jump to navigation

【大雨】伊豆半島グルッとB級グルメ旅【強風】 2010/03/20

Posted by むき in : Travel , trackback

下田の某ホテルに格安で泊まれるチャンスがあったんで、行ってきました伊豆半島。
実は南伊豆は初体験(修善寺、土肥、伊東あたりまでしか行ったことなかった)。
時期が3月アタマということで、運がよければ早咲きの「河津桜」でも見れるかなぁ、と思ったりして。
しかし、天気予報では雨らしい。。。うむぅ。

ということで、天気はあまり期待せずに東京を出発。
東名は若干流れが悪い部分はあったものの、さすげに天気が悪い週末だからか、スムースに浜松到着。

んじゃ、浜松で昼食でも、とさっそくBグル部活動開始です。
沼津港「丸天」も行ったし、C/P抜群の海鮮食堂「弥次喜多」も最近定番になってるし、三島「うなよし」もかなり通ったし、そろそろ別の一手が欲しいなぁ、と。
そんなわけで、今回は洋食。沼津市民の心の味といわれる(?)駅北口前の「千楽」にお邪魔しました〜。

13:00過ぎの到着。
運よくお店正面の駐車場が空いたので、スムースにクルマをとめ、入店。
店内はほぼ満席。しかしこれまた運良く空席があったので即着席。

では、このお店のフラッグシップメニューの一つでもある「カツハヤシ」をお願いします。
1350円もする、B級というには高級なこのメニュー、いったいどこまで健闘してくれるのか?

20分ほど待って登場した「カツハヤシ」、見た瞬間驚愕。

RIMG0003.JPG

デカッ!!!

30cm 幅くらいの楕円形の皿の上にはタップリのライス、そして厚さ2cmほどのトンカツ、その上にはタマネギと肉がたっぷり入ったハヤシソース。
・・・コレ、ゆうに1500kcalはあるだろ。。。ちょっと予想を超える量にびっくり。

しかしこれを食べなきゃ漢じゃねぇ!
チンタラ食ってると一気に血糖値が上がっちゃう予感がしたので、サクサク食っていきますよ。
では、ハヤシ部分を一口。

・・・うまーい!!

野菜と肉の旨みがしっかりと溶け込んだ、超濃厚デミグラスソース。コレすごいうまいんですけど!
しかもシャキッと歯ごたえの残るタマネギといい、ミッチリした厚めの豚ロースといい、具も最強。
コレ、ハヤシライスだけでも相当うまいなぁ。
では、カツ行ってみましょう。

RIMG0002.JPG

・・・うまーい!!

厚さ2cm以上という、幅よりも高さの方があるトンカツ。
しかも、衣の厚みはほとんどなく、つまり厚みのほとんどが肉。
脂身もそこそこあるロース肉、これだけ厚いと噛み切れなかったりするけど、サクッと噛み切れちゃいます。全然パサパサしてないし、肉の旨みがジワ〜ッと広がり、もうたまらんですな。
カツ単品でもうまいのに、これに上述のハヤシソースが絡むもんだから、もう失禁級のウマさ。たまらんね。

ということで、ガツガツ食ってたら一瞬で完食。

ツレがオーダーしたカツ丼もちょいと味見したんだけど、こっちもウマー!
カツがうまいのは前述した通りなんだけど、ツユがすごくうまい。
具体的には、若干濃い目の醤油ダレから香る出汁がうまいんですよ。市販の粉末出汁なんかじゃなくて、蕎麦汁を作る要領でしっかり鰹で出汁取ってるじゃん、的な。

という感じで、満腹状態で沼津を後にし、修善寺〜天城越え〜河津のループ橋経由で、河津へ。
道中にはいっぱい見所もあるんですが、なんせドシャブリの雨。途中立ち寄る気にもなれず、オールスルーですよ。
天気がよければ、天城旧道、河津七滝とかも見たかったんだけど、また次の機会に、ということで。

で、16時くらいの河津到着。
雨は小降りになってるけど、期待していた桜はほぼ葉桜orz
一応クルマをとめて桜見物コースをブラブラしてみたけど、ほとんと終わってますな。やっぱ 2月じゃないとダメみたい。

RIMG0033.JPGRIMG0034.JPG
RIMG0015.JPGRIMG0019.JPG
RIMG0064.JPGRIMG0031.JPG

全然関係ないけど、伊豆急に譲渡された東急8000、意外としっくりくるじゃんね。青帯キレイだし。ちょっと模型が欲し(ry
さ、サクッと目的地である下田へ向かいましょう。

夕方にホテル(白浜)にチェックインした後、考えるのは晩飯(さっき食ったばっかだろ!というツッコミはなしで)。
再び雨風も強まってきたし、下田の町に出るのもなんだよねぇ、でもホテルのレストランは高いし、コースで牛フィレステーキとか、今は(腹的に)食えんしw
あ、そういや、来る途中、道沿いに気になるレストランがあっよね?とそちらを検索し、訪問することに。

訪問したのは、こちらのお店
同名のお店が下田市街にもあるみたいですが、関係はないそうです。
頼んだのは、刺身の盛り合わせ、金目鯛の寿司、金目鯛の釜飯、鯵の天丼、なめろう丼。

・・・いや、4人いるし、まぁ食えるかな、と。。。
しかし、割とヘヴィでしたね。完食したけどw

というか、一皿あたりの量が多い多い。東京でこの値段だったら、この半分くらいだよ?という感じ。
しかも、お味もなかなかですね〜。やっぱ海鮮は海の近くで食うのが最高ですな。
正直、魚ってそんなに好きではないんだけど、お刺身、そして金目鯛の寿司のうまさはちょっとヤバかったなぁ。

俺担当は、こちらの天丼。超ボリューミィ。ゴマ油の香りがいい感じでした。
RIMG0074.JPG

さらなる満腹度に襲われつつ、ホテルに戻り、あとは温泉に入ってビール飲んで爆睡。
オーシャンビューのホテルだったんだけど、海風(と雨)がハンパなくて、ちょっと怖かったです。

で、次の朝。
起きたら晴天!目の前に広がるのは青い海、白い砂浜!
・・・と言いたい所なんだけど、天気は相変わらずダメダメ。海からの暴風雨が窓を叩いています。。。

RIMG0079.JPG

つっても仕方ない。
雨の中でも快適に見れる系、ということで、ミュージアム系に狙いを絞りましょ。

今回行きたかったのは、松崎。
なまこ壁の蔵が立ち並ぶという界隈を見てみたかったのと、あとは以前荒俣センセの本を読んで以来見たかった「伊豆の長八美術館」で鏝絵(いわゆる左官が作る漆喰のレリーフ画)を見たかったのよね。
一応、南伊豆町でも「桜まつり」をやってる、ということで、南伊豆経由で松崎に向かったんだけど、やっぱり南伊豆も桜は終わってますね。菜の花はキレイだったけど。

で、県道121(蛇石峠)で山を越え、松崎へ。
というか、伊豆半島ってホント山が厳しいよね。半島の幅はそれほどないのに、高低差はかなりあるもんだから、険しい山道がたくさん。
この道も、センターラインなしの、すれ違い困難な峠道が延々と続くタイプ。
まぁこういう道はキライじゃないし、むしろ個人的には大歓迎なんだけど、初心者の女の子がレンタカー借りてグループ旅行に来たとかのシチュエーションでナビがこの道示したら泣くだろうな。。。(とか言ってる4時間後、我々はさらなる地獄を見ることになる)

松崎でまず向かったのは、岩科学校。
RIMG0084.JPG

まぁ地方によくある旧制学校の一つですね。
飾ってある「教育勅語」の現代語訳をしっかり読んだら、すげーいいコト言ってんじゃん、とオモタw
ここの特徴は、やはり長八の鶴の鏝絵。
観光客も少なくて、気持ちいい学校だったなぁ。

と、ここまで来てそろそろお昼。
昨日あれほど食ったのに、腹が減ってきたよ。朝飯食べてないし。

ということで、松崎ナンバー1のB級食堂と言えばこちら「さくら」さんへ。
というか、長八美術館の向かいなのね。ラッキー!

13時くらいの到着で、店内はほぼ満席。しかも若者が多いなぁ。つまりガッツリ系ということか。
ここの名物は、「カツオのまご茶漬け」というもの。
カツオの刺身とタマネギの薄切りをニンニク醤油のタレで混ぜてご飯にかけて食べ、後半それをお茶漬けにする、という、いわゆる漁師飯ですな。
今回オーダーしたのは、カツオまご茶漬け、鯵のまご茶漬け、そしてカワハギの塩焼き。
ご飯は一人分ずつ、それぞれ釜炊き飯が出てきます。さらに超大ぶりなタマネギの天ぷら、アシタバの天ぷらも別皿でやってきます(これは全メニューにデフォルトで付属するらしい)。
また、大量の漬物も同時にサーブ。もうテーブルの上いっぱいだよ!ってくらいの物量攻撃。さすが、若者が集まるのもわかるわ。

RIMG0088.JPG

このまご茶漬け、超うまいんですけど!
全く臭みのないカツオの刺身にきっちりニンニク醤油がからみ、タマネギスライスが絶妙の清涼感を提供。こりゃご飯進むわ。
さらに後半のお茶漬けがまたうまい。熱々のお茶なので、カツオの表面の淡白質が白く固まり、また違った食感と味になってきます。いや、魚うまいわ〜。
鯵のまご茶漬けは、カツオと同じパターンなれど、鯵のタタキなのでまた違った風味と食感。これもうまい!
カワハギも臭みなく、プリプリしててうまかったわ〜。
なによりこのC/Pには大満足ですね。

と、満腹状態で、向かいの長八美術館を見学。
先日タモリ倶楽部にて「左官」を特集してたのを見たこともあり、なんか縁を感じますね〜。
左官の鏝と漆喰でこれだけのモノができるってのはすごいなぁ。入り口で虫眼鏡が借りられるのがウケる(そこまで細部まで作りこんであるってことね)。

見学の後は、雨の松崎の街をモヤモヤしちゃいます。
なまこ壁の蔵、ガイドブックでのイメージほど一箇所に集まってるわけでもないのね。
でも、雨だからか、しっとりと落ち着いた町並みが心地いい街でした。
南伊豆って鉄道がないから、いわゆる「駅を中心とした街づくり」ってのがなくて、なんか独特の発散感みたいなのがあって味わい深いですね。

RIMG0090.JPGRIMG0105.JPG
RIMG0122.JPGRIMG0112.JPG
RIMG0120.JPGRIMG0123.JPG
RIMG0094.JPGRIMG0097.JPG

さて、そろそろ暗くなってきた、ということで、東京に目的地をセット。
まずは沼津に出ちゃおうとナビをセットするも、沼津まで2.5時間か。。。結構かかるなぁ。やっぱ伊豆もココまで来ると不便だね。
一番のショートカットはないかな、と道を探すと、ありました。
県道だけど、一気に山を越えて修善寺方面に抜けられるっぽいじゃん。んじゃそこ行っとこ(←フラグ)!

・・・この県道59号、これまで走った中でもけっこう上位クラスの「険道」でしたわ。。。
まぁ舗装されてるのが唯一の救いなんだけど、すれ違いほぼ不可の狭幅ワインディングが延々と続くわけで。
しかも、結構なペースで走ってるのに、なかなかサミットまでたどり着かないんだよね。
さらに天気は大雨。山頂付近では深い霧。ハイビームにすると余計前が見えなくなる、という状況。そして陽は落ち、なかなか楽しい時間帯へ。。。
いやー、久々に集中して運転したわぁwこういう雰囲気好きだからいいけどさ。

ということで、ナビの予告より30分ほどマキでw沼津到着。
夕飯どうしよう、と思ったけど、先ほどのカツオさんがまだ全然腹に居座ってるんで、このまま東京へ向かうことに。
ここで気になるのは東名の渋滞なんだけど、なんと渋滞ゼロ!
沼津から1.5時間で東京帰着〜。いやー、やっぱ高速はこうじゃないといかんよ。

その後、なぜか全員小腹が空き、ラーメンを食って解散。
今回のラーメンは、調味料不使用を謳う「ラーメンゼロ」にてサラリと。魚介出汁からこんな塩気が出るもんなんだ、と感心。

こんな感じで、完全に食ってばかりいた今回の伊豆旅行だったのでした。魚が多かったからヘルシーだけどね。
。。。にしても、人間っていくら食っても次の日にはハラ減るんだなと実感w

コメント»

1. ミズ - 2010/03/24

むきさん、今晩は。
美味しそうなコメントと写真(風景も)ご馳走さまです。
このコメントを読んだら行きたくなってしまいますねぇ。只、下田までは小生にとってチト遠いデス。
時間ができたらぜひ訪ねてみたいと思います。

バックナンバーへの質問ですが、マイクロエースのEF57のパンタグラフの銀色塗装は筆orエアーブラシ?ラッカーorエナメル?
どーも塗装が苦手なもので一度パンタグラフにトライしてみたいと思います。
宜しくお願い致します

2. むき - 2010/03/24

>ミズさん

コメントありがとうございます。
なんだか最近、「食い」だけの旅になりつつあります。。。家族してB級グルメ大好きなもんで。
西伊豆は鉄道が発達してないので、なんか街の構えが独特で、街歩き的にもおもしろかったですよ。

さて、マイクロのEF57のパンタですね。
ウチでは、パンタ塗装は全てラッカー系の缶スプレーです(クレオスのプラモデル用「Mrカラースプレー」←これが一番安い)。
EF57に関しては、パンタを一旦バラして、台枠はつや消し黒、タスキとホーン部分はシルバーに塗っています。
金属部品には本来プライマーを吹いた方がいいんですが、ウチでは吹きません。厚ぼったくなるのがいやだし、なによりもったいないw
経験上、ハゲたものはこれまでほとんどないですね。(まぁハゲたら面相筆かなんかでタッチアップしてあげればよいですし)

筆塗りは絶対やめた方がいいです。ボテボテになるんで(以前そんなジャンク品を中古屋で買ったことがありました)。
・・・こんな感じで、ご参考になりましたでしょうか?

あ、件のEF57ですが、先日ようやく再手術し、蛇足ディティールの「SGの給水ハッチ」を除去しました。EF56にも手を入れたので、近々アップしますねー。

3. ミズ - 2010/03/25

むきさん、今晩は。

小生もB級グルメ大好きなんで・・・
とても興味をそそられました。。。

パンタは、そうですか。
バラして塗装なんですね。小生、パンタをバラして再起不能にしたことが何度かあって、それも全てマイクロ製です。
集中力を高めて、再度チャレンジしてみたいと思います。
どうもありがとうございました。

EF57,EF56も完成した姿を楽しみにしています。

4. むき - 2010/03/25

>ミズさん

あー、補足です。
パンタのばらしは、全バラではなく、台枠と、それ以外に分離する、という意です。
台枠は軟質樹脂なんでそっちをグニッて曲げて、タスキ側をゆがませないように外せば大丈夫だと思います。

まぁダメにしても、所詮マイクロのパンタだしw、KATOあたりのパンタを買ってきて付ければいいかと(取り付け穴開ければ簡単に付きますし。)。