jump to navigation

JNMAフェスタ突撃&EF81配備 2007/07/09

Posted by むき in : Railways, Models, EL , trackback

夏の鉄系イベント第一弾!
昨日はJNMA(Japan N-Gauge Modelers Association)フェスティバル@浜松町に行ってまいりました。
このイベント、Nゲージを扱う中古屋&ガレキ/パーツメーカーの祭典、ということで、何か掘り出し物があるかなぁ、と参戦。

結果:あまりめぼしい物はなかったかも。

フェスタというからには「どこで買うよりお買い得」もしくは「ここでしか買えない」観を煽られないと購入意欲は沸かないんだよね。
個人的にうれしかったのは、銀河モデルのパーツがタイムセール(15時からは全品半額)だったこと。
EF81とかEF58に付けたかった常磐線アンテナをまとめて入手。あとKATOの旧製品DD51用のスノープロウとか。
今回の目的の一つに「EF62追加配備!」というのがあったんだけど、値段とコンディションを天秤にのせ、特に「買い」と感じたものはなし。
とりあえず、TOMIXのEF71(後期型)新品が半額以下だったので購入。
あー、71を買ってしまうと今度はキハ181系揃えて「つばさ」をやりたくなるなぁ。
その他、特定ナンバーの特製完成品等もかなり魅力的だったけど(EF62-11、EF58-132とか)いかんせん高いっす。。
工作派のためのパーツ即売も、イマイチ俺の守備範囲にガツンと来るものは少ないし。。。
(あとからRMMを読んで知ったんだけど、日立電鉄モハ13のキットが出てたらしい!うーん、ミスった。。。見逃してたよorz)

いやー、それにしても「ヲタの祭典!」という雰囲気が炸裂してて、普段銀座や恵比寿には絶対いないであろう人種が多数見かけられました。
「そうそう、これぞ鉄ヲタだよね!」というステレオタイプな人々。
・・・そういう意味では楽しかったかも(注:自分のことは棚に上げてます)。

で、それとは別に、交直流機を初装備しました。
今回は、ようやく再販なったTOMIXのEF81。
カタログに載っている製品が常に買えるとは限らないという状況の中、「後で中古を探すよりも新品在庫がある時に割引店で買った方が安いこともある」という教えを胸に、新品で購入。
TOMIXの81と言うと、80年代のショボい味のあるモデルの印象しかなかったけど、今の製品はすごい品質だねぇ。
出戻りNゲージャーにとってはなかなか刺激的ですわコレ。

さてこのEF81、39号機以降の大量配備以後の姿がモデル。
国鉄時代の常磐線でこのタイプと言えば、やはりスター:81号機でしょう。
85年つくば万博でお召し列車を牽引したロイヤルエンジンですね。
今は星ガマ(北斗星専用色)になっちゃったけど、やっぱり赤13号+シルバーラインが一番。
そりゃもちろん、この姿を再現したい所。

ただし、国鉄時代の81号機を再現するには唯一ジャマなものが。
それはJRになってから装備された「JR無線アンテナ」。
国鉄時代の仕様では、このアンテナではなく、隅田川貨物駅進入用の「常磐線無線アンテナ」という小さな帽子が付くんですね。
そう、これはつまり、(↑)のJNMA戦利品。
あとで早速交換したいと思います。

さて、TOMIXのEF81には様々なバリエーションがあるんだけど、非常に欲しかったのが、「初期型ローズピンクモデル」。
2〜38号機の初期型と言われるEF81は、屋上機器とテールライト、電暖表示灯の形状、正面通風機&20系連結用ジャンパ栓の有無等の違いがあり、やはりマニアとしては両方揃えたいところ。
(さらに言えば、助手席側ランボード長さ(初期型は左右対称)、ホイッスルカバー長(初期型は短い)の違いもあるんだけどここまではモデル化されてない)

常磐線絡みだと、85年度にEF80置換え用として富山二区から田端区へ転属した11-18号機がこれにあたり、平駅の機留線で飽きるまで眺めた思い出のカマ。
だがしかし、この製品「限定品」だったんです。。。
それほどプレミアはついてないとは言え、まずタマ数が少ない。
オークションでもなかなか出ないし、中古屋でも割と高値安定だし。
そんなある日、某中古屋にて、新品同様品を定価以下で発見!
・・・5分悩んだ末、購入。

さっそく並べてニヤニヤ。

746799030_03ed0b53b1_b.jpg

さて、こいつを常磐線仕様にしようと考えてハタと手が止まった悩みどころが2つ。
・付属のナンバープレートに11-18号機がない
・常磐線無線アンテナが付いていたかどうか、また付いていたとしたら取り付け場所が不明

前者はまぁ流用と軽工作でなんとかなるにしても、後者は手持ちの資料を漁っても全然出てこなーい。
田端区所属の初期型って、JR化前は1年くらいしかいないので、写真(しかも屋根上がよくわかるモノ)が皆無なんだよね。。。
86年にはJR無線アンテナの取り付けが始まっちゃうし、末期には隅田川(貨)進入もポータブル無線機でOKだったらしいから、もしかすると取り付けなかったのかも。
まぁこれはチマチマ調査していきたいと。

常磐線のEF80&EF81に関しては、配置表&運用表を片手にけっこう調べたので、この話題はまた改めてエントリします。
あ、それからEF81-300の内郷時代再現のためにも、ぜひTOMIXには300番台(国鉄バージョン)を出していただきたい。。。

【関連エントリ】
夏の鉄系イベント第2弾:鉄道模型ショウ2007

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m