jump to navigation

売れるのか?電力線オーディオ 2007/03/22

Posted by むき in : Mac, Desires, Technology , trackback

どんな家にも必ず存在するということで、各部屋を結ぶ情報インフラとして注目されている電力線。
最近は電力線LANモジュール(Ether<-->電力プラグの変換アダプタ)が実用化されたり、ちょっとずつ盛り上がってきてるジャンルかも。
で、今回はアプリケーションレイヤまで上がってきたサービスが出ました。
その名もパイオニアの”Music Tap“。

詳細や価格はAV Watchを見てもらうとして、コレをわかりやすく言えば「家庭内の電力配線がスピーカーケーブルになっちゃう」イメージかな。
1Fリビングにオーディオがあっても、2Fの寝室でスピーカの電源プラグをコンセントに入れただけであら不思議、オーディオからの音声が流れてくる、と。
そもそも無線LANとPCとネットワークオーディオプレイヤーがあればそんなことはできるわけだが、そう言っちゃうのはナンセンスか。

これはあくまで、電源ケーブル一本さえ繋げば、家中どこでだって音楽が鳴り出すという手軽さがウリなんだよね。
そこら辺はパイオニアも考えてて、ネットワークスピーカーSという製品へ、モーションセンサで人がいる時だけ音楽を垂れ流すという機能を付けてる。
そうそう、どこの部屋に行っても同じ音楽が鳴ってるっていうのが理想なんだよね。
というか、それってすでにウチでもやってるけどね(Mac母艦+各部屋のAirMacExpress)。

ちなみにこのシステム、母艦はコンテンツサーバではなく、あくまでアンプ的仕事しかしない。
つまり、ソースを入力するコンポーネント(たとえばiPod)は自分で繋げと。
んで、一応送信チャネルは2系統あるらしい(ソースも2系統必要)。
えっと、つまりどういう使い方ができるかというと、
・母艦にiPodとCDプレイヤーを繋ぎ、両方再生
・キッチンのリモートスピーカAからはiPodのポップスが
・リビングのリモートスピーカBからはCDのジャズが
という楽しみ方ができるってことか。

うーん、でもなんか、AirMacExpressで構築したシステムと比べると、中途半端な気がする。
何が足りないのか考えてみると、ソース:端末が最大2:nなんだよね(ぶっちゃけ言えば、高性能トランスミッターが2台あるだけのイメージ)。
AirMacExpressだと、iTunesが載ってるPCさえあればライブラリを共有してソースになれるので、m:nの関係(厳密に言えば1:m:n)。
しかもiTunes(もしくは、そろそろ出荷が始まるApple TV)があれば映像配信だって楽勝じゃんね。
こういった柔軟性、拡張性、さらにAirMacExpressが1台1万強で買えちゃう(PCは既に複数ある前提)ってことを考えると、コレは今の我が家にはいらんなー、と思ってしまいます。

で、結局これ売れるか?と考えてみると、このコンセプトの面白さで買うような人は、既にPC使って同じようなこと楽しんでるんじゃないか?と。
しかもコレ、何のプロトコルで通信してるのかは不明だけど、自社で閉じてる分には魅力はなくて、標準規格を立ち上げて他メーカーも参入させないことには広まらないような。。
新しモノ好きでライフスタイル提案がうまいソニーあたりが参入してくるとまた面白くなると思うんだが。
あ、でもソニーは既にVAIOブランドでネットワークオーディオ出してるか。

ということでこの製品、技術的にはかなり興味深いし、もしかしたら今後のオーディオ界を変えるモノになるかもしれないポテンシャルだけは秘めているよね、ということで終了〜。

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m