jump to navigation

【現役SL】大井川〜中部天竜の旅【現役旧客】(1/2) 2009/12/04

Posted by むき in : B-Rated Gourmet, Travel, Railways , trackback

10月の話になっちゃうんだけど、週末を使って静岡近辺をブラブラしてきた話なんかを。
「Bグル鉄」として当然中心となるのは、「飯」と「鉄」。

今回の大まかな流れは、
東京→東名→吉田でうなぎ→新金谷→大井川鉄道→藤枝でラーメン→島田(泊)→東名→佐久間レールパーク→浜松で餃子→東名→東京、というルート。

ちょうど東北の紅葉が見頃の時期ということで、この日の東名はかなりスイスイ。
町田まで多少クルマの量が多かったものの、あとは一気に島田まで行けちゃいました。
ただ天気は雨。こりゃ大井川は撮るより乗る方がベターかなぁ。

まずは、とりあえず腹ごしらえでしょ、ということで、吉田のうなぎを食いに行きます。
ココ、三島とかにも鰻を卸してる鰻の産地らしい。
で、その生産直売所で、超リーズナブルな鰻弁当が買えるという情報を耳にし、早速行ってみました。
最初「ココか?」と不安になるほどの小さな建物でしたが、どうやらココらしい。
吉田・静岡うなぎ 漁業協同組合直売所「まるはい」」と書いてあります。

早速入店し、カウンターでおばちゃんに「うなぎ弁当(上)」をオーダー。1200円也。
5分ほど店内で待っていると、できたてのお弁当が。
ただこのお店、あくまで販売所なので、食べるスペースはないのよね〜。
天気がよければ近くの公園や河原なんかで食べようかと思ってたんだけど、あいにくの雨。
ダメモトで、「店内のテーブル(←宅急便の伝票を書いたりする場所)で食べさせてもらってもいいですか?」とお願いすると、快く「いいですよー、そしたら今お茶出しますから」と。

・・・すげーよ静岡人!いい人すぎるよ!

ってなわけで、ご好意でお茶までいただいて、うなぎ弁当を食します。

MARUHAIMARUHAI

炭火で焼く鰻ではなくて、あくまで工場で調理されたおみやげ用のうなぎをその場で温めてくれるタイプなので、炭焼きの香ばしさとかトロトロの脂っこさとかはないんだけど、フツーにおいしいナギウーでしたよ。C/Pは十分。

おばちゃんにお礼を言ってお店を出て、向かうは新金谷。
そう、実は大井川鉄道は初体験なのです。

天気がよければロケハンして走りの写真でも押さえようかと思ってたんだけど、雨なんで方針変更。乗っちゃいましょ。
とりあえず、新金谷の駐車場にクルマをとめて駅へ。
下りのSL列車は既に全て出てしまった後だったので、電車で追いかけ、折り返しの上りのSLに乗る、というコースで切符を発行してもらいます。
ただ、基本的に発車駅でしか指定券を買えない(マルスみたいにシステム化されてないのね)ということで、「昨日時点では空席はあったようです。たぶん大丈夫と思いますが、もし空席がなくても立ち席で乗れますから」と、楽観的対応w

まぁ、目的はSLというか「現役の旧客に乗る」ことだし、立ち席上等!ということで、元京阪テレビカーの2連でトロトロと発車。

終点の千頭まで行く時間はない、ということで、途中停車駅の「下泉」まで行って、SL列車を迎い撃ちます。
しかし、大井川は電車もいいねぇ。
全部が関西系の大手私鉄のお下がり特急電車。
京阪テレビカー、近鉄ビスタカー、南海ズームカーが主に走ってるみたいです。
いやー、どれも一時代を築いた名車ですな。
元特急車だから、シートもフカフカ、バネはヤワヤワ、窓に流れる水滴を見ながら規則的なレールの音を聴いていると、なんだか気分はノスタルジーw

途中2駅でSL列車と待ち合わせ。
鉄ヲタも観光客も少なく、なんだかまったりしてていいですなぁ。
IMG_7375.JPG

あと、実動するタンク機は初めてみたけど、ちっこくてかわいいねぇ。でもその躍動感はやっぱSL。
IMG_7373.JPG
つか、実車のC11と客車のバランスを見てしまうと、KATOのC11のデカさがよくわかりますなw

さて、下泉に到着し、20分ほど待っていると、来ました!
でもカマはタイバージョンのやつだった。。。カコワルイ。。。

まぁでも目的は旧客ですから。
一部に団体さんがいた以外、席はガラガラ。ちなみに最後尾のオハ35(原型白熱灯車)はテレビロケ中で入れませんでした(いい旅夢気分だそうな)。
さ、各車輌をくまなく回りますよ。
編成は、全部茶色。スハフ42、オハ47、オハ35がメイン。そのうち近代化改造されてない車輌が2両ほど。
また、茶オハ47のアルミサッシ車もいました。けっこう珍しいよね。

実はコレ、俺にとって旧客初体験なのです。
廃車になり、駅でサビサビになって放置されている旧客の群れしか見たことないんで、生きた旧客は初。

モデルは散々いじってるけど、実物はやっぱいいねぇ。
深い屋根による広々とした車内、意外に狭いシートピッチ、動力がないことによる停車時の静けさ、発車/停車時の車体の動き、手動ドア、全部初体験だわ〜。
また、せっかくTR47車とTR32車が混在してるので、乗り心地を比較。
やっぱTR47の方がドッシリした乗り味なんだね。さすがス級。TR23の方は軽快だけど横揺れが多かった気が。

IMG_7446.JPGIMG_7444.JPG
IMG_7509.JPGIMG_7387.JPG
IMG_7428.JPG

ってな感じで、初めての旧客にはしゃいでいたら、あっという間に新金谷に到着。
すでに薄暗くなってきていたけど、運転を終了した他の編成(3編成あるのね)も全て集まってるデナイノ!
絞り切妻のオハフ33とか、ノーヘッダのオハ35とか、オハニ36とか、ハァハァしながら資料写真を撮りまくりです。

IMG_7470.JPGIMG_7518.JPG

その他、大井川で撮った写真はこちらにてまとめてあります。
SLの写真はほとんどなく、ひたすら旧客を追ってることがわかるかとw

そして気がつくとあたりは真っ暗。
サクッとラーメンでも食べますか。

ということで、一路藤枝市へ。
今回お邪魔したのは、この地域に多店舗展開している人気店、「カナキン亭」さん。
元々東京でやっていたお店を畳み、こちらに開店したそうで。駐車場あるのがポイント高いっす。

さて、いただくのはこちらの名物、「プロペラ麺」。
激辛らしいです。なんでプロペラなのかは不明。
あ、あとギョーザとライスね!

このプロペラ麺、キムチが溶け込み真っ赤なスープの上に、チャーシュー、ゆで卵、ネギ、メンマ、海苔、そして大量のキムチというラーメンです。

KANAKIN-TEIKANAKIN-TEI

スープは醤油ベースのようですが、油とキムチの効果で、コッテリ濃厚な口当たりにピリッと辛味が乗るタイプ。
このまったりさは、いわゆる「辛味噌ラーメン」とか「オロチョンラーメン」と呼ばれているものに近いかも。
辛さレベルとしては、中本好きにとっちゃ恐れるに足らず、という感じ。
卓上のすりおろしニンニクをスプーン一杯投入すると、なかなかジャンキーな味わいになってウマー!

麺は、固めに茹でられた中細麺。
チャーシューは薄切りでペラペラしたものですが、しっかりした味付けと脂身でうまいっす。

ということでおいしく完食。餃子も皮モチモチ系で、おいしくいたたきました。

ってな感じで、ホテルに移動→まったり飲んで爆睡です。

ちなみに今回使ったホテルはこちら
安い上に、ミッドセンチュリーモダンなインテリアが超オサレ。
しかも部屋風呂に加え屋上に露天風呂!ベッドはシモンズ!さらに朝食無料で和食バイキング!
このホテル、現在各地へ展開中みたいで、今後の動きに注目ですな。

二日目へ続く

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m