jump to navigation

JNMAフェスで散財 2008/07/07

Posted by むき in : Railways, Models , trackback

クリアを吹いたら真っ白にトんじゃうような湿気の中(<実際やっちまったorz)、今年も年に一度の工作派Nゲージャーの祭典、JNMAが開かれました。

11時開場ということだったけど、特に限定品狙いではないので、13時過ぎにのんびりと浜松町へ出撃。
N系ブロガーな皆さんのレポによれば、開場前は大行列で、整理券が発行されてたみたいですね。
毎度ながらこの手のイベントに行くと、この趣味人口の意外な多さにびっくりします。
世の中には、こんなにもヲタがいるのかとwww俺もその一人バロス

しかも今年は、1F下のフロアでミリヲタの祭典が開かれているらしく、ミリタリー系のコスプレなどをしていらっしゃる方々も多数。

・・・こ、ここはビッグサイトですか?という特濃の空気でした。。。

さて、気を取り直し、回遊魚のように各ブースを回っていきます。
基本的にどのブースにも人だかりができていて、スムースに一周で全部は見れないので、人がはけたブースを狙い着地>次はけたブースへ、というのを4〜5周繰り返し。
これで一通り見ることができました。

今回のお目当ては、とにかくジャンク漁り。安く買って長く楽しむ、コレが基本。
収穫は、結構地味目にこんな感じでした。

・レボリューション
 直流EL用製造銘版(ジャンク100円)多数<帰ってから三菱と日立がないことに気づいたorz
 キハ20系用インレタ(ジャンク100円)
 ワサフ用インレタ<マニ44用に。パーツ全品3割引でウマー
 ELパンタ標記▲インレタ

・TMF
 KATO EF64後期型ナンバープレート(ジャンク100円)
 KATO EL用スノープロウ+カプラーバネ多数(ジャンク100円)<マイクロのカマのカプラー改造用
 KATO EF64茶ガマ用手すり(ジャンク100円)<TOMIX茶ロクニの手すり交換用
 ※ゴハチ用の可動式スノープラウ買い忘れた!もう売れ切れてたのかもorz
 ※KATOのロスト交換パーツがあったのが驚きでした。これぞホントのデッドストック。いつ生産してたんだって話(86年頃か?)。

・店名不明
 KATO モハ474用屋根×3(ジャンク500円)
 KATO クハ455用スカート&ダミーカプラー(ジャンク100円)
 KATO 空き車輌ケース×2(ジャンク300円)
 GM キハ22(一般色T車)セット(3000円)

・店名不明
 マイクロエース キハ40系500番台(寒冷地仕様)×3(計2900円)
 KATO キハユニ26(400円)<色入れ練習用として

店名不明なのは、会場地図なんて見ずにフラフラ回ってたから&レシートなんてないフリマな雰囲気のため。
ほとんど買ってないつもりだったけど、終わってみれば万券1枚コースでしたね〜。
つか、かなりガマンした、俺。

この日、でかける直前までカマをいじってたこともあり、それっぽいパーツも多数あります(その使用結果は近々公開します)。

それから、相変わらずキハを大量装備しちゃってます。
今回は東北地方なチョイス。

気動車関係が充実してた某ブースのジャンク箱にて、エーダイのキハ58とかペアーハンズのキニ28エッチング板とか、かなりレアなブツを見つつ車輌を漁っていると、どうも見たことがないキハ40系が。
KATOのキハと違って、客扉ガラスにタブレット保護柵がついてて、しかも台車がDT44A。所属は仙ココ。
うは、マイクロの寒冷地仕様セットのバラジャンクじゃん!
ということで、ザクザク掘って3両確保〜。こりゃ珍しいのをゲットできましたよ。
なぜか、帰ってきたらKATOのキハユニ26が付いていたのはオマケですか?
(・・・いや、ちゃんと買ったんだけど。あまりの値段なので衝動カート)

さらに、今やTOMIXとマイクロに完成品を出されてしまい、ほとんど存在意義がなくなったGMのキハ22キットも、未開封品をゲットです。
GMの気動車動力は有り余ってるので、T車セットで全然オッケー。
完成品もいいけどやっぱり、いろいろ考えながら、時間と手間をかけて作るのが楽しいんだよね。
・・・完成品の仕様の隙をついていくのがキットの楽しみと言えるけど、この形式の場合、ベンチレータ数とかの仕様違いも全部マイクロに蹂躙されてたっけ?

そして、隠れた逸品、KATOのモハ474用屋根セット!
KATOのモハ456の屋根は、パンタの反対側のベンチレータ配置がロの字型になってます。
どちらかというと大多数を占めていたモハ454として再現することを考えると、ベンチレータが千鳥配置のものも欲しくなるのよね。
同じKATOでも、モハ474用の屋根はベンチレータが千鳥なので、これを流用しちゃうのがメジャー。
この屋根パーツ、一時期ホビセンから単品で別売りされていたらしい。コレをを知ったのはつい最近。
そんなパーツが半額で並んでるってことで、東北急行再現の布石として、迷わずゲットしちゃいました。

この他、中古を扱ってるお店も一通り見たんだけど、結構まっとうな値付けというか、お買い得感はあまりなかったな(俺が行った時にはもうハケてたのかもしれないけど)。
特に、某有名中古店とかは、それでなくてもボッタクリ高めの値付けなのに、なんであんなに人が群がってたのか意味不明。
そして某ブースで、マイクロのED78を発見し購入直前までいったものの、試走不可でした。。。
そこそこ値段もしたし、この時期のマイクロのカマは走行チェックが不可欠なんで、泣く泣く放流。

他にもインレタ系を仕入れようかと思っていたけど、なんというか、会場の空気に疲れちゃって退散〜。

今年のJNMAは、大手(有名ガレキメーカーという意味)が元気なかった感じがしたけど(銀河モデル不参戦とか)、ジャンク度高めのスワップミート状態で結構面白かったかも。
というか、もうちょっと時間かけてゆっくり見たかったんだが、比較的一般ピープル的な感覚で行くと、群集の熱気(背後からの「どけよゴルァ光線」とも言う)に日和って遠慮しちゃうのよね。。。
ユーザ的には2日間開催とかにしてくれるとうれしいんだけど、そうするとショップ側の負担も増えるだろうし、難しいトコですね。

にしても、銀河のタイムセールでパーツをまとめ買いする気マンマンで、買うべき品番メモっておいたのに!来年は復活希望。

さて、次のイベントは鉄道模型ショウ@松屋、そしてJAM@ビッグサイトですね。物欲の夏ですね。

【関連エントリ】
2007年 JNMAに参戦

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m