jump to navigation

本日の戦利品(DF50&キハ58) 2008/02/06

Posted by むき in : Railways, Models, DL, DC , trackback

img_5788.JPG閉店時間が早く、なかなか行く機会がない銀座の某店。
たま〜に顔を出しているんだけど、毎回何かしらの収穫があります。
この店、ぞぬ、ポポとかとは異なる仕入れルート/値付け基準があるみたいで、意外な出物に意外な安値がついていたり。

で、今回の収穫は、TOMIXのDF50(現行ロット)。
DF50と言えば、最近KATOとマイクロからディティールフルな製品が出てしまい、それまで独壇場であったTOMIXの製品が中古市場に大量流出>価格大暴落、という状況。
TOMIXのDF50、確かにディティールの面からいうと最近の製品と比べるとショボいんだけど、加工ベースとして考えたら全然アリでしょ。
で、定価の半額ということなので、迷わず捕獲。
(以前秋葉某店にて、最初期ロットのTOMY製を1k台で発見したんだけど、試走の結果がダメダメだったのであきらめたのでした。おそらく考古学的観点からコレクトするブツかと)

店員に試走をお願いすると、(暴走厨だったのには参ったが)とりあえず異音振動共になく、灯火類も正常ということでお買い上げ〜。
帰宅後自分で試走したところ、スローがちょっと鈍いけど、まぁ許容範囲内。

DF50と言えば、最晩年の四国での活躍が思い浮かぶけど、DD51普及以前に全国どこでも見られたカマなので、何を牽かせても絵になりますね。
とりあえず旧客、20系あたりを牽かせて楽しむ予定。

また、TOMIXの90年代以前の製品と言えば、個人的には非常に「安くてうまい」製品なんですね。
ディティールはあっさり目だけど、造形がセンス良くしっかりしてるので、後付けパーツ等でいじるとびっくりするくらいカッコよくなるし。
スプリングウォーム動力はうるさいけど、最近のルックス重視の機関車と違ってトルクフルに走るし。
しかも、これが中古屋で捨て値で売ってたりするからうれしいトコなんですわ。

ということで、このDF50、とりあえず細部に色入れして、各種パーツでディティールアップしてみる予定。
まずは信号炎管とホイッスル、それからスカートをKATO DF50のASSYに交換(と同時にナックルカプラー化)ですかね。
製品ではメクラになっている屋根上のHゴム窓、どう表現すっかなぁ。。。

ところで、同じコーナーには、TOMIXのHGシリーズもチラホラと。
455のバラがいろいろあって、かなりグラグラ来たけど、ここは抑えて、キハ58-400のM車をゲッツ。
TOMIXのHGキハ58、ヤフオクでも高値安定だし、中古屋にもなかなか並ばないのよね。
しかも今回は、その中でも特に貴重な平窓車、400番台を発見。
定価の半額程度で、パーツ完備・未取り付け、動力灯火共に好調、ということで購入〜。

我が家では先日、KATOキハ58系のリニューアル工事を実施したばかりなので、こいつらと連結させて遊ぶことにします。
ちなみに、同じくHGのキロ28(帯入り)、キハ65なんかもありました。キロは1.5k、65は2k。
これらが中古に流れることってあまりないので、狙ってる方はお早めに〜。
俺も欲しかったけど、先日KATOのやつを装備しちゃったし、泣く泣く見送りで。

というか、TOMIXの平窓58ってKATOの平窓とだいぶ表情が違うのね。
平窓のサイズが、あきらかにTOMIXの方が大きい(Hゴムが薄いだけかもしれない)ので、結果的にTOMIXはパノラミックウインドウみたいにパッチリお目目に見えるんだよね。
どっちが好きか、というと、個人的にはKATOの方が目つき悪くて好きかも(N黎明期からの製品ということで、散々見慣れた顔だからか?)
#KATOの方が目つきが悪いと言えば、ゴハチの上越型もそうかもね。

【関連エントリ】
KATO キハ58/65のLED化
一般型気動車大量装備
ジャンクなキハを追加装備
KATOのキハ58が在庫薄

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m