jump to navigation

GM板キット消化中 2007/10/09

Posted by むき in : Railways, Models, PC , trackback

「見つけた時が買い時!」の教えを守り、見つけた時に買うようにしていたGMの旧型客車板キット。
だんだん在庫がたまってきたので、ちょっとずつ消化しないと、と、重い腰を上げました。

とは言っても、GMの板キットを組むなんてリアル厨房の時以来。
つまり、10年以上ブランクがあるわけですよ。
基本的に鉄道車両って箱型なので、板を箱状に組んで接着すりゃいいんだけど、接着が基本的にイモ付けなんで、各軸の垂直をキッチリ出すのが非常に難しい。
パチンとはめりゃマスが狂うことはない最近のガンプラと違って、すごく神経使うんです。
で、さらに、組んだ後は塗装が必須。
下地処理をきっちりやってマスキングをして、ダマにならないようにスプレーで塗装。これもまた難しい。
さらにその後、形式番号とかのレタリングもしなくちゃならない。

そんなわけで、ウォーミングアップも兼ね、マニ44から作り始めることに。
理由:
・比較的近年のキットなので、パーツの合いがよい(と思われる)
・屋根含め単色塗装なので、面倒な塗りわけも必要ない
・2両セットなので、1両で感じを掴んだら、感覚が忘れないうちに2両目で反復学習できる

さ、工具をそろえたら、早速スタートです。

まずは、車体関係のパーツを全部切り出してゲート処理。
まぁここらへんは工具がしっかりしてれば問題なし。アートナイフプロ+平刃、最強伝説。
で、パーツ同士の合いの確認も含めて仮組みしてみたんだけど、これまでの多くのインプレにあった通り、このマニ車高高すぎ!
おそらく台車と車体の干渉を気にして車高をグンと上げたんだろうけど、他社製品との混結を考えるとこれはいただけないでしょう。
ということで、側板内側の床板ストッパー部を加工して車高を下げることに。

ストッパーを見てみると、T字になってます。
なぜか車体中央にチョコンと下向きにでっぱりが付いてる。
なんだ、これ削れば2mmは下がるじゃん。
ということで、これまたアートナイフプロ+平刃でザクッと削ります。

一方で、床板は逆さΩ型(両端が2mmほどキックアップしている)。
ということで、この当たりを避けるため、当該部分のストッパーも削ります。
この加工を施すことで、とりあえずKATOのスニ40と同じくらいの裾のラインになりました。(ベンチレータがデカいので車高は相変わらず高いけど)
台車の干渉も、R280であればOKでした。
でもやっぱり、もうちょっと下げたいかも。最終的には台車マウント削るしかないな。。

さて、下処理も終わったので、ようやく車体組み立てです。

1両目は、側板と妻板をL字に固定し、それを2組作って組み合わせ、箱型にした後屋根を固定する、という順番で。
・・・やっぱり直角をきれいに保持しながらパーツの上下の合いをキープするのって難しい。
タミヤセメント(白キャップ)の遅乾性に助けられました。
箱にした後は屋根をハメ込み、緑キャップを流し込んで固定。ふぅ。

2両目は、側板と妻板をL字に固定して、それを屋根へガッチリ接着。
そこへ2枚目の側板を接着し、最後に反対側の妻板を接着、という流れで。
あ、こっちの方が楽かも。
白キャップをたんまり塗ることで接着強度も十分に確保できるし。
んで、箱型になった車体をニヤニヤしながら眺めてたら、ハッ!!

屋根板の前後間違って接着してたorz

白キャップにてガッチリ接着されたパーツを外すことはもうできないので、なんとか辻褄合わせを。
ガーラントベンチレータの位置に関しては、そもそもキットにエラーがあるらしいので、細かいことは気にしなーい(苦笑)。
ただ、(元)常務員室上の箱型ベンチレータの取り付け座はかなり目立つ。
ということで平刃で削りました。
んで、乗務員室上の正規の位置に箱型ベンチレータをイモ付け。座がない方が車高が低くなっていいかも。

んで、車体の接着待ちの間に床板を作ります。
GMの客車キットって、床下機器を一つ一つ固定しなきゃならないのね。
これはかなりめんどくさいが、しかし実物をよく見るいい機会になるなぁ。
もちろんマニ44は実車は既に鬼籍入りなので、Webで写真を見つつ、説明書も見つつ機器を固定。

この床板に台車をパチンとハメ込み、車体に仮固定すれば、とりあえず完成!
久々のキット組み立てにしちゃまぁまぁのデキか。慎重に作業したので、ここまで3時間かかりました。。。

さて、あとは車体の水洗い>塗装>レタリング>半艶クリア、と工程は続きます。
模型としての見た目は、この後決まると言っても過言ではないですね。

んで、そろそろインレタを用意しないと、と思って準備を始めたんだけど、GM謹製のレタマークでは、形式番号と「荷物」表記しかないのね。
荷物車って、もっとこう、細かい表記がいっぱい付いてるからカッコいいんじゃないですか。
そんでなくともマニ44は屋根まで一色なので、どうも表記がつかないと間延びしてしまう。
・・・ちょっくら模型店でインレタ仕入れてこないと。
とりあえず、所属表記(北オク、北スミあたりか)、換算表記、妻板の検査表記くらいは貼らないとカッコつかないよね。
それから、マニ44等のパレット車の写真を見ると、なんか「パレットの積み方」みたいなマニュアルちっくな標記もサイドに貼ってあるくさい。このインレタ、どっかから出てないだろうか。
サイズがサイズだし、楊枝で白塗料をチョンチョンとやるだけでそれっぽくなるとは思うが。。。

こんな感じで、続きは後日〜。

44.JPG

【後日談】
GM マニ44完成

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m