jump to navigation

スパイ嫌疑 2007/05/28

Posted by むき in : Travel, Gundam , trackback

とある街へやってきました。
暮れなずむ街を歩いていくと、このような看板が!

zionbar_1.jpg

というわけで、ついに来たぜ!
ガンヲタの聖地、ジオンバー@仙台!

友人の結婚式にて、久々に再開した戦友(ガンヲタ)たち。
そりゃ行くだろ、仙台っていったらジオンバーだろ!

この店、Webでは相当有名なので詳しい説明は省くけど「思っていたよりフツーのバー」かも。
入り口に06Jが立ちはだかり、ガンプラとジオラマが点在し、メニューがガノタ向けネーミングになっていて、壁には常時G映像が放映されているくらい。
それから、トイレにマチルダさんの花嫁姿のポスターが貼ってあるくらいかな。
あ、あとお店のお姉さんがジオンの制服を着てるくらい。

・・・いや、十分濃いか。

ちなみに我々は「震える山」ジオラマのあるテーブルに着席。

メニューを見てひとしきりニヤニヤさせてもらった後は、マッドアングラー(ブランデージンジャー)、アッガイ(スプモーニ)と、水泳部系メニューを頂きます。
うーん、めっちゃ普通のバーですね。ジンジャーがウィルキンソンなのがポイント高し。
しかし、エゥーゴ系のMSの名を冠するメニューはいいとしても、ティターンズやZ時代の連邦MSの名前があるのは、ジオン的にはどうよ?と。
ガブスレイとかギャプランとかアッシマーとかね。

というか、久々の再会、いろいろ積もる話もあるのだが、その場の雰囲気が一般的な話をさせる空気ではない!
半ば義務感で、ひたすらガノタな話をしていた気がします。
いや、それはそれで楽しかったんだが。

んで、ジオンバーの状況を観察した後は、数百m離れた「連邦バー」へハシゴ。
そう、これぞミハルもびっくりなスパイ行為!
・・・でもたぶん大丈夫、敵と味方であっても愛し合えるから!byシローアマダ

連邦バーは、展示してあるガンプラとメニュー体系が連邦系なのが異なる所。
ここでもエゥーゴは微妙な位置づけだったが・・・。
あ、それからケロロ軍曹もいたな。

さらに、カウンターのガラステーブル内にはなぜかNゲージのエンドレスが敷かれ、EF62(ぶどう色2号)牽引の軍用列車がマゼラトップ砲を輸送中でした。
鉄ヲタ兼ガノタとしては、「なんでEF62?」とツッコみたくなる気持ち満載。
関係ないけど、62は個人的に直流機の中で一番好きなカマです。
端正な顔とC-C軸配置の軽快なサイドビュー、そしてその薄幸な生き様がたまらないよね。。

閑話休題。
連邦はやはりジム系のメニューがかなり充実してて、ジムスキーには嬉しい内容だったんだけど、気分的にZZ(コロナビール)で。
なんでコロナがZZなのかは不明。ハイメガキャノン並の威力は、特になし。
入り口にあったホワイトベースのMSハンガーがなかなかよくできてた。
あ、あと、アルビオンクルーのジャケット+作業服を着た方が女性同伴で来店してたのが印象的でした。

whitebase_1.jpg

この連邦バー、ジオンバーと同じく壁に映像を流してるんだけど、なぜかタイトルは「MS IGLOO」。
おいおい、これってモロにジオンの話じゃん!連邦内じゃ放映禁止じゃないの?
あ、逆にこのジオンのダメダメっぷりが連邦軍兵士の士気を高揚させるということ?なるほど。

ちなみに、両店舗でもらった階級章はこんな感じ。
ピラピラの紙製でショボいのは、「民間人」だからでしょうか。

zionbar_2.jpg

通い続ければ、毎回昇進できるそうです。
次に仙台に行く時はまた寄って、軍人になってみますか。

ところで、ジオンバーで連邦バーの階級章を出したらどうなるんでしょう?

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m