jump to navigation

本日の戦利品(TOMIX EF71) 2008/04/21

Posted by むき in : Railways, Models, EL , trackback

img_5871.JPGimg_5875.JPG

4月の異動で職場がアキバから遠くなり(といっても+15分だけど)、業務時間帯も180度変わってしまったため、これまで週刊だった中古屋巡回ペースが落ちてます。
中古は出会いがキモなので、単純に行く回数が減ると、出物との遭遇確率も減少するわけで。。。
まぁ、思わぬ散財が減るのはいいことなんだけどね。

そんな中、久々のアキバ巡回時に見つけた1両。
久々の交流機、福米のヌシ、EF71(一次型)です。

個人的には、板谷峠が葬式鉄に蹂躙される前に乗った「EF71+ED78+50系2輌」という超パワーもてあまし列車が強烈に記憶に残ってます。
乗ったのは確か夏休みだったはずだけど、冷房のない50系でも、ユニットサッシを全開にするとすごく涼しかった気が。
そんで、むせかえるほどの草木の匂い+枕木の匂いの中、ゆっくりとスイッチバックを繰り返し、峠を登っていったっけ。
峠駅で車窓から「峠の力餅」買って食べたりとかね。
今考えると、これぞスローライフですね。

当時はまだ、つばさも485系だったし、福島のヤードに旧客が留置されてたりして(既に運用は消滅してたけど)、なかなか楽しい空間でした。
米沢に着いて、米沢牛弁当を食べながら、初めてキハ22とかDE15とかを見たような記憶も。

・・・こんな風景を思い出す縁として、やっぱEF71は複数装備したいところなんですね。

さて、TOMIXのEF71は
(1) 初代EF64-1000やEF81と下回り共用で作られた初代ロット(スノープロウなし。ボディカラーが明るいのが特徴)
(2) 板谷峠さよならセット近辺の次期のロット(ボディのみマイナーチェンジ)
(3) 現行EF81のFW動力ユニットを流用&カプラーボディマウント&運転席シースルーにフルモデルチェンジされ、1次型2次型が作り分けられたロット
の3種類あるようです。

狙うはもちろん最終ロット。
カプラーがボディマウントになり、運転席ディティール(ちゃんと薄緑に着色済!)もキッチリ作ってあるのが素晴らしい。
ボディマウントカプラーはSHINKYOカプラー化も簡単にできるので、KATO系の車両と連結する時も安心。

関連エントリ:TOMIXのボディマウントカプラー機関車にSHINKYOカプラーを取り付ける

なによりコレ、1次型と2次型がきちんと作り分けられてる(電暖表示灯のサイズ、運転席通風器の有無、テールライト形状等)のもナイス。
ここまでやられちゃうとやっぱり両方欲しいよね〜。

で、このカマ、中古市場では意外と安値安定なんです。
関東地区ではあまり馴染みのない&現存しないカマであるせいか、意外と売れ残ってたりして。
特に顕著なのは、14号、15号の2輌しか存在しない2次型。
さすがに実車が2輌しかないと、そんなに大量装備する気にもならないもんね。
こちらは、以前某店にて新古品をなんと2kで入手。15号機として運用してました。

んで、先日。
アキバ某店にて、珍しく1次型を発見。しかもナンバー取付け済みということで3k。
見た目、灯火はOK。
走行は渋かったけど、集電系の劣化っぽかったので、まぁ自力で調整可能でしょう。
ということで、お買い上げ〜。

前ユーザがご丁寧に列車無線アンテナを取り付けてくれてたんだけど、国鉄時代には存在しないので、取り外します。
ピンバイスで穴開けて付けてあったら穴埋め面倒だなぁ、と思ってたんだけど、なんと前ユーザさん、ゴム系で接着してただけでした。
素晴らしい!指でむしったらキレイに取れたよママン!
つか、EF81とか、国鉄時代から活躍してるカマは、全てこの仕様(列車無線アンテナ後付け)で出して欲しいです。
EF81、買うたびに無線アンテナ外して穴埋め(+ウチの場合は常磐アンテナ取付け)>再塗装ってのがめんどくさくてねぇ。

で、お次は問題の動力調整。
台車を外してウォームギア部分をのぞくと、中にはグリス+カーペットの毛がペースト状になった塊が。。。こいつが犯人か。
まずこれを、爪楊枝とピンセットと綿棒+レイルクリーナーを使って除去。
ついでに集電スプリングが当たる部分も、油分を除去してピカピカに。
そして、台車を分解して車輪を洗浄&ギアに絡まったカーペットのホコリを除去、そして余計なグリスも除去。
集電板とスプリングをクリーナーで磨いて再組み立て>試運転。

すばらしい!
音もなく、超スローから高速まで思いのままです。
いやぁ、中古ってどこで走ってたかわかんないけど、ちゃんと動力調整すれば変わるもんだね。

ということで、これからチョコチョコいじっていきますよ。
と言っても、デキは文句ないので、カプラーをSHINKYOに交換して、パンタと屋上機器に色入れするくらいかな。

img_5879.JPGimg_5877.JPGimg_5874.JPG

こうなってくると、デキのいいED78が欲しいなぁ。。。
あ、でも米沢や山形駅を意識するとなると、ED75の700番台も欲しくなってきちゃう所。
700番台も最近店頭で見かけないのよねぇ(兄弟であるED79は中古も在庫過多っぽいんだが)。
つか、ナナゴってほんとに最近どこに行っても見かけないんだよねぇ。

とか言ってたら、TOMIXからED79リニューアル情報キター!
FW動力、運転台シースルー、開放テコと手すりが別パーツ化、さらに0番台と100番台を作り分けですと。
100番台なんて、もうナンバープレートを変えるだけで即ED75の700番台に戻せるじゃん!

というか、この調子でナナゴもリニューアルしますよねTOMIXさん!?
ツララ切りつきの0番台、長町の100番台、奥羽ブルトレの700番台、高速貨&ゆうづるの1000番台と、どんどんバリエーション展開してほしい所です。
ただ、ちょっと気になるのは、このボディの小ささでFW動力+運転台シースルー化してしまうと、相当ウェイト減だと思うんだよね。
そうすると、牽引力は極悪に悪くなりそうな予感。実車同様、長編成は重連運用じゃないと無理かも。
しかし、リニュ製品が出れば旧製品が中古に出回る>それを安く回収して楽しむのもアリですね(最近はED76がそんな状況だし)。

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m