jump to navigation

【時代は】Alfa147 タイヤ交換【エコ】 2011/06/10

Posted by むき in : Alfa147 , trackback

先日車検が終了したAlfa147ですが、さすがに5年も乗ってるとタイヤがチビチビ。
一応スリップサインまでは減ってないまでも、そろそろ変えなきゃなぁ、と思って早1年w

ちなみに銘柄はFireStone「FireHawk700」というモデルの、サイズ195/60R15。
まぁ納車時から履いてるやつだから、特にこだわって選んだものではないです。
というか、なんでヨーロッパ車なのにピレリやミシュランじゃないんだよ、せめてコンチでしょ、と思ったのも事実。
このタイヤ、Web上調べてもかなり評判が悪く、グリップ、静粛性、乗り心地全てにおいてクソだそうでw

そんな中、よく買い物に行くコストコにて、タイヤ割引キャンペーンのお知らせが。
ほぉ、ミシュランが1本2000円引き、とな。
ちょっと興味を持ってレジで見積もってもらうと、ENERGY SAVERという低燃費タイヤ4本でコミコミ45k!
へぇ、なかなか安いじゃんね。
本当はスポーツ系のプライマシーが欲しかったんだけど、こちらは195/60R15はメーカ在庫切れだそうでorz

まぁエコなご時勢でもあるし、アルファ+低燃費タイヤ、それもいいんじゃない?とサクッと即決。
お買い物してる間にタイヤ交換は完了。いいじゃんコストコ。

で、早速試走レビュー(まだ皮むきが終わってないので本気走りではないです)。

低燃費タイヤということで、その転がりはハンパないです!なんじゃこりゃ!というくらいスルスル転がります。
まず、クラッチを切った後の空走時間、全然減速しないんです。
なので、シフトアップのタイミング感を若干変えなきゃならない感じ。
それから、5速でアクセルを抜いた際のエンジンブレーキ感も弱くなり(エンブレよりクルマが前に進もうとする慣性力が増す感じ)、なんだかミッションが6速になったかのような雰囲気。
あと、赤信号で停車するタイミングも、これまでに比べ全然車が前に進もうとするので、シフトダウンやブレーキのタイミングはこれまでからかなり変わりました。

結果、燃費は相当上がるんじゃないかと予想(まだ交換後100kmも走ってないので未計測)。

で、低燃費タイヤというとグリップや操安性、それとハンドリング命のアルファの場合、応答性なんかも気になるところ。
まぁこれに関してはまだグイグイ走ってないのでなんとも言えないけど、これまでに比べ全く不安感はありません。
ってか、5年使ったカピカピのタイヤに比べたら、どんなタイヤだって性能的には勝るから当然なんだけどね。
ハンドリングの即応性については、これまでと変わらず、スイスイ鼻先が入ってく感覚はそのまま。直進安定性も問題なし。

また、前の206の時のミシュランタイヤと同じような、タイヤ自体のバネ感というか、しなやかに段差や凹凸をいなす感覚が気持ちいいかも。

そして驚くべきは静粛性。
これも、5年物のスポーツタイヤに比べりゃどんなタイヤだって静かだろうけど、ちょっと感動。
ってか、タイヤノイズって全然気にしてなかったけど、なくなってみるとその差に驚くね。エンジンの音が綺麗に聞こえるのなんの。なんだか余計回したくなっちゃいます(←全然エコじゃねぇw)。

最後に見た目。
路面に接する部分のサイドウォールがつぶれ気味なのは、ミシュランタイヤ全般に言えることかなぁ。
タイヤショルダーも丸いし、正直見た目的にはあまりカッコよくないです。でもこの柔らかさのおかげで、前述の「タイヤ自体のバネ感」があるんだろうね。

ということで、アルファ+低燃費タイヤ、この組み合わせ、なかなか快適で気に入りました。
毎週のように首都高へ行っていたあの頃に比べwもうゴリゴリ攻める運転もしないし、年相応で楽に行こうよ、ってトコかな。

・・・それにしても、5年目にしてだいぶ金かけちゃったなぁ。。こりゃホント乗り潰すしかないね。

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m