jump to navigation

さて,期待に応えて,今日も行ってきました青葉山. 1999/08/27

Posted by むき in : 未分類 , trackback

今日はついにボス,もとい偉そうな先生登場.
最初からケンカ腰なのには参った.カッコよすぎだぜ.
えーと,内容に関しては,ヘナチョコ大学院生のおいらにはよくわからんかったが,
例えば,電源の極性を変えた時と変える前のデジタル信号の差分をとったらどうこう,とか,
サンプリングするタイミングのピコ秒単位のずれが「なんとか情報」を損なう,とかいうこと(?)だったような.
もう忘れてるわ.誰か補足してください.資料買わなかったので...
「時間伸び縮み歪み」って結局なんだかよくわかんなかった.

そんで,実験設備には,民生品ベースに「大改造」を施し,f特とかがものすごくなった(!)というバケモノを使うらしい.
そうじゃないと,その「なんとか情報」はわかんないそうな.
それは,電源極性やら基盤のネジやらいろんなものによってスポイルされるもんらしい.
ふーん.まあ、過去にオーディオ雑誌を毎月読んでた時期もあったから、それもそれでわかる気がすんだけど。
でもそれってすごく主観的なもんだと思うし、それを定量的に証明するのって難しいような気がする。
しかも,その「なんとか情報」,訓練を積んだ,能力のある被験者にしか判断できないんだと.
ソースとして使ったCDも,「なんとか情報」がわかる人が選択した,「なんとか情報」が含まれるソースというわけで.
で,「単純な正弦波とかをソースに使ったら客観的に判断できるのでは?」
という質問に対し「正弦波には”なんとか情報”が入ってないですから」.
はあ,そうですか.
でも1回被験者やってみたいかも.自分が「選ばれし者」かどうか興味あるし.

やってる実験一つ一つについてはすごいアカデミックに聞こえるんだけど,全体を通して聞くと,
なんか「?」な気がするのはヘナチョコなおいらだから?
「正直者にしか見えない服」を思い出したぞ.
でもこれ,オーディオ雑誌に連載したらたぶんウケると思うな.

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m