jump to navigation

【解体開始】お台場ガンダム【最後の週末】 2009/09/04

Posted by むき in : Gundam , trackback

ついに解体が始まってしまったお台場ガンダム。

建築中から何度か見に行ってたんだけど、「東京在住ガノタとしては、営業期間中にも行かんとダメだろ」ということで、最後の週末にゆにと行ってきました。

うーん、何度見てもいいっすな〜。

つか、例えば0系新幹線のような(例えが鉄ですまん)優しい顔の初代ガンダムだから、これがオブジェとして許されるんだろうな、と。
これがホソマッチョ平成ガンダムだったり、ゴリマッチョZZだったりしたら、これほど人気が出なかったのかも。
そして、このオモチャっぽいトリコロールカラーが、兵器であるガンダムを「平和なモン」として見せてくれるのかなーと(これは、オフィシャル写真集の中で冨野監督も仰ってますね)。
例えば、兵器としてのディティールをゴリゴリに追求した陸戦ガンダムが、180mmキャノン据え付けてお台場に片膝付いてたら、ちょっと「お国の品位」として問題かもしんないしね(ある意味それこそ「お台場」だが)。

一方で、オモチャっぽく優しい顔したガンダムのくせに、そのディティールは、どこまでも手抜きなく、メカとして今すぐにでも動きそうな表現になってたのは見事です(富士急のガンダムを作ったのと同じ業者さんらしいです)。

とりあえず、一人のガノタとして、この場にいれたことに感謝。

現場の一眼レフ率が異様に高かったのには驚いたけど、とりあえず負けずにR10で撮ってきたものを何枚か。
ちなみに、広角側で撮ったのを見ると一目瞭然なんだけど、R10こわれた!
何このケラレ?っていうくらいのケラレっぷり。まだ買って半年なんで、早速RICOHに修理申し込まんと。

GUNDAM in ODAIBAGUNDAM in ODAIBA
GUNDAM in ODAIBAGUNDAM in ODAIBA

残りの写真は、flickrにて公開ちう

コメント»

1. ゆに宮 - 2009/09/04

早速写真が! よく撮れてるなぁ。
ツヤとかでてるから本当に金属っぽいよねぇ。
触ってみると違う感触がするけど・・・w

確かに,これだけ人が集まってるのは、初代だからなんだろうな.
平成ガンダムが実体化しても,これほど一眼レフは集まらなかったかも.

っていうかもう、これ、動いていいレベルだよなぁ.
写真でみると、改めて「今にも動き出しそう」だ.

あと、あのR10は壊れてしまったのか.残念….
広角側だけ壊れるってあるんだな.
時間ができたら、うちのほうでも広角で撮ったやつアップしますわ.

2. むき - 2009/09/07

>本当に金属っぽい

うんうん、雨ざらしになってることもあって、いい感じに薄汚れて実感出てきたよねー。
でも触ると確かに、ガンダリウム合金というよりかは「遊園地のゴーカート←FRP丸出し」だわなw
あのガワは、タイで作ってコンテナで運んできたらしいっすよ。
現地にも熱いガノタがいて、情熱を持って仕事をしてくれたらしい。すごいぞ世界のガンダム世代。

>R10

最後の写真を見てもらうと、画面スミが黒くなってるでしょ?それがケラレ。
最近の小型デジカメって、光学的に結構ムリして設計してる(サイズは小さく、望遠倍率は高くという矛盾した要求による)ので、ちょっとしたショックとかで、レンズと響筒とCCDの位置関係とかがズレちゃうのかな、と。
ググってみたら、R10で同様の症状が出てる人もいたんで、持病なのかも。

これまでケースとか入れずに使ってたけど、もし頻繁にこうなるようだったらケース導入考えようかなぁ。
とりあえず保障期間だし、こっちの使い方的な過失もないので、無償で直してもらいます!