jump to navigation

【最後の楽園】タヒチ行ってきた【水上コテージ】その8 2013/01/15

Posted by むき in : Travel , trackback

<<その7

【7日目】

3:30、二重化した目覚ましアラームで起こされ、そそくさと準備。
日本に着いたら寒そうだけど、ここから服を着こむのもなぁ、とポロシャツ短パン+サンダルのままホテルをチェックアウト。
ちなみに残った現金は全てホテルでのチェックアウト時の支払いで使いきりました(不足額をカードで支払い)。

送迎バスに乗り込み、一路ファアア空港へ。
っていってもホテルからすぐなので、10分ほどで到着。ってか日本人こんなにいたのかよ!ってくらいの大行列。
さすがに週2便しかないので帰りは集中するよねぇ。。
ちなみに、パペーテの真珠屋の日本人スタッフさんの話を聞くと、日本直行便が出る前の日が一番売上が上がるそう(従って、ゆっくり買い物したい人はその日を外した方がいいそうな)。

さて、クッソ重たいスーツケースを預けましょう。
重量は。。。31.9kg!奇跡ですw
さすがに相当重いので、担当のお姉さんはかなり渋い顔をしてたけど、こちらがニコニコしてたら、最終的に「HEAVY」タグを付けて通してくれました。ラッキー!

R0011707

イミグレを通った後、買い物の免税手続きをして、ほぼ100%日本人の搭乗ロビーへ。
ぞろぞろと搭乗して(めちゃ混んでて窓際はムリだった)、さらばタヒチ!

R0011708

「麒麟の翼」「宇宙兄弟」「アベンジャーズ」を2回ずつくらい見つつw11時間で成田へ到着〜。
ちなみに日本もそんなに寒くなくてホッ。

なお、帰り道にどうしてもラーメンが食べたくなり、千葉の杉田家に直行したのは言うまでもありませんw

【総括】

なんとなく決めたタヒチ旅行ですが、最終的な感想は「タヒチ最高!ボラボラはネ申!!」ですな。
とにかく、あの海と山が織りなす光景の美しさといったら、もう素晴らしいの一言。どこをどう写真撮っても絵になるんですもの。

またホテルも、あまり考えないで取った割には素晴らしくよかったなぁ。
ホテルの客しか島にいない、というあの「離島感」が味わえるのはボラボラ島の中でもソフィモツ(ソフィテルプライベートアイランドの別名「ソフィテルモツ=ソフィモツ」のこと)だけでしょう。

そして、「オプショナルツアーやアクティビティを一切申し込まない」という選択も吉だった!
だって、水上コテージのデッキで海と山見ながらビール飲んでるだけで、最高に満ち足りた気分になるんですよ。
日本人って基本貧乏性だから、海外ツアーでもガンガンアクティビティを入れちゃうことが多いと思うんだけど、やはりここに来たら「敢えて何もしない」のが一番贅沢な過ごし方なんだろうなぁ、と思いました。

一方で、タヒチ本島は「ハンパに都会でハンパに汚い」というか、素晴らしすぎるボラボラの後に行ったからか、「経由地と割りきって、買い物オンリーでいいかな」くらいの認識ですね。
今回はタヒチ本島にも3泊したけど、ボラボラの泊数を多めにしたほうがよかったかも(ボラボラのホテルが圧倒的に高いので、総額はかなり上がるけど)。

ちなみに、今回出発時に成田で両替した日本円は2万円のみで、ちょうど使いきって帰ってきた、という感じ。
ホテルの食事とかカルフールのお土産代、黒真珠等の高額品は全てカード払いだったので、現金はほとんど不要でしたね(現金を使ったのは、現地スーパーでの酒、ファストフード、タクシー、ルロットでの飲食くらい)。

これまで海外って北半球の先進国しか行ったことがなかったので、リゾート系は今回が初めてだったんだけど、いやぁ、南国リゾートいいですね〜。けっこうハマったかも。
お金貯めてまた行こう!

最後に、この駄文をここまで読んでくれた方がいたとしたら、どうもありがとうございましたm(_ _)m

R0011074

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m