jump to navigation

研ゼミ終了後、ダッシュでビーブヘ。 1999/05/22

Posted by むき in : 未分類 , trackback

そう。今日は井手真理子のライブなのだ。
客は少なめ。まあ、まだ売れまくってるわけじゃないから仕方ないけど。
ひな壇式の客席、下段は椅子があったので上段最前列に陣取る。ベスポジ。

バンドが出てきて、いきなりベースがあの曲を弾き始める。。。
スティービーワンダーの’I Wish’。以前彼女がジャキグラハムとデュエットした名曲。
で、客席盛り上が。。。らない。みんな知らないのか?この曲。
確かにアナログで出ただけだったけど。うーむ。
で、本人登場。かわいいっ
これは期待を上回るかわいさである。顔ちいさい!しかも歌
めちゃうま。
2曲目’CROWL’。この曲のウリとも言えるあのキメを敢えてはずしますか。
アレンジ見事。そんで、最初なんか原曲よりキー下げてるなあ、と思ってたら、途中で!
この曲のネタ元、’I Believe in Miracles’を持ってきますか。。。憎すぎー。
で、客席大盛り上が。。。らない?
おいっ、そこの客ども、だまって突っ立ってないでノらんかい!
全力で演奏するアーティストに対して失礼だろうが!
しかしとりあえず自分の腰は自動的に動くので、俺と師匠、踊りまくり>
浮きまくり(苦笑)。
師匠なんてCROWL全歌詞覚えてるしね>あたりまえ。
今回のツアーでは会場ごとにアレンジを変えてるらしくって、この演奏がここでしか聴けないらしい。
「風と共にながれて」があんなスローアレンジになってるのは驚いたし、
しかも途中からガンガン盛り上げていくのもうまい!
それにしても声。すばらしいです。鳥肌たちます。
CDだとけっこう「こもりぎみの声なのかな」と思ってたけど、すごく透明感あるのに存在感がある。
こんな声質もあるんだと驚き。

なにより気になったのがキーボード。
なんせ、ローズですよ本物の。しかも73鍵のスーツケースモデル。
やっぱ本物は音がいいし、バンドの音の中でも埋もれない。
トレモロかかったロングトーンとか、もうそれだけでイキます。マジで。
さらにオルガンはハモンドのXB−2。いい音だしてますな。

そんなこんなでシングル曲も全部演奏したし、アルバムの気になる曲も全部やってくれたし、
アンコールにも応じてくれたし、もう最高

ってゆーかかわいいっすよねーマリリン(おいおい)。マジ惚れました(にま)。
もう、一生ついていきます、って感じ。
それほど期待していたわけではないぶん、感動も大きかった。

これがタダですよ? いいのかエイベックス?!

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m