jump to navigation

鉄コレ5弾入線 2007/10/15

Posted by むき in : Railways, Models, EC , trackback

鉄道の日であった先週末は、博物館開館やらプララジショーやら日比谷イベント等、各地でいろんな催しがあったようですが、年末の製品ラッシュに向けた備蓄モードのためどれも行かず。

で、ウチにも早速届いた鉄道コレクション第5弾をいじっておりました。
20m級だけど小編成で楽しめる私鉄モノ、という路線で、長野、秩父、富士急、えちぜん、阪神、琴平のクルマ達。

今回の弾からの変更点は、
・これまで動力ユニットに付属していた動力化用の台車枠が各車両に付属するようになった
・コレクションベース(?)が線路、車止めまで一体成型になった

台車枠付属はうれしいけど、全車動力化するわけじゃないから結構余るのよね。。。
これが価格UPの一因になってるとしたらちょっとアレだなぁ。。
コレクションベースはそもそも不要だったんだけど、昔のベースは線路が外れたので、線路だけ外してセクションレイアウトに使えたんだよね。ちょっと残念。

全体として、塗りのクオリティは相変わらずムラ/カスレ/タッチアップが多いけど、この値段でこのボディが手に入ること自体を評価しないとダメか。
あ、でも秩父の肩にデカイ塗装片がコーティングされてて剥がれないので、これはさすがに返品交換予定です。
(京商のミニカー並に迅速に交換してもらえるといいんだけど。。。)
あと、琴平1060の台車枠が1台車分(2個)しか入ってなかったんだけど、仕様?(反語)
別売りしてるからそっち買ってくれ、と言うのであれば中途半端に入れなくてもいいような気が。。。

ちなみにウチの箱にシクレはなし。
ま、えちぜんは不要なので全然OK。

では、今回の一番の目玉である長野の2000系をさっそくN化します。
ここで、18m級の動力ユニットを開けてみてビックリ。
あれ?BMTNカプラー対応の床板じゃん!
これまで使ったことのある12m、15m、17m級の動力ユニットには、確かBMTNカプラーは(無加工では)付かなかったはず。
これは進化ということでいいんでしょうか?だとしたらやるなTOMITEC!
(というか、今頃気づいたのって俺だけか?)
20m級用の動力は今回買わなかったんだけど、もしやこちらもBMTN対応なのかな?
この勢いで、次の再生産分からは小型車向けの動力ユニットもBMTNカプラー対応に変更してほしいですねー。

んで、動力を入れて、カプラーをカトカプ(アーノルト交換用・グレー・密連タイプ)に交換。
(BMTN対応をマンセーしている割には使ってないw)
さらにパンタも交換すれば、立派なNゲージ版2000系が完成です。
早速走らせてみると、スローも効いていい走りっぷり。
IPA漬けにして大改造するのも鉄コレの楽しみ方なれど、こうやってツルシで走らせるのも楽しいですな〜。
まさかこんなマイナーな形式がこの値段で楽しめるようになるとは!

さらに、琴電の1060もN化(トレーラー)。
こいつはTN化して、同じく琴電の1020の2連の増結用にします。
実車がこういう組み合わせで走ってたかどうかは不明だけど、元名鉄と元阪神が同じ色になって手をつないで走るって面白い。

さて、とりあえずこれで今回の目的は達成したんだけど、開けてみたら意外とよかったのが秩父の300系。
平面湘南顔?とでもいうべき愛嬌のある顔と、20m級ながら2両で編成が完結するコンパクトさ、そして何よりこの渋い塗装が気に入った!
4弾の旧国払い下げ西武/弘南の車両と並べたりするとかなり雰囲気かも。
こりゃ、早速N化しなくちゃ。

dsc00010.JPG

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m