jump to navigation

【保存車ビカビカ】ついに鉄道博物館へ【意外とすいてる】 2010/01/04

Posted by むき in : Travel, Railways , trackback

IMG_0468.JPG俺が「鉄」だと知った人に最近よく言われる一言「じゃあ、鉄道博物館とか行きましたよね?」

・・・行ってねーし。

飛行機も船も見れて、万世橋駅の空気の残る旧交通博物館の方が好きだったし、とか、どうせガキばっかで混んでてマトモに見れないでしょ、とか理由をつけてなかなか行かなかったわけだが、先日ついに、大宮で終日フリーになるというイベント発生。
んじゃまぁ、実車のディティール観察するいい機会だし、行ってみるか、と重い腰を上げたわけです。

さて、クルマで現地に到着したのは日曜、9:50頃。
駐車場はガラガラ。余裕で駐車。
んで、建物入り口へ行くと、すごい行列が!
・・・あーやっぱりこんな感じなんじゃん。。。と思い近づくと、単に開門前だっただけでした。

あと、開門してから気づいたんだけど、この並んでる人たちは「ミニ列車運転」とか「シミュレータ」の整理券を取るために並んでるんですね。開場と同時にダッシュしていきますね〜。
なので、この手の人々がダッシュで駆け込んだ後は、マッタリと入場券を購入し(suicaで入場できます)、館内へ入れます。

で、館内に入ったらまっすぐ向かうのは、整理券ゲットの列ではなく、実車展示コーナー。
みんな整理券のとこに行っちゃうので、意外やガラガラです。ラッキー!

ということで、自分が興味のある車輌のみ、舐めるようにディティール観察&写真を撮りまくります。
なんというか、みんな定番アングルで記念写真風な写真を撮ってる中、一人屋根上や床下機器の写真を撮りまくってる俺ヲタスwwww

いやー、でもやっぱ、実車観察はホント、リアルな模型作成の第一歩ですな。
特に、雑誌やWeb等の実車の写真を見ても意外にわからない屋根上の塗装を見れるのは、こういう場所だけだもんね。
(2階の通路から各車屋根上が撮り放題なのがかなりうれしい。また照明が暗い&ヒキがないので、広角の明るいレンズor手ブレ補正は必須)

200毎以上写真を撮った中で、ちょっとはこのエントリを読んだ方の役に立ちそうなカットをいくつか。

・EF58 89

現役末期はモニタが銀塗装だった気がするが、ここでは黒でした。
でも、パンタ周りの配色、EGダクト横の渡り板の色、無線アンテナの取り付け位置とかは参考になったね。

RIMG0008.JPGRIMG0152.JPG
RIMG0155.JPGRIMG0157.JPG

・EF66 11

新製時の塗装を再現してるみたいで、屋根上の色がとにかく(他資料と)違うのね。
パンタ台枠が黒、パンタ自体はシルバーなんて旧型電機みたいだし、模型でも目立つ屋上配管はオレンジ?黄色?という配管色。
また、TOMIXとKATOと両方のEF66は、ホイッスルが青成型だけど、本物は金色。信号炎管の先も金色。
ロクロクはこの前一両仕上げたばっかりだけど、このバージョンの塗りのロクロク(当然ヒサシなし初期型)、もう一両装備したくなりましたよ。

RIMG0169.JPGRIMG0165.JPG
RIMG0051.JPGRIMG0055.JPG

・ED75 755

どうせなら0番台か1000番台の方が(屋上機器的に)楽しかったんだけど、高圧配線の質感、ガイシの塩害防止グリスの色味なんかがすごい参考になりますね。ジャンパの雰囲気も。

RIMG0136.JPGRIMG0140.JPG
RIMG0034.JPGRIMG0033.JPG

・485系

特急電車の銀屋根って、模型だとノッペリして安っぽくてあまり好きではないんだけど、実物は部分によって質感が全然違うんだね。
基本的に屋根そのものはキャンバス地を銀塗りなのでザラザラなのか。
変圧器の配線やガイシの感じも非常に参考になります。

RIMG0060.JPGRIMG0059.JPG
RIMG0058.JPGIMG_0470.JPG

他にもイロイロ撮ったんで、まとめてflickrに載せてます。ご興味あればドゾー。

と、こんな感じで実車を堪能したあとは、全体的に館内をサラッと見てみます。

巨大レイアウトはちょっと見たかったけど、時間が合わずに結局スルー。
交通博物館に陳列されてた美しい大スケール車輌模型が、倉庫みたいな部屋に押し込まれてたり、信号その他の付属設備も、交通博物館だったら実際に触れたんだけど、これも放置状態だったのが寂しい感じでしたね。
まぁ地味なモンだし、保存してもらえるだけでもありがたいのかねぇ。

あと、シミュレータや体験系はあんまり興味ないし、ミニ電車は子供連れてきたら楽しいだろうな、って感じで微笑ましくスルー。
売店や食堂に関しては、やっつけ仕事にしないところが現代のミュージアムクオリティで、いいっすね。
そういや、鉄博限定で鉄コレの101系があったと聞いてたんだけど、もう売ってないのね。ちと残念(KATOの鉄博シリーズは全部ありました)。

ということで、模型鉄が鉄博に来たらこんな風になりました、という報告でございました。
子連れの皆さんは1日いても十分なボリュームだろうなぁ。持ち込みのお弁当を食べるスペースとかも豊富だし(455系、183系の車内に持ち込んで食べられる)、家族連れをかなり意識してますね〜。

ちなみに、駐車場は1日500円だけど、真向かいに30分100円のコインパークがあります。
つまり、2時間以内に出れる方(今回の俺)はコインパークでOK。
また、ここまで来たら、すぐ近くの大宮工場にも足を伸ばすことをオススメします(EF58青大将、EF15なんかのカットモデルが見れます)。

その後、ここまで来たら、ということで「ラーメン二郎大宮店」に行ったのは、いうまでもない。。。

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m