jump to navigation

今こそNへ? 2007/01/19

Posted by むき in : 未分類, Desires, Railways , trackback

職場が丸の内に移転してからというもの、アキバのヨドバシ、有楽町のビック等に週3回は通うようになっっちゃいました。
んで、何を見てるのかというと、家電やPCはもちろんなんだけど、もっぱら模型。

その中でも、特に鉄道模型!

小学校高学年の頃から大学前半くらいまで細々とやってたNゲージ。
当時はとにかく高価だったので、中高生の頃は車両セットなんて全然買えず、小遣い貯めて1両単位で配備してたっけ。。。
#実家にある、ボロボロに擦り切れた1985年版TOMIXカタログを読むと、未だに懐かしさと共にちょっと切ない気分になります。
しかしその後、金はあっても時間(とスペース)がない身となり、いつのまにか模型店から遠ざかってたんです。
(一応、専門誌は今でも毎月欠かさず買ってるんだけど。。)

んで、なんかここ最近、鉄道模型が妙に盛り上がってないか?と。
アキバに行っても、これまで全然なかった鉄道模型専門店が結構オープンしてるし。

思うに、
・ネットオークションの隆盛
→プレ値狙いの転売屋が多数出現
→メーカー側も希少価値に目をつけ、数量限定販売や小ロットでのマニアックな車種を生産
→コレクターズアイテムとしての価値が高まり、これまで鉄に興味のなかった新参者が多数流入

・ネットオークションの隆盛
→セコハン流通が増え、価格的な敷居が低下
→これまで価格的障壁に遮られてきたユーザ層が流入

・ネットショップの一般化
→店舗にコストをかけないセット専門ショップが格安販売をするようになった
→フツーの小売店でも、対抗して20%以上の値引きで販売
→これまで価格的障壁に遮られてきたユーザ層が流入

・新規ユーザの流入
→雑誌/ネット(Blog等の個人メディア含)の煽り
→趣味人口と供給メーカーのさらなる増加
→開発費がかけられるためメーカーの技術革新も進む
→これってN?というようなディティールが普通になり、電子部品の低価格化のおかげで制御系技術も一気にデジタルへ革新

・・・そして、こんな好循環を目の当たりにした既卒業Nゲージャー(俺とか)が逆流?

俺が小学生の頃は、Nゲージメーカーというと完成品の「トミックス」「カトー」そしてキットの「グリーンマックス」というビッグ3だったんだが、いまやメーカー百花繚乱状態。
ガレージキット的なマニアックな車両も数多く製品化され、メジャーな国鉄型が中心だった当時からすると隔世の感があります。

で、こんな近年のNブームをさらにダメ押ししたのが、トミーテックの「鉄道コレクション」(Wikipedia)。
鉄道模型+食玩、というこれまでなかったアイデア、しかもトミックス譲りの優れた造形と低価格という魅力で爆発的ヒット。
模型化題材が昭和30年代を中心とした地方私鉄物、というこれまでのNにない激渋なジャンルを選択したのもヒットの要因か?
とにかくこれが、いい年したオサーンモデラー(元Nゲージャーを含む)逆流のきっかけを作ったといってもいいでしょう。

俺も、地方私鉄物を細々と作り続けてきた者としてこのシリーズに魅力を感じないわけにいかず、しかも買いやすい値段もあってカートン買いしたわけです。
で、最初はツルシ状態で飾って眺めてニヤニヤ・・・で済んだんだけど、どうせなら動かしたいぞ、と。
しかも、ディティールアップとかもしてみたいぞ、と。

そんな気持ちをさらにバックアップするべく、トミーテックの快進撃は続く。
専用動力ユニット、N化パーツセットを同時発売!
さらにこのシリーズ、市販のN用のディテールアップパーツを流用することが容易なので、ズブズブとNの世界へユーザを引き込んでいくわけです。

で、実際走らせるとなると、次に困るのはスペースの問題。
実際、都内のウサギ小屋に住む者にとって、レールを存分に引き回せるスペースがあることは稀。
しかし、そんなこともお見通しのトミーさん、卓上サイズにエンドレスを引き回せる小半径レールをラインナップ!

これで進路オールクリアー!
とりあえず鉄コレに動力ユニット組んで、小さな小判型レールの上で走らせたら絶対楽しいはず。
もう眺めるだけで数杯飲めちゃうはず(笑)。

・・・そんなわけで、俺にとって今年は、ついにN復活の年になりそうなヨカーン。。

こんなことを考え出したら突如気になりだしたのが「入門用セット」。
最低限の車両、レール、パワーパックをお買い得にセットにした、夢一杯のパッケージ。
そういや俺も、お年玉貯めて「TOMIX ベーシックセット1(当時1万円)」を買って、この世界に入ったんだった(遠い目)。
もう入門者でもねぇべ、という気持ちから、それ以来気にもしてなかったんだけど、改めて見るとコレ魅力的じゃね?
敢えて今入門セットを買って、箱を開けてレールをつないで車両を乗せ、パワーパックのつまみを回すって、あの頃に戻れるような気がして、なんかすごいワクワクしね?

そんなことを考え出したら、物欲が止まらない。

車両はとりあえず鉄コレを動力化すれば不要だし、小半径エンドレス+パワーパックがあればいっか。
あ、でもパワーパックは実家にあるから、机の上で簡潔するような小半径エンドレスのレールだけでいいな。

・・・こういう大人を相手にした商売、メーカーサイドも十分考えてて、「省スペースの車両レス・低価格オールインワンセット」みたいなのが出てるんですね。
パワーパック+レールのセットとか、レールのみのセットとか。

うーんやばいね。
これに加えて街コレとか買い始めたら、もうダメ人間まっしぐらだね。

ちなみに鉄コレの方は、3月に第4弾が発売予定
今回は、これまでグリーンマックスの独壇場だった17m旧国(の私鉄払下げ車両)中心のラインナップになるとのこと。
3弾は「全然大手私鉄じゃん!」ということでスルーしてたので、久々の鉄コレ、かなり楽しみです。

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m