jump to navigation

【雪山】晴天磐梯・初体験 2009/03/09

Posted by むき in : Travel, SnowBoard , trackback

ハイ、今シーズン2度目です。
今回はゴルコン、もといスノボコン的な感じで、男女3+3=6名にて雪山へ。
世帯持ちな俺様は、もちろん硬派に運転手に徹するわけですが。

定員の関係上、今回の足はレンタカー。
ホンダさんのステップワゴン、という、個人的には絶対に買わないであろう種類のクルマでした。
もちろん、ナビ、ETC、スタッドレス、キャリア、とフル装備をオーダー。

しかしアレだね。オートマってのは怖いねぇ(←時代錯誤)。
アクセル抜いでも、減速なしにツーッと滑っていくもんねぇ。
エンジンブレーキなにそれ?という感じ(3rd使いすぎで「ATでこんなシフトに手をかけてるやつ初めて見た」と言われる始末)。
サードシートのデキがイマイチとはいえ、それほどストレスなく6名での長距離巡航ができたのは、優秀なクルマってことなんでしょうね。
運転してても、アイポイントが高いから楽だし。
重心が高いがゆえの上モノがフワフワする感じも少なかったし。
また、ホンダのRVのシートっていうと、昔親父のCR-V(初代)のシートのタコさに辟易した記憶があったんだけど、最近のはかなりマシですね(まぁ、輸入車と違って「金かけてない感」は満載だけど)。
最近の国産ミニバン優等生体験ということで、なかなかいい経験させてもらいました。

閑話休題。ボードの話ね。
今回は珍しく東北道エリア。しかも人生初の「アルツ磐梯」。
そう、福島県出身なのに磐梯に行ったことないんですそうなんです。
・・・だって、雪山に狂ったように通ってた学生時代は東北が主戦場だったし、東京に出てきてからはもっぱら湯沢か白馬エリアだったしね。

ということで、初アルツ。

5時に都内発>上河内SAの餃子パークにて「宇都宮餃子・全軒食い倒れ」>スキー場に10時到着。
#朝飯に餃子20個以上食ってる俺らって何?
というか、なにより素晴らしいのは、東北道空いてる!!
関越や中央道でイライラしながら飛ばすのに比べ、なにこのノンストレス!

途中に雪道もなく、気持ちよくスキー場に到着。
アルツって、ケータイ会員になると休日でも駐車場代はタダなんですね。
天気は快晴!着替えてさぁゲレンデへ!

初体験のスキー場ですることと行ったら、とりあえず全コース制覇。
「右から回るか」と、一通り滑ってみました。
でもやっぱ一番雪がよかったのが、猫魔ボウル。
メインゲレンデからクワッドで上った先の裏山というシチュエーションで、コースも雪もなかなかよかったですね。
んで、レストハウスは「カフェですか?」というくらい上品な作りだし、パークも初級〜上級者まで楽しめるレベル構成。
うん、このスキー場は居心地いいね。

今回は人数も多かったので、クルーズのペースはゆっくりめ。
マターリとジブ技の練習をしつつ、パークでヘタレてみたり、マイペースで楽しめました。
関係ないけど、リフト番のおにーさんがナンパ目線全開なのがちょっとウケた。

山頂からの眺めはこんな感じ。猪苗代湖がキラキラ輝き、めっちゃ気分爽快。

ちなみに、「hugin」というフリーのパノラマ写真作成ソフト(珍しくMac版もあった)で写真を合成してみたら、こんな感じに。
切り抜きせずに、データをそのまんま使ってるんで縁の処理がアレなんだけど、なかなか面白いでしょ?
このアプリ、うまく使いこなせればかなり面白いかもです。鉄な写真とかにも使えそう。

んで、お昼はホットドッグ。
「うまさ保証カレー」が有名みたいなんだけど、なんとなくドッグな気分だったので。
結構うまかったし、ポテト山盛りトッピングでお腹も満足。あ、あと地ビールももちろんグイッとね。

さて、せっかく福島くんだりまで来たんだから、ボードだけで帰るのはもったいない。
ということで、15時には切り上げ、温泉&グルメの時間です。
オサーンボーダー的にはこちらがメインと言っても過言ではない罠(笑)。

ここまで来たら当然グルメ=喜多方。だもんで、温泉もその近くの日帰り浴場へ。
行ったのはこちら
スキー場至近でない分スキー客も少なく、でっかい湯船でゆったり!しかも安い!言うことなし。
んで、体をケアしたあとは「ラ」ですよ〜。

学生の頃何度か食べ「ウマー!」と思った坂内食堂
ラヲタとなった今食べても果たしてうまいんだろうか?という確認も兼ねて出撃です。
閉店ギリギリだったので空席もちらほら。全然並ばず食べれてラッキー。
んで、食すは当然「肉そば」でしょう。

んぁ、やっぱうまいね〜。
あっさり醤油にプリプリの中太縮れ麺、そしてなにより敷き詰められたバラ肉チャーシューが絶品!
地方のラーメン屋って、麺がゆるめなイメージがあるんだけど、ここはいい感じでした。
東京のFC展開してる坂内って食ったことないけど、味は一緒なんでしょうか?

その後、「おみやげ買いたい」というメンバに「福島の菓子っつったら当然コレだろ」と、「ままどおる」「エキソンパイ」を購入させ(実際うまいよね?俺はエキソンパイ派。かんのやゆべしと薄皮饅頭も捨てがたいが)、高速へ〜。

さすが東北道、帰りもまったく渋滞ナッシングで一気に都内へ。
ETCカード2枚持つと、高速はホントお安くなりますねぇ。

と、こんな感じで、日帰りアルツツアー終了。
いやー、福島のスキー場、今まで食わず嫌い的なトコあったけど、いいねぇ。
スキー場としてもなかなかよかったし、なにより道が混まないのが最高。
今度は泊まりで行ってみたいかも。

日時:2007/02/07
スキー場:アルツ磐梯スキー場
天候:快晴
雪量:少なめ
雪質:山頂はサラサラ、あとはザラメ
混み具合:リフト待ち5分以内。ゴンドラ待ち10分以内。
滑走時間:5h
交通手段:東北道>磐越道(磐梯河東IC)
出費:レンタカー+高速+ガス代¥6000+リフト券¥4100+ゲレンデでのビール¥600+チーズドッグ¥800+肉そば¥900+温泉¥500=計¥12900

コメント»

1. ゆに宮 - 2009/03/09

>スノボコン的な感じで、男女3+3=6名にて雪山へ。
若い・・・!(笑)
そしてステップワゴンとはまたコンパ的な感じでいいですな.
そして一枚目の写真が,雲ひとつかかってなくて綺麗ですな!

あと,東北道はそんなに空いてるのか…
中央道・関越道が毎日渋滞なので,東北道も同じ感じかと思ってたよ.
特に帰りも混んでないのがすげぇー

2. むき - 2009/03/11

>ゆに

>>若い・・・!

っていう単語が自然に出てくるようになるとオサーンですよ〜!
いやーなんか、「ステップワゴンで男女6人冬物語」的なシチュエーション、自分でもベタベタだなぁと思いつつ楽しんで参りました(笑)。
そういう意味ではいいクルマです。ステップワゴン。
セカンドシートとサードシートの会話に、運転席はほとんど関与できない(聞こえない!)のが残念だったけど。

>>東北道

そそ、空いてるのよ!
冬の朝の関越とか、事故渋滞or追い越し車線を100kで巡航するアホの存在で、ほんと最悪だからね。。
関越の渋滞がイヤで中央道>長野道沿線のスキー場ばっかり行ってたけど、東北はさらに空いてます。
道路が空いてると、全然疲労度が違っててびっくり。