jump to navigation

iTunes to go から Mac to go へ 2007/01/10

Posted by むき in : Mac , trackback

正月明け恒例のMacファンのお祭り「MacWorldExpo」で、ついにApple謹製携帯電話”iPhone“が登場した模様。
「ワイドスクリーンでタッチパネルな次世代iPod」とかいう、これまでのリーク情報はすべてこのiPhoneのモノだったのね。。
前面が全てタッチパネルで、iPodと同じ機能(音楽、映画、写真のブラウズ)を備え、かつ携帯電話としての機能も備え、さらにWiFi搭載でSafariとMailがインストール済み。
モバイル用のOSXを搭載しているみたい。こりゃ今後のソフト移植/開発合戦が楽しみだ。
【追記】iPhone用OSXはクローズドな仕様で、今のところApple純正ソフトしか動かないみたい。残念。
iTunesの看板機能であるCoverFlowが実装されてたりして(iPhotoやブックマークもこのI/Fで操作する?)、この洗練されたI/Fがたまらないね。
うーん、これは素晴らしいガジェットですな。デジヲタにはたぶんたまらない一品かと。
ただ多機能すぎて、某W-ZERO3みたいに、日本だとただのヲタ向け端末になってしまいそうな気がしないでもない。

ケータイとしての日本発売は全く未定なんだけど(アジアでは2008年開始とは言ってるけど・・・)、かなり気になる存在です。
というか、次世代iPodって、ここからケータイ機能を外しただけのモノで全然OKじゃないか?
とりあえず、ケータイとして使えなくてもいいから、新iPodとしてコレ、日本で使いたいかも。
いやいや、こりゃもはやiPodじゃない。iPodがiTunes to go だとしたら、iPhoneはMac to go。

んで、次なる発表が、去年予告があった”iTV”ならぬ”Apple TV“。
まぁ蓋を開けてみれば予想通りの機能で、FrontRowに機能を限定したMac mini(HDMIポート付き)というか、ストリーミング対応の据置iPodというか、ユーザI/Fが付いた映像対応AirMac Expressというか、そんな「今までどこかで見た機能の集積」みたいなモノになってます(いい意味で)。

要はどんなモンかというと、、
・ビデオデッキのようにリビングのTVに接続する
・母艦であるMac/PC上に保存された全てのマルチメディアコンテンツ(音楽、映画、写真等)をTV経由で見れる
・Apple Remoteで、MacやiPodと同じように操作可能
・自分自身にもコンテンツを蓄えておける(母艦のiTunesと自動シンク)
・自身に蓄えたコンテンツを、クライアントPC5台へストリーミング配信可能
・5台のPCからのストリーミング受信可能
という感じ。

詳細は今後ニュースサイト等で出てくると思うけど、母艦のiTunes側の設定画面(シンクの設定)とかを見る限り、かなりiPodっぽい扱われ方をするみたいね。
んで、TV側の操作画面は、まんまFrontRowみたい。
これまでiPod/iTunesを使ってきた人であれば、全く迷うことなく直感的に操作できるI/Fですね。

しかし、これで36800円か。。。
Mac miniが74800円することを考えると、その半額ってのはいい値段設定かもしれんのだけれど、日本じゃまだ映画配信も実現してないし、リビングで見るコンテンツがまだまだ少ないことを考えると売れるかは微妙。
音楽だけであればiPodをリビングに持ってくるか、SoundBridgeみたいなデバイスがあればいいしね。
こいつと同じようなことをしたければ、Mac miniの中古を買ってきた方が将来的にツブシが効くと思うしね。

ここで、今回発表の2つのデバイスとこれまでのiPodをI/Oの観点から眺めてみると気が付くことが。

・iPhone
[情報のinput] WWWコンテンツ、Eメール、iTunesコンテンツ(ローカルシンク)、電話音声
[情報のoutput] iTunesコンテンツ、Eメール、電話音声

・AppleTV
[情報のinput] iTunesコンテンツ(ネットワーク経由、ストリーミング含む)
[情報のoutput] iTunesコンテンツ

・これまでのiPod
[情報のinput] iTunesコンテンツ(ローカルシンク)
[情報のoutput] iTunesコンテンツ

まぁ当たり前のことなんだけど、コンテンツの種類、それからシンクの範囲が変わってきてるってことですね。
垣根がなくなることを進化とするならば、ここから予想できる今後の流れとしては、
・AppleTVがWWWコンテンツを見れるようになる(ブラウザ搭載)
・AppleTV/iPodでメール閲覧できるようになる
・iPod/iPhoneがネットワーク経由でシンクできるようになる
・iPod/iPhoneがネットワーク越しのiTunesライブラリを参照できるようになる
とか?

4つ目は、著作権の関係上やっぱセグメント内じゃないとダメか?
というか、IP電話でよければ、ネットワークにさえ繋がればiPodに乗せることも簡単になるね。
さらに、.Macと連携して、ブックマークや住所録なんかを全デバイスでシンクできるようになればいいのに。
【追記】本国サイトを見たら、母艦とのブックマークのオートシンクが可能らしい。
さらに望むのは、Apple謹製デジカメ、QuickTakeの再来!
iPhoneにQuickTakeが付いたりして、しかも撮った画像を公共無線LAN>.Mac経由で自宅MacのiPhotoに放り込み、スライドショーを出先/リビングで見る、なんてことができたらおもしろいのになぁ。
【追記】よくよくスペック見たら、2Mデジカメ内臓?っぽい。スゲェ!
あ、それよりも日本で売れるために重要なのはinputとしてTV電波(ワンセグ?)が用意されることか?

とかなんとか、デジヲタの妄想をかきたてる今回のMacWorldExpoでした。

あ、そういえばさりげなくAirMac Extremeもアップデートしております。
これまでのスライム状の形から一転、Mac mini風に。
見所はIEEE802.11n対応で転送速度がワイヤードLAN並みになったこと。
しかし俺的な見所としては、USBハードディスクを複数接続&NAS化できるようになったこと(AirMacDisk)が一番大きいかも。
今やUSBで拡張可能なNASもサードパーティからいろいろと出てるけど、ファイルシステムが微妙にアレで使いづらいことが多そうだし、と二の足を踏んでいたマカーには朗報。

・・・ということで、今回は何をポチするか?というと、しません(笑)。
しかし、日本でiPhoneが本格導入されたならば、キャリア問わず買うかもしれんね。それまではtalbyを大事に使おう。

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m