jump to navigation

【世界遺産】カンボジア&ベトナム行ってきた【アジア飯】(3日目) 2014/05/09

Posted by むき in : Travel, Ruin , trackback

2日目へ

【3日目】

お湯は相変わらずほとんど出ないけどw、朝食を食べてニャンさんの車に乗車。今日はちと遠出しましょう。
ちなみに今回の旅行、乾季終わり、そろそろ雨季というタイミングだったのですが、雨は一切降りませんでした。ラッキー!

さて今日の目的地は、今回の旅の主目的2つのうちの1つ、「水の遺跡」と言われる「クバルスピアン」。

車で走ること1時間ほどで、まずはその途上にある「バンテアイ・スレイ」から。
このあたり、最近まではポルポトの残党が残っていたり地雷撤去作業が進まなかったりと、なかなか外国人観光客は行けなかったエリアらしいのですが、ようやく安全に訪問できるようになったとのこと。

IMG_0989

ちなみにここの遺跡の復旧は中国が支援しているようで、エントランス(入場券売場や売店、トイレ)には中国の観光誘致ポスターだらけ。
・・・うーん、ここカンボジアなんですけど。。(ちなみに日本がメインで復旧支援した遺跡には、誰も見ないようなプレートに小さく「JAPAN」と書いてあるくらいの謙虚さw)

IMG_1025IMG_1028

つか。。。この遺跡すごいな。。
最近まで密林に覆われていたとのことで、彫刻はほぼ破壊されおらず超精密。

DSC07212

サイズ的にはとても小さなヒンドゥー寺院なのですが、この彫刻の密度感はすげぇ。。。他の遺跡と違って赤い砂岩で作られているのも独特の雰囲気。

IMG_0992DSC07181

ただ。。まぁしょうがないんだけど、アジア系観光客に蹂躙されてる感はありますな。。。マナーとかモラルとかさぁ。。

ひと通りバンテアイ・スレイを見たら、さらに車で山を登りクバルスピアンへ!
ここまで来ると、外務省の言う「渡航の是非を検討すべき」となっているエリアとなり、大手旅行会社はリスクを取ってツアーにはなかなか入れないみたい。
でもそこはオウンリスク。「水の遺跡」、ぜひ見てみたいじゃないですか。

IMG_1489

駐車場に車を停めると、そこから渓谷に沿ってしばらく登山となります。

IMG_1125IMG_1128

汗だくで山道を登ることだいたい30分くらいで滝が。

IMG_1142

さて、ここからが見所です!
こちら、特に寺院の建物があったりするわけでなく、ひたすら川底に神々の彫刻が掘られているという非常に不思議な遺跡。

IMG_1281

IMG_1313

これによって水が神聖なものとなり、それをこの下の滝で浴びるという使われ方をしたんだそうな(チーバ君曰く、病気の治療にも使われたんだとか)。

IMG_1326IMG_1331

ちなみに川底の彫刻ということで、当然水量や水の透明度によって見た時の印象が全く異なる(つまりハズレることが多い)遺跡だそうで。
我々が行ったタイミングでは水は澄んでおり、水量は多すぎもせず少なすぎもせず、非常にいいコンディション!(チーバ君が「今日は珍しい!」と写真を撮るくらい)

IMG_1269

川底一面にリンガ(神聖な性器を表す彫刻)がビッチリ掘られているのは、なんとも不思議で神秘的ですなぁ。
また、行き帰りの山道にも不思議な形の巨石群が点在し、なかなかの古代遺跡探検気分を味わえます。

IMG_1242

IMG_1203IMG_1218

大満足で下山すると、駐車場のドライブイン食堂的なところで昼食。
今回はおにぎり中心のお弁当です。うん、今回はホント食べ物にハズレがないなぁ。

R0026553

あ、当然ビールもお願いしますね。

R0026554

帰りは一路シェムリアップへ。早起き&山道での疲れから、車内で爆睡でございます。

ふと目が覚めると、そこは次の目的地「ニャック・ポアン」。
ここも水系の遺跡で、病気の治療のための聖なる水を貯めるところだったとのこと。
観光客は入れないのですが、住民の方は未だに水を汲んだり行水的なことをしていたりしますね。

IMG_1501

続きまして「プリヤカン」。
正直ノーマークだったんだけど、今回のツアーの中ではかなり上位に食い込む存在感でした。

IMG_1522

IMG_1567IMG_1648

こちらは、アンコールワットを建立した王様が、自分の父を祀るために作った仏教寺院。

IMG_1670IMG_1751

規模は小さめなんだけど、乳海攪拌の像の橋から始まり、小ぶりだけどキレイな形の大門といったエントランスで盛り上げて、内部回廊の崩れっぷりがかなり萌え!観光客が少なかったのもいい印象。

IMG_1586

IMG_1784DSC07710

IMG_1661

IMG_1601

そこからしばし走り、癩王のテラスの前を再び通過しつつ「タケウ」遺跡へ。
こちらは、王様の存命中に作り始めたんだけど、完成する前に死んでしまったため、未完成の状態でお墓として落成したというところ。

IMG_1839

その結果、窓がまだ開けられておらず、彫刻もなく、石造りのピラミッドという雰囲気。
現在復元工事中ということで、一般人の立ち入りは禁止されているので周りから見るのみ。。。と思ったら、欧米の観光客が登ってるね。。チーバ君曰く「工事関係者にお金渡せば入れてくれるよ」とのことw

ツアーはさらに続き、「スラ・スラン」。こちらは「バライ」と呼ばれる溜池的な遺跡。
まぁパッと見ただの大きな沼って感じですかね。。地元の子どもたちが水遊びをしてるのが印象的でした。

IMG_1850

さて、ここまで意外に早くサクッと回れたので、晩飯の時間までちょっと時間がありますよ。
ということで、お土産を買うためオールド・マーケットへ寄り道してもらいました。

R0026590

R0026595

うんうん、こういう市場いいですねぇ。
値切り交渉しつつ、会社へのばら撒き土産を大量購入です。

R0026600

そして晩飯は「The Square 24」で。

DSC07836

なかなかモダンな感じのキレイめなレストランで、クメール料理のコースを頂きます。

R0026609

R0026603

うん、なんかもう全部旨いなぁ。。しかも食べきれないくらいの量で大満足!

R0026611

R0026614

ただ、ここもテラスレストランなので、さすがに夜は蚊がいっぱいですね。虫除けを塗っていったのでよかったけど、近くのテーブルに座った日本人家族は食事どころではなくなってました(見かねて店員さんが蚊取り線香を出してくれてた)。

食事の後は、シェムリアップ最後の夜、ということで日本人経営のバーに連れて行ってもらい一杯おごってもらいました。
こういうメニューあったんだけど、やっぱラヲタとしては抑えておくべきだったでしょうか?wこの前のレストランで残す程の量を食べちゃってるのでむりぽorz

R0026626

さて、今日もフル稼働で疲れたなぁ。。と、あまり帰りたくないwホテルへ。
相変わらずシーツの染みは同じ位置。もうしょうがねぇなw
とりあえず荷物を置いて着替えて、近くのスーパーで会社向けのお土産(アンコールワット型のチョコとかが激安)を買い込み、ビールも仕入れて部屋へ戻ります。

とりあえずお湯的なやつでシャワー浴びるか。。と風呂へ。
・・・水道が出ねぇw
お湯が出ないのではなく、水すらも一滴も出ない。
うーん、これはトイレとかも含め結構困っちゃいますな〜、と、レセプションへ電話。
昨晩と同じくボーイが来て現状確認。また屋上に登って何らかの作業。

しばらくして「コココ・・・」と蛇口の奥から音がするな、と思ったら、いきなり「ドゴシャーッ!!」と大量の泥がwww
えーと、一言だけツッコませてもらっていいですか?

ふなっしーか!!
梨汁ブシャーか!!

しかもその泥(と赤サビ)がシャワーヘッドに詰まったらしく、シャワーヘッドの穴のうち2個とかからしか水が出ないよw

ちょい待てば透明な水になるかな?と思ったんですが、いつまでたっても茶色い水のまま。
さすがにこれで顔洗ったり口ゆすいだりする度胸はねぇなぁ、と再度レセプションへ。

ボーイがやってきて水の色を確認するも「No Problem」だとwまぁ、お前にとっちゃ澄んだ水かもしれんが。。。
だったら部屋変えてくれ、と言っても「満室だ」と言うし、100歩譲ってシャワーヘッド詰まってるからそれだけでも変えてくれと言っても「明日なんとかする」の一点張り。いやだから明日朝チェックアウトだから明日やっても俺らにとっては意味ないんだってば。

まぁ、この時点で23時過ぎだったので俺的にはあきらめたんだけど。。。シャワーが浴びれないとわかった相方がブチ切れちゃいましたorz
とりあえず「マネージャーがいないから、電話で対応を確認して30分後に連絡する」という約束を取り付けたので、待つこと45分。たまりかねてレセプションへ電話するもの「明日対応する」「今日は何もできない」の一点張り。

いやそれは分かったから、マネージャーは何と言ってるの?と聞くと「今日は何もできない」と。
あのさーだからさー、お前さっき俺と何を約束したの?30分経ったら連絡するって言ったよね?と聞いても「今日は何もできない」。お前はオウムか?
・・・あぁ、一旦収めた苛立ちがまた高まってきちゃったんですけど。

いやぁ、英語使ってマジ口喧嘩したのって初めてだわw
しかもこういう時に限って単語が出てくる出てくる。昔NYの語学学校で先生が使ってた汚い単語を覚えといてよかったww

で、まぁ当然話はつかず(どうにもならないのはわかってるんだけど、もはやこっちも引込みがつかないもんでw)、旅行会社の現地駐在の方に相方が電話し、ホテルとの間に入ってもらうことに。俺的にはもう寝たいんですけど。。。

スタッフと話をした駐在員の方曰く、彼はマネージャーに電話したけど電話が繋がらなかったんだそうな。んで満室&シャワーヘッドの替えがないのも事実なので、なんとか現状で我慢してほしいと平謝り。なんか、深夜にホントごめんなさいね。。。
うーむ、傍から見たら完全クレーマーなのかもしれないけど。。。まぁ、きちんとしたサービス求めるならもっといいホテルにしなさいよってことですよね。わかります。

ちなみに、現地駐在員さんによれば「このツアー会社でこのホテル使ったのはおそらく初めてだと思う」とのこと。
なるほど、予約入れる時ずいぶん時間かかるなぁと思ったら、ホテルのブッキングに苦労して、最終的にクラス下げたのね。。。だったら差額返金してほしいっすわorz

ということで、濁っていて&チョロチョロとしか出ない&ぬるい水的なやつで体を洗い(シャワーヘッドが死んだのでもうヘッドは外してホースのまま使ったw)、口に入れるのはさすがに躊躇したので冷蔵庫のミネラルウォーターで代用→ふてくされて就寝w

→4日目へ

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m