jump to navigation

【最後の楽園】タヒチ行ってきた【水上コテージ】その1 2012/11/15

Posted by むき in : Travel , trackback

R0011074

えー、最近はほとんどTwitterとラーメンブログにばかり投稿しているので、ほぼ放置気味になっているこちらのブログですが、一応こちらが本家となっておりますw

ということで、久々に海外に遊びに行ってきたので、その旅行記などを書いていきます。
今回の行き先はタヒチ!
正式国名はフランス領ポリネシア。
その中でも中心となる「タヒチ島」それからタヒチ島からローカル飛行機で40分ほど飛んだところにある「ボラボラ島」が目的地となります。

【旅に出た理由】

まぁこんな不良会社員な俺ですが、なんと継続勤務11年目!ということで「リフレッシュ休暇」なるものが与えられたんです。
これにより5日の連続休暇、つまり前後の土日を加えると9連休が俺のもの。
さすがに盆正月やGWでもない限り、なかなかこの規模の長期休暇は取れない職場なので、ありがたく使わせてもらおうと。
ついでに、相方も同じくリフ休が出る年だそうで、条件は同様に5日。
だったら、せっかくだし海外でも行こうか、というのがコトの発端。

【なぜタヒチなのか】

世界遺産、とくに古代遺跡が好きなので、アンコールワット見に行きたいね、とか言ってたんです。
でも9連休をフルに使うという条件なので、東南アジアは逆に近すぎる(もっと短い休みでも行ける)。
であればエジプトでクフ王のピラミッドでも行く?ギリシャもいいねぇ、とか話していたのです。

しかし、ここ最近の二人の疲れっぷりを鑑みるに、もっと「癒し」的な側面が欲しい。
そこでふと「南の島で何もしない」という単語が頭に浮かんだわけで。
世界遺産とかは年とってからでも行けるけど、南の島ってそこそこ若い時の方が楽しめるんじゃね?だとしたら今が最後のチャンスかも?と。

となれば話は早い。もうボラボラ島行くしかないでしょう(超短絡的)。
というのも、もうだいぶ昔の話になりますが、ケコーン式をやるにあたって、日本めんどくさいし海外挙式だよね!的なことになり、南の島orヨーロッパで迷いに迷って、結局ハネムーン込みでヨーロッパにしたという経緯があったのです。

そんなわけで、二人の中で「いつか南の島、特にハネムーンで行けなかったボラボラ!」という思いはあったんですね。
俺はワイハすら行ったことないので、南国と言えばハワイでも十分楽しめそうな気はしたけど(ハワイ出雲大社も行きたいし)、ハワイは実際かなり敷居低いし、将来的にいくらでも行くチャンスはあるだろうと。
でもボラボラは二人暮らし期間じゃないとなかなか行けない(価格的にも、ホテル等の設備的にも)。

ということで、Webでパラパラと調べて、ポチっと決めました。
フリーで行ってもよかったんだけど、結局値段的にはそんなに変わらないっぽかったので、JTBのツアー(飛行機と宿、現地送迎のみが付くもの)で、ボラボラ3泊、タヒチ3泊の6泊7日のやつ。

【ホテル選択】

ここで問題になるのがボラボラ島のホテル。
当然行くからには憧れの水上コテージに泊まりたい!
部屋の床がガラスで、そこから熱帯魚にエサやったり、朝起きてそのままベランダから海に飛び込んだりしてみたい。(ベタベタですね)
いろいろ迷った挙句、日本人が多いインターコンチ、ヒルトン、メリディアンとかは外して「SOFITEL」に決定。

こんな感じ

・・・うん、宿泊者しかいない島ってなんかいいじゃん、今回の目的にぴったりじゃん?ということでサクッと決定。
ちなみに、お値段的にもここが一番安いクラスでしたw
ちなみにJTB経由だと、基本シャワーのみの水上コテージの中で、バスタブ付きのデラックスタイプが指定となるようです(←伏線)。

【事前準備】

ってな感じで、あとは行くのみ!
とにかく「何にもしたくなかった」のでw事前にアクティビティ等は一切申し込まず、現地での気分で決めることに。

あとは、とりあえずシュノーケリング道具(ゴーグルとシュノーケル、それから日焼けを防ぐラッシュガードとマリンシューズ)だけ持って行きました。
行ってみるとわかるけど、とにかく日差しがハンパないので、男性でも半袖ラッシュガード(海にそのまま入れる、紫外線カットのTシャツみたいなもの)は必須。
ちなみに相方は長袖パーカータイプのラッシュガードと、ラッシュガード生地のトレンカ着用で完全防備でした。
あと、海底はサンゴで、ウニ等もいっぱいいるので、裸足で泳ぐのは危険。マリンシューズ必須です(まぁ実際はホテルでフィンを貸してもらったので、シーカヤックを漕ぐ時くらいしか履かなかったけど)。
ちなみにここらへんのグッズは、シーズンオフだとスポーツ用品店に行ってもなかなか売ってないんですよね。ということで、基本はネットで、女性水着等のフィッティング必須なものはサーフ系の実店舗(意外に池袋にたくさんある)で購入。

あ、あと大事なのは、iPodとポータブルスピーカーね。
部屋で現地のTV(当然フランス語)を見るのもいいけど、どうせわからないので、常に部屋では音楽を流してました。
ちなみに2ヶ月前くらいからタヒチ用のプレイリストを作っておいたので選曲も完璧w
ポータブルスピーカーは、安物だと音が悪くてイライラするだけなので、そこそこ低音が出るやつ必須です。
ウチで愛用してるのは、価格5K以下、ステレオなのに一体型&ペットボトルサイズで持ち運びしやすく、実用最低限(ホントに最低限)の音が出るこちら(最近BT対応モデルが出たみたい)。

その他準備したのは、やはりカメラ。
とにかく美しいと言われるボラボラの風景を撮るのに一眼レフを持って行こうとも思ったんだけど、もうちょっと緩い気持ちで行きたいんだよね〜、ということで「最強のお散歩カメラ」の異名を持つRICOH GR Digital IVを装備(そろそろカメラ買い換えたかったんでちょうどいいタイミングかな、と)。しかも1000台限定のホワイトモデル〜♪
さらに、海中撮影用として同じくRICOH PXを装備(モデル末期で¥8k!)。
いつのまにか俺リコラーですねwあとは予備のメモリカードと充電池は多目に。充電池は無名ブランドの互換品で十分です。

さ、じゃあ旅立ちましょうか。

>>その2

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m