jump to navigation

【本日の戦利品】思い出の通学電車(KATO 415系100番台) 2008/07/22

Posted by むき in : Railways, Models, EC , trackback

最近、実家より消防〜工房時代のネガを引っ張り出してきてます。
んで、片っ端からスキャニングしてるわけだけが、これがまた面白い!
過去ネタスキャン系の鉄ブログっていろいろあるけど、これは確かにハマるかも。
20年前の写真とか、だいぶ退色してるとはいえ、いざPCのモニタに写ると感動もんですね。

というか、自分がオッサンと言われる世代に着々と近づいていることを認識しますよorz
だって、当時の平駅(現・常磐線いわき駅)を写したネガには、原色ローピンの453系、エキスポライナーな白電415系、485系「ひたち」は全部ボンネット、さらに磐東線ホームにゃキハ58、貨物はED75やEF81(こららももちろん原色、運よければお召し)なんかが並んでるんだもんよ。今やどれも現存しないわけだし。
先日いわき駅前を通った際、ふとホームを眺めたら、Eがついたステンレスの車ばっかりだもんね。時代は変わるね〜。

そしたら、なんだか「自分がガキの頃乗ってた車輌」が急に欲しくなってきたのでした。

ということで(前フリ長すぎ)模型ネタです。
今回は、415系の100番台。
現在は全車鬼籍入りしちゃいましたね。

電車通学をしてた頃、平以北は451〜457系と717系の天下。
たま〜に415系が入るスジに当たる(夕方の下り久ノ浜止まりとか)と、デッキなしの車輌がキライだった俺的には、ハズレ感が漂ったもんでした(717もデッキなしだけど、455と併結運用も多かったのでまだマシ)。
いや、デッキがあると、何かと便利ですからね(笑)。
しかし一方で、同じ415系でも1500番台が来ると話は別。めったに乗れないステンレスの電車(愛称「パンダ」)はカッコよかったなぁ。
(今は全然うれしくもなんともないんだが・・・)

ということで、当時の俺的ランキング最下位の415系の白電を導入です。
なぜかというと、安かったからさ!
某店のセールにて、基本増結合わせても7kちょいという良心的価格だったので、当時の平駅を再現すべく衝動買いです。

この時は、動力と灯火の確認に集中していたので、基本セットと増結セットのロットが異なることなんてあまり気にしてなかったんだけど。。。(前フリ)

今回購入した基本セットは、旧ロット(品番10-097)。銀の紙箱に入った4両セットですね。
このロット、ボディ色のクリーム味が強く、所属表記は「関スイ」(苦笑)。
さらに、常磐無線アンテナ準備工事の配管が実装されてて、列車無線アンテナはついてないという仕様。
パンタは板バネ式。
個人的には、85年のエキスポライナー登場前後の時代を再現したいので、関スイを除けば全くOK。
ちなみに415系の場合、常磐無線アンテナは準備工事だけで、実際にアンテナが付いた例はないみたいです。

一方、増結セットは新ロット(品番10-438)。4両用のブックケースに入ったセット。
このロットは、ボディの白味が強くて、青帯も明るめ。さらにJRマーク印刷済。
所属表記は「水カツ」(もちろんこれが正解)。さらに、常磐無線アンテナ準備工事+列車無線アンテナが取り付け済。
パンタはシースルータイプ。行先方向幕、シルバーシート等のステッカーも付属。

・・・こ、これは完全にJR時代がプロトタイプじゃないですか!
旧ロットがなんで未だ人気が高いのか、わかった気がする。
上記2ロットを混結すると、色調はともかくとして、違和感ありまくりな感じ。

手前が旧ロット、奥が新ロットです。

ということで、新ロットの方を国鉄時代へ復元しようと画策中。
とりあえず、JRマークを溶剤で落として(青帯まで消えないようにしないと。。。)、列車無線アンテナは取り外す方向で。
ここで問題なのは、列車無線アンテナが常磐無線アンテナの配管と一体成型だということ。
列車無線アンテナを切り取ると、常磐無線のアンテナ台座までなくなってしまうし。。。
こりゃ、TOMIXの415系用の別売りパーツを取り付けるしかないですね。確かマイクロ451系用に買いだめしてたパーツがあるはず。

この編成、だいぶ前にストックしてある(現在整備待ち)401系と並べて楽しめる・・・はずだったけど、時代考証が違すぎるのでちょっとキツいね。
チマチマと装備し続けてるローピン457、グリーンライナー455あたりと並べて楽しむことにしましょう。

それにしても、KATOの近郊型を見てていつも気になるのが、屋根板一体型のクーラーとベンチレータ。
TOMIXのそれを見てしまうと、この安っぽさはどうにかならんもんかと。。
とはいえ、切って貼って別パーツ化するのも負けた気がするし(だったら最初からTOMIXを買えって気がしないでもないし)。
ということで、筆塗りでなんとかがんばってみることにします。
100番台4連のクーラーキセはステンレスではなかったようなので、全体をダークグレーに塗ってから屋上機器をライトグレーに塗装かな。
でも編成モノって、1輌完結のカマと違って集中力がもたないんだよなぁ。。。

というか、415系一族ってどれも同じに見えてたけど、意外と形態差あるのね〜。
参考:Wikipedia
401系まで範囲を広げると、先頭形状、窓割、サッシタイプ、ベンチレータ形状、クーラーキセ、床下機器等々、全貌を把握するのはかなり難しいかも。
うーん、恐るべし近郊型国電ループ。

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m