないか?

と、こんな感じで、今回のiMacの俺的「いいなぁ」度はそんな高くないかな。
というか、買って半年で後悔するモデルだとしたら、それまた問題だ。

さてさて、12日のイベントではどんなサプライズがあるんでしょ?

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m