jump to navigation

iPod&iTunesがバージョンアップ 2006/09/13

Posted by むき in : Mac , trackback

先日のiMacのサプライズに引き続き、またしてもAppleの攻勢が!

昨晩のJobsの基調講演にて、待望のiPodシリーズフルモデルチェンジです。
今回の基調講演、事前の下馬評では
「iTunes Music Storeで映画が買えるようになり、映画対応のiPodが登場するのでは?」
というものだったんだけど、まさにビンゴ。

【iTMS】
iTunes Music StoreがiTunes Storeへと名前が変わり、映画のDL販売が開始。
ただし日本でのサービス開始はいつ?

iPod 5.5G
これに伴い、iPodは六代目へと進化し、スタミナバッテリ&高輝度液晶で映画鑑賞も楽勝に。
ただしこの六代目、外観は五代目と全く変わってません。
というか、これ六代目じゃないのか。5.5代目くらいだね。。
しかしこれまでの欠点(バッテリ容量、曲間ギャップ等)をことごくつぶし、さらに完成度の高いものになってることは確か。

んで、サプライズはその他のiPodシリーズも全てフルモデルチェンジしてきたこと!

iPod nano
iPod nanoは登場1年目にしてアルミボディ化&5色カラバリ(青、赤、緑、そして黒&シルバー)展開に。
完全にiPod miniの後継としての地位を得たわけですね。
ソニーもびっくりのスタミナバッテリーも搭載して、向かうところ敵なし状態。
容量は1G、4G、8G。
1Gモデルはシルバーのみ、容量アップした8Gモデルは黒のみ、というラインナップ。
未だにiPod miniが人気なのを鑑みてもわかるように、なんだかんだいってもカラフルなのは楽しいことです。
#ちなみに個人的にはオレンジを渇望しているわけだが・・
あれ?そういや白モデルがなくなったのね。白nanoは今後、ちょっとレアになるかもね。
価格面で見ると、8Gモデルの価格=iPod 30Gモデルの価格なのがなんか意外。
同じ値段なら、俺だったら普通にiPod買うな。8Gはサイズ優先の贅沢モデルですね。

iPod Shuffle
さらに今回一番の注目は、しぶとく生き残ったShuffle!
これまでのサイズから半分以下になり筐体はアルミへ、そして「クリップに操作ボタンがついただけ」なデザインに。
Shuffleはこれまでのモデルも軽かったから、サードパーティ製の後付けクリップとかも出てたんだけど、
まさか本体そのものをクリップにしてしまうとは。。。これぞ発想の転換。参りました。
お値段は1G、ドック付き、ギャップレス再生対応で9800円。かなり魅力。

ただこのShuffle、DockがないとPCに接続できなくなってしまったのは残念。
初代Shuffleのように「USB端子にザクッと挿して気軽に充電&データ持ち運び」という利用法ができないのは結構不便かも。
ACアダプタやDockがなくても、会社で気軽に充電できるのが強みだったのにね。
ということで、今買いなのはむしろ旧Shuffleだったりして。
まぁでもこの小ささは驚異的だよね。早くAppleStoreで現物を見てみたいもんです。

それから、たぶん俺にとってはこれが最大のニュース。
iPodの母艦アプリであるiTunesがVer.7に!!

iTunes 7
iTunesヘヴィユーザが渇望していた「ギャップレス再生」をついにサポート!!
これだけでもうご飯三杯は行けます(意味不明)。
これでようやく、MixCDをトラック単位&全トラック結合の2パターンで二度リップしなくてもよくなったYo!

さらにこの新iTunes、曲をジャケット一覧(本棚みたいなI/F)から選択することができるようになってます。
実際にCDを大量に所有してる人ならわかると思うけど、聞きたいCDを探すのって、曲名やアーティスト名じゃなくて、ジャケ背の色だったりしない?
そこまではいかなくとも「アーティスト名忘れたけど、あの黄色いジャケのやつ」みたいな探し方がPC上でできるようになったってのはすばらしいことですよ。
もちろんこの機能をフル活用するには、曲データにジャケ写を取り込まなくてはならないんだけど(iTMSで買った曲であれば最初からジャケ写が付いてる)、この作業を省力化する機能まで搭載されてます。
どうも、iTMS内にある曲であれば、ジャケ写を勝手にダウンロードして曲データに貼り付けてくれるという機能がついたらしい。
なんて太っ腹なんですか!!
日米Amazonのジャケ写も勝手に取得してくれたりしたらさらにネ申なんだけど、まぁこれはさすがに無理か。。

また、ヘヴィユーザ向けに「複数ドライブへのライブラリ分割」や「CD、DVDへのバックアップ」機能なんかも追加されてます。
そしてPC>iPodの曲転送だけでなく、これまではサードパーティのツールを使わなければできなかったiPod>PCへの逆転送ができるようになってますね(ただし著作権保護の関係上、iTMSで買ったDRM付きデータに限る)。
また、これは未確認情報だけど、スマートプレイリストで「途中でスキップした回数」とかも条件に加えられるようになったみたい。
これはかなり便利かも。「途中でスキップした曲を含まない」という条件を1文入れるだけで、気に入らない曲を簡単にはじけます。

さぁ、これはもう、他社ウンコソフトの追随を許さない完成度になってきました。すばらしいよApple(*´д`*)ハァハァ
帰宅したら早速インスコして弄くりまわそう。

【iTV】
さて、今回の基調講演でJobsが話したのはiPod&iTunesだけじゃないんです。
最後にチラッと「iTV」なるものを発表。
2007/1Qに$299で発売するらしい。

コレはどうやら、噂されていたAirMacExpressの映像版ですね。
つまり、PC(内のiTunes)で管理する全てのコンテンツ(音楽と映画)をワイヤレスでリビングのTVに配信するシステム。
ソニーでが既にロケフリ等で同様のソリューションを展開してるけど、Appleの場合コンテンツホルダ/コンテンツ配信システムと連動してるってのが普及のドライバになりそうな予感。
ついにAppleのリビング進出が始まるのか。。。この製品、かなり期待できそうです。

こうなってくると、あとはApple版PSPの登場を期待してしまうね。
今年の年末には、Microsoftが満を持して発表するiPodキラー、Zuneが登場するわけだけど、おそらくこのタイミングに合わせてAppleもiPodのフルモデルチェンジをしてくるんではないでしょか。
ということで、無線LAN&ワイド液晶搭載iPod、今年のクリスマス商戦に登場か?

コメント»

1. 音楽無料ダウンロードとiPodの使い方 - 2006/09/16

ipod nanoさらに進化しました。…

トラックバック失礼いたします。ipod nanoさらに進化しましたね。 (more…)