jump to navigation

萌ゆる物欲 2007/06/18

Posted by むき in : Railways, Models, EL, DL, PC , trackback

ここへ来てNゲージ熱、完全復活です。
額もデカくはないので、学生時代にはできなかった鬼買いが気持ちよすぎ。

さて、ここ一週間くらいで、勢いで買った車輌一覧。

608488356_3cf384e446.jpg

【電気機関車】

・マイクロエース EF62(前期型・青)(Wikipedia)
 
 惚れに惚れたEF62、しかも前期型をようやくゲット!
 ロクニはトミックスから後期型が出てるけど、個人的には前期型の方が好き。
 オフセットされた避雷器、旧タイプのエアフィルタ形状がたまらないんです。
 もちろん工作派向けとして後期型からの改造キットとかも出てたんだけど、なかなかヘヴィ(工数も価格も)なので尻込みしてたわけで。。(自分でがんがる人向けにはNマガのVol.2とかに改造記事がありますね)

 そんな中、マイクロエースがネ申なデキの前期型を出してくれたんです。
 だがしかし、そのデキのおかげで店頭からは瞬殺。
 再生産をしないマイクロ製品ということもあり、中古市場は高値安定、特に青15号はなかなか出てこない。見つけても定価並or以上か、抱合せ販売という状態。
 しかし、中古屋に通ってみるもんです。ある日、定価以下で美品の青を発見!
 中古電機としては少々高かったけど、これは今手にいれとかないと買えなくなる!と即レジへ。
 
 帰宅後は早速、AssyのKATOカプラーアダプタを装着し(無加工で入ります)カトカプ化。
 あと気になるのは旧タイプの避雷器。青15号の時代には避雷器はこの形(LA12?)じゃなかった?
 ついでにホイッスルカバーと信号炎管も要交換かな。
 これで我が家のロクニは2両体制。でもあと2両は欲しいなぁ。。後期型・PS22片方装備タイプとか作りたい。

・カトー EF64 前期型(現行ロット)(Wikipedia)
 
 ロクニ、ロクサン、ロクヨンの山岳機三兄弟の末っ子。こいつも大好きなカマ。
 側面一杯に配置されたエアフィルタが山男風全開ですね。個人的には0番台の前期型(EG付き)が好き。
 パンタの前の避雷器、前面の空気取入れ口あたりが識別ポイントですね。
 しかしこのロクヨン、製品には恵まれず、80年代金型のTOMIX製が唯一の製品。
 しかもコレがまたイマイチでして。。。スノープロウのないロクヨンなんてロクヨンじゃない!
 
 そんな時、満を持してカトーがやってくれました。前期/後期を作り分けての製品化!
 これまたネ申のデキ。ロクヨンの重厚な顔つきを完璧に再現してくれてますよ。
 で、これも中古屋で購入。最新ロットの製品が定価の半額以下だったのでレジ直行。
 ナンバーが既に取り付けてあった(残りナシ)のと、付属パーツが取り付け済だったのが勝因かと。。
 既に付いてたナンバーは、愛知の29号機(現在廃車)でした。
 篠ノ井や高崎のカマの方が好きなんだけど、まぁロクヨンはナンバー別の形態差は少ない方なのでオッケー。
 ちょっと手を入れて試作2号機っぽくしてみようかと考え中。

 いつも気になってたんだけど、ロクヨンの屋根上塗装って青15号のままと黒のがあるっぽい。
 しかし屋根って基本的に汚れてるもんだから、写真見てもどっちだかわからないんだよなぁ。
 この製品は同色タイプだから、見た目のインパクトのためにも屋根上モニタ、パンタ下絶縁シート、ランボードの色分けくらいはやってあげたいんだが。。
 ところでこのカマ、話題のKATOナックルが装備してありました。ちょっと得した気分。
 
・カトー EF58 上越型(現行ロット)(Wikipedia)
 
 ゴハチって世代を超えた人気車種なので、基本的に中古では品薄。売ってても結構強気の値付け。
 また、製品としての寿命が長いためちょくちょくマイナーチェンジしてて、いつのロットかが非常に重要な、即買いするのにはやっかいな存在。
 
 俺が狙うは、上越型/青で、フライホイールが入った最近のロット。これがなかなか出会わなかったわけで。
 しかしある日、恒例の中古屋巡りにて遭遇!
 しかもフライホイール入りの上越型が2両!さらにそのうち1両はローフランジ、黒染め車輪、サスペンション付きの最新ロットじゃないですか!
 その価格差は500円。
 両方をケースから出してもらって悩んだ結果、結局最新ロットの方を購入。
 やっぱローフランジ車輪、最強にカッコいいんだもの。貸しレで脱線しなきゃいいが。。
 この製品、KATOカプラーアダプタ対応ではないので、早速カトカプN化。
 これで心おきなくTOMIXの58を88号機にできるわ。

【ディーゼル機関車】

・カトー DD51 後期型・暖地仕様(現行ロット)(Wikipedia

 非電化区間のキング、DD51のKATO現行ロット(フライホイール・黒染めローフランジ車輪・サスペンション付き)をゲット!
 この品、アキバ某店にて、新品がなぜか半額以下で販売中!
 コレ中古より安いじゃん!>迷わずレジ直行。
 この店、いつもの巡回ルートには入ってないけど、たまに覗くと「なんで?」という掘り出し物があるんです。
 で、このDD51、暖地仕様と謳ってるけど実際は「B寒地仕様」。
 寒地仕様として売ってる「A寒地仕様」との違いは、旋回窓とホイッスルカバーの有無のみ。
 個人的には重装備なA寒地が好きだけど、実家には初期ロットのKATO DD51(A寒地)もあるし、B寒地は磐東線でも走ってたタイプだし、山陰の客レを再現するにしてもこのタイプだし、全然オッケーです。
 うーん、いい買い物した!

【客車】

・カトー ナハ10
・カトー ナハフ11
・カトー オユ10(冷改)
・カトー スハ43(現行ロット青×2、旧ロット茶×1)
・カトー スハフ42(旧ロット茶×1)
・カトー オハ47(旧ロット青×1)
・カトー 20系7両セット(リニューアル後初期ロット)

 全て中古で順調に装備中です。
 旧客は様々なバリエーションがあるから、何両あってもよいし。
 んで、そろそろカトーのオハ35系の再生産希望。ぶどう色2号・戦後型オハフ33が見つからないのよ。。
 20系のセットは、旧客じゃないが、往年の夜行急行を再現しようとセットで購入。
 相場よりちょい安くらいの中古で買ったんだけど、帰ってよく見たら、なんと全車オプションの室内灯装備!これだけで数千円分。うれしい誤算。
 この勢いで、今度は荷物車を装備していきたい所。

【パーツ】

・EF58 ホイッスルカバー
・電機用屋上機器(信号炎管、無線アンテナ等)
・EF200 ホイッスル
・機関車用KATOカプラーアダプタAssy
・KATOカプラーN(黒)←念願の再生産!!
・KATOカプラーJP-B(黒)
・SHINKYOカプラー

 総本山ホビーセンターカトーにて、ディテールアップ用パーツを購入。
 ココ、お膝元だけあって在庫は最強なんだけど、定価販売なのがアレだね。。。
 KATOカプラーは、これまで長い間品切れだったのがようやく再生産!ということでとりあえずストック。
 SHINKYOカプラーは、いろんな所でレポされている通り、見た目最高&相互運用性もあって理想のカプラーですね。
 ただ、KATOの台車に入れると、グラついてきれいに復元しないのが弱点。
 今は無理やり元のスプリングを入れて復元させてます。でも不安定なんだよなぁ。
 でも、KATO(カトカプ/ナックル)とTOMIX(TN密自連)の両方の機関車と連結できるのは現在コレしかないもんね。
 安定供給さえされるなら、今後ウチの客車の標準装備にしていくつもり。

さて、お次の購入予定はTOMIXの再販EF81(ローズピンク)。
あのお召し仕様機81号機のナンバーも入っているので、85年の常磐線を再現できますね。
あ、でもそのためにはJR仕様になってる列車無線アンテナを外さないと。。
81号機の無線アンテナっていつ頃装着されたんだろうか?
85年だと上野口の旧客も引退してるだろうから、こいつと組み合わせるのは不自然かな。
あー、また資料集めないと。。。

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m