jump to navigation

シリコン入れました? 2008/12/24

Posted by むき in : Mac, Music , trackback

現在我が家に装備されているiPod部隊は、

・初代iPod (5G)
・初代iPod mini (4G)
・初代iPod shuffle (1G)

の3機。
でも、全部合わせても10Gしかない!
一方、母艦であるiMacには、現在ライブラリが180G強。

・・・そりゃ当然全部入るわけない。
ということで、スマートプレイリストをフルに使って工夫しながら、こまめにプレイリストを入れ替え、やりくりしてきたわけです。

ところで、最近iPodを最も使うのはクルマの中。
Dockケーブルでカーステに繋げるアダプタを導入して以来、唯一Dockコネクタがあるminiが大活躍中です。
でも、旅行に行く時とか、長期間家を離れる際はminiだけでは容量が心許ないんだよね。
コレとコレは持って行って、あ、でもそうするとコレを外さないと容量オーバーだし、みたいなプレイリスト選択の駆け引きが日常茶飯事。

・・・コレじゃ、iPod持ってる意味なくね?
20年前で言うと、カセットケース(テープ10本くらい入るキャリングケースがあったよね)に入れる10本を選ぶみたいな。
10年前で言うと、CDケース(生のCDが20枚くらい入る、不織布+ビニール製のキャリングケースがあったよね)に入れる20枚を選ぶ、みたいな。
こういう手間がめんどくさいから、とりあえず全部持ってっちゃえば?という発想からできたのがMP3でありiPodだと思うですよ。

ということで、今時そんな苦労をするのはダサい→iPod買い替え計画発動。
iPhoneは、もちっと枯れてから買うとして、某茄子でClassicでも買うかね〜、と。

小茄子 orz
というか、Nゲージ方面で散在orz

ということで、コスト最優先で大容量のiPodを入手するにはどうしたらいい?と発想をシフト。
そりゃもちろん、今あるやつをパワーアップすればいいわけで。
とすれば、最近のフラッシュメモリの安さは異常なんで、iPod miniにコンパクトフラッシュを入れて大容量化すればいいじゃん、と。
iPod miniにはマイクロドライブが採用されていたので、同サイズのコンパクトフラッシュを買ってくれば、何も考えずリプレースしてフォーマットするだけでOKみたい。
iPodのバラしは初代でしかやったことないけど、最近のモデルに比べりゃminiの分解はまだ楽勝でしょ。

車内ユースがメインだし、別にカラー画面とか写真/ビデオ再生なんていらない>買い替えなんて不要だよね(負け惜しみ)。

ということで、こいつにまだまだがんがってもらいましょう。

dsc08243.JPGdsc08244.JPG

そうと決まれば話は早い。
とりあえずWebで最安クラスの32GのCFをポチ。7k弱で買えました。
あとはバラしのHowToをWebで検索し、準備完了!

dsc08250.JPG

どうせバラすんだったら、バッテリーも高効率のものに交換した方がいいか、とも思ったけど、バッテリはまだまだ劣化してない(&車内で使う時は電源供給される)ので、今回はパス。
ちなみに、今回参考にさせてもらったのは、こちらのサイトさん。感謝です。
iPod mini 16GB CF(コンパクトフラッシュ)換装 バッテリー交換 全工程
iPod mini 32GB換装

では、作業にかかります。
上記サイトの順番に作業を進めれば、全く難しいことなくバラシ終了です。

以前初代iPodをバラす時に使った専用スクレイパーはなくした(笑)ので、今回天板と底板をはがすのには、いつも模型作りに大活躍している、OLFA アートナイフpro(平刃)を使用。
コレ、うまく使えばほとんど傷なくバラせます。平刃の薄さと硬さと幅の勝利。
あとは、今の時期だと「暖かい部屋でやる」これ重要かも。両面テープが意外と強敵なので。
注:バラす前にiPodをロックしておくと、へんな時に電源が入ってアタフタしないので覚えておきましょう。

dsc08245.JPGdsc08246.JPGdsc08247.JPGdsc08248.JPGdsc08249.JPG

ちなみに、マイクロドライブを包んでいる耐衝撃用の青いゴムパッキンと、それを固定する黒いビニテープみたいなものは全部廃棄。
だって、スピンドルがあるマイクロドライブだったら衝撃に気を使うけど、今回入れるのは軽いシリコンだからね。

ということで、マイクロドライブの代わりにCFをコネクタに挿し、バラしたのと逆順に組み立てれば完成〜。

dsc08252.JPGdsc08253.JPGdsc08254.JPGdsc08256.JPG

電源を入れると、iPod画面に「ドライブがフォーマットされてません」的なアイコンが出ます。

dsc08259.JPG

ここで焦らず、母艦につなぎ、iTunesからレストア、と。
「一回抜いてまた挿せ」と言われるので、コネクタを外し、再度接続。
これで完了。

iPod上で容量を確認すると、30Gに!
作業開始から30分ほどで、無事大容量化完了〜!
さぁ、これでロングドライブも怖くない。

dsc08260.JPG

で、早速ここからSyncさせてみます。
とりあえず、30G分のランダムプレイリストを転送〜。

・・・・遅いんですけど。

30G分、転送に大体3時間くらい?
というか、途中で業を煮やして、2/3くらいでSyncを止めちゃいました。
USBが遅いってのよりも、安いCFだから書き込み速度が遅いんだろうなぁ。。。
母艦の容量がデカい>全曲入れ替えを頻繁にやる者としては、この所要時間を計算してSyncさせないと、今後キツいかも。
でかける前の晩にSync、とかじゃないといかんね(笑)。

ま、ともかく、アレだ。
ガワは古いが、中身は最新のiPod(touch)と同等の容量を持つ初代iPod mini、ってのがカッコいいじゃないですか。
ハチロクでGTRをぶち抜く的な楽しさがあるじゃないですか(ないない)。

しかしまぁ、こうやってプラットフォームをなかなか乗り換えられないのは、俺の仕様ですな。
ex. 95年購入のPowerMac7500の遺産を、パーツ交換、筐体交換(!)等を経て今なお現役

この買い物をする時に知ったんだけど、1.8inch HDDのガワにCFを挿せるアダプタとかも売ってるのね。
コレ使えば、安いCFを使ってSSDができるなぁ。
そんで、ウチのVAIO UをこいつでSSD化すれば、あの爆遅動作が少しは改善されるのかも。
…ちょっとやってみたいかも。

コメント»

1. カズヲ - 2009/01/06

な、なんてツワモノwwwwwwww
さすが(私の心の中の)師匠ですwww

ノートPCのHDD換装をしたものの、ディスプレイ接触不良ってorz
思い切って、フタを閉じてサーバ機(ファイル鯖)として使っていますわ♪

2. むき - 2009/01/09

おー、お久しぶりです。
iPod miniのディスクのシリコン化って結構メジャーみたいで、先行者がたくさんいたので助かりました。先輩方の人柱精神に乾杯!
これでジオンもあと10年は戦えます!

で、今回引っ剥がしたマイクロドライブ、デジカメに刺して使おうと思ったら使えないでやんのorz
どうやら「Appleの呪い」がかかっているようで、逃れる方法はないみたい。Appleもしょっぱいなー。
せっかくの4Gドライブ、PC用のストレージにするには小さすぎるし。。。

>フタを閉じてサーバ機(ファイル鯖)として

フタ閉じると熱暴走するマシンもあるから要注意っす!
うちのiBookG4も、閉じて外から使うと調子悪くなります。
どうやら、キーボードからも熱を発散する設計になってるみたいです。