jump to navigation

田端のEF81、ついに引退か 2008/12/02

Posted by むき in : Railways , trackback

実車ネタは基本的に食いつかないようにしてるんだけど、これはたまげた!

JR東日本として初の新型電気機関車の導入について(PDF)

北斗星、カシオペア牽引等に運用中の田端のEF81を置き換えるため、JR貨物の「レッドサンダー」ことEF510を導入と!!!
やっぱ、長編成・長距離を高速走行する寝台特急の運用って、カマに負担かけるのかねぇ。

にしても、今ドキのカッチョいい貨物ガマがブルトレを牽くとは、魅力的ですね(棒読み)。
参考:EF510(Wikipedia)

つか、「JR東として初の新型電気機関車導入」ってオイ!
改めて考えると、20年間一度も機関車を装備してこなかったんだねぇ。。。そりゃ国鉄型カマの老朽化も進むわ。

このニュースは二つのポイントがあると思っていて、
 (1)東からEF81が消える日も近い
 (2)北斗星、カシオペアは当分廃止されない(北斗星は微妙か?)
ってことでしょうな。

田端機関区と言えば、ED92に始まり、EF80、EF81を代々メンテしてきた交直両用機の名門。
そこにまた新たなる交直両用機が配属されるってのは、うれしいと共に、ちと寂しい気も。。。

直流機のスタンダードEF65、交流機のスタンダードED75が数を減らす中、唯一旅客用含め気を吐いていた交直両用機のスタンダード、EF81。そんなハチイチもついに引退間近ですか。

また一つの時代が終わりますな。
(北陸スジの貨物列車ではまだまだ現役だけどね)

ここで気になるのは、東が保有する他の電気機関車たち。
代替機を開発して運用継続するのか、それとも・・・?

#というか、未だに仕掛かり中のTOMIXベースのEF81-81、さっさと竣工させれ>俺。

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m