jump to navigation

【鉄コレ8弾】またしてもシークレット当選 2008/10/17

Posted by むき in : Railways, Models, EC , trackback

世間の流れからだいぶ遅れたけど、我が家にもやってきました。鉄道コレクション8弾。
今回は、某通販サイトから箱買い&パーツも一式まとめて購入だったので、16m動力ユニットの出荷が遅れたアオリで全部の配送が遅れたという塩梅。

今回のシクレは日立電鉄3000の旧塗装(最晩年に塗り替えられた)。
以前も書いたけど、一時期日立の旧型車を追いかけていた俺的には、それらを淘汰した営団のお下がり、2000、3000は親の敵みたいなモン。
しかもあの趣味悪い塗装!それ以来二度と大甕駅に降り立つことはなくなったわけです(苦笑)。
ただこの憎き3000も、最終的には路線ごと廃止になることとなり、その末期は自分達が追い出した旧型車と同じ塗色をまとったというのはなんとも皮肉。
あれだけキライだった営団の都落ち車も、なぜかあの色になると、急に親しみが沸いてきてね。

そんなエピソードはどうでもいいんだが、とにかく今回の日立は、シクレが欲しかったわけです(まぁ、当たらなければ速攻でIPAプールへドボンのつもりだったんだけど)。

さて、早速開封〜。
左列先頭のハコを開けたら・・・

日立旧塗装キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

いきなりシークレット引いちゃいました。
6弾の岳南シクレもうれしかったけど、これもかなりうれしいかも。
塗り替えするにしても、レタリングが手配できないのが困りモンだしね。

ということで、あとは落ち着いて開封。
今回は、6弾やそれ以前のシリーズと組み合わせるとなかなか楽しい車輌が多いですね。

たとえば新潟祭りとか。
#あ、キ100並べるの忘れた!

岳南祭りとか。

あまり興味はなかった琴電700(旧名古屋市交)も、全長の短さもあいまって、かなりかわいくていいかも。
遠い将来に開業予定の俺鉄(ローカル地鉄モノ)では、塗り替えの上活躍してもらいましょう。
それにしても、10年前では考えられなかった地方私鉄モノが、こんな簡単に手に入るようになるなんてて、鉄コレサマサマですね。

今回、もう一つの白眉は、叡電のデオ300。
窓周りにエラーがある(戸袋窓の位置と窓ガラスの向きが逆。修正は簡単)とはいえ、鉄コレ初のヘッドライトレンズ組み込みといい、ヘッドライトのフチの繊細さといい、サッシのはまり具合といい、1弾から買ってるファン的には相当品質上がっててうれしいですねぇ。

ここまでの品質をキープできるようになってりゃ、9弾のモハ62系もかなり期待できるってもんですよ。
・・・とか書いてたら、NGIさんのサイトにて、幕張で開かれている「全日本模型ホビーショー」での鉄コレ9弾試作品画像が。
注目はもちろんモハ62。写真で見る限りではいい意味で「KATOレベルか?」という感じ?
ベンチレータが別パーツっぽいし、ヘタすりゃKATO以上かも(灯火は点灯しないだろうけど)。
先日115系の身延色もゲットしたことだし、こりゃ年末年始は身延線祭りですかね。

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m