jump to navigation

GR-D進化論 2007/03/29

Posted by むき in : Desires, Camera , trackback

かなり前から欲しい欲しいと涎を垂らしているデジカメ、GR-D
28mm/F2.8の高画質レンズ&高画質エンジン、マニュアル設定マンセーな操作性、そして質感が高いマグネシウムボディ、という玄人好みなカメラで、次期お散歩カメラを探す者的にはヒッジョーに魅力的でした。
で、このGR-D、最近ちょっとずつ相場が下がってるよなー、と思ってたら後継機が!?

GR名義ではないので、正統な後継ではないのかもしれないけど、筐体を見るにかなり似てます。
しかも外付けワイコン、外付けファインダーが付くあたりもそっくりだ。

で、こいつとGR-Dとの違いは、
・24-72mmの光学ズーム(F2.5-4.4)搭載
・CCDシフト式手ぶれ補正搭載
・外付けファインダーが液晶ビューに
・1000万画素CCD(1/1.75)搭載
・マクロ最短距離が1cmに
・GRレンズ、GRエンジンは未搭載

最後の項目が引っかかるけど、それ以外はかなり魅力アップですねー。
ストイックさという面では薄れてしまうが、実際室内や曇天時に手ぶれ補正が効けばシャッター1段稼げるしね。(このサイズでのズームはやっぱり画質低下が心配。。)

というわけで、各所のレビュー記事をワクテカしながら待つことにします。
で、気になるお値段は80k程度とか。。。うーん、デジイチのレンズ一本買えるYo。。。

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m