jump to navigation

ice>Linkを147へ(運用編) 2006/06/10

Posted by むき in : Alfa147 , trackback

先日取り付けたiPod接続アダプタice>Link、早速本格運用に入りました。

Alfa純正ということからか、Web上でice>Linkのレポートをしている方とはちょっと仕様が違うみたいなので、そのあたりをレポ。

*Alfa向けのコンフィグレーション
ice>Linkは、汎用品としていろいろな輸入車のオーディオと接続できるような仕様になってます。
なので、使い始めるにあたって、接続する車のメーカー(オーディオメーカー)毎にコンフィグレーションファイルを読ませて初期設定をしてあげる必要があります。
ただし、ウチのice>LinkはAlfa用として売っているものなんで、最初からAlfa向けにコンフィグしてありました(V2.02と書いてあった)。
つまり面倒な設定作業が必要ない、ということですな。

*純正オーディオへのiPodの見せ方
ice>Linkは基本的に、ヘッドユニットに対しiPodを「CDチェンジャー」として見せることでコントロールします。
具体的には、iPod内のプレイリスト(先頭から9個分)をそれぞれ、チェンジャー内に入ったCDと見せてあげるわけ。
こうすることで、今までヘッドユニットからチェンジャー内のCDを切り替えていたような感覚でプレイリストの切り替えができる、と。
これに対し、製品としてice>Linkを買った方は「5個分のプレイリスト」しかアクセスできないという仕様みたいです。
ここらへんはヘッドユニットの仕様とも関連するんだろうか?

*iPod本体からのオペレーション
上に書いたように、デフォルトの設定でiPodを繋いだ状態では、9個のプレイリストに対して全てのオペレーションをヘッドユニット側からやることになります。
逆に言うと、この状態ではiPod側UIからの操作は全く受け付けない、と。

ただ、この方法は問題点だらけ。
まず、iPod内に10個目以降のプレイリストがある場合どうやって再生すんの?と。
この場合は裏技(っていうほどのもんでもないんだが)を使います。
ヘッドユニットから10個目のプレイリスト(見え方はCD10)にアクセスすると、iPodに設定画面が表示されます。
ただし、ここでの操作自体はヘッドユニット側からしか行えないのに注意。
ヘッドユニットのトラック送り/戻しボタンを押すことでiPodの画面内の項目を移動し、様々な設定をする、ということ。
#またこのモードだと、ヘッドユニットボタンを押してからiPodのメニューが反応するまでものすごく時間がかかるので、慌てて操作しないことが大切。

このモードにて、iPodの画面に表示されたプレイリスト一覧を見ながら、全てのプレイリストへアクセスすることができるようになります。
#ただし、ヘッドユニットのボタンを押してからの反応がニブイのでかなりかったるい。。。

いやいや、ヘッドユニットからの操作じゃなくて、iPodの使い慣れたUIを使って操作がしたいんだ!という場合もちゃんと抜け道があります。
同じくCD10を選択した際の、iPod上のメニュー「Set iPod UI」をいう項目を決定(トラック送りボタンを長押し)します。
こうすると、一旦iPodを取り外してもう一度つなげろ、というメッセージがでます。
その通りにすれば、制御がiPod側に移り、これまでスタンドアロンでiPodを使っていた時のようにiPod側から全てのメニューが操作できるようになります。
なおこの際、ヘッドユニットに表示されるトラック番号や経過時間はメチャクチャに狂うけど気にしない気にしない。
またこの状態でヘッドユニットからも、トラック送り/戻し、ボリューム調整が可能。
というか、これが一番マトモな使い方だと思う。
これがデフォルトだったほうがユーザが混乱しないんじゃないかなぁ。。。

–060613追記;
Set iPod UIモードにすると、なぜかヘッドユニットからのトラック送りができなくなってしまいました(音量調整のみ可能)。なんか挙動がおかしいなぁ。。。
–ここまで

製品版ice>Linkでは、このモードにて、他にもいろいろカスタマイズができるらしいです。
例えば、エンジンを止めてからも一定時間iPodを充電し続けるかどうかの設定や、iPod側の出力レベルの調整等。
Alfa純正ice>Linkではこういったメニューが出てこないんだよね。。。
マニュアルを見ると、エンジンを止めた後3時間は充電が行われます、と書いてあったので、どうもパラメータがファームで固定されてるみたい。
#でも実際やってみると、エンジン止めたら充電されんかった。。。<その方が安心できるけど。
このように、一口でice>Linkと言っても細かい動作がいろいろ違うってことですな。

で、しばらく使ってみた感想。

やっぱiPod最高。
前車の206でもiPodを使ってたので、147を買ってからというもの、CD交換がかったるくてかったるくて。。。
しかもウチではCDが増え過ぎて、iTunesに取り込んだCDは片っ端から実家に送っちゃってるので、聴きたいCDが全然手元になかったりして、かなり歯痒い思いをしてたです。
また、ドライブに出た後に「あーあのCD持ってくればよかったー」という状態にもよくなってたしね。
それがアナタ、iPodだったらクルマに繋いでシャッフル一発>これでずーっと幸せですよ。
やっぱ人間、一度この快楽を味わってしまうと抜けられないっすな。
Dock端子から出る音声ってLineなはずなので、iPod側のEQが効かないかと思ってたんだけど、なぜか効くのも俺的には好ポイント。
だって147、オーディオヘボいから、ヘッドでBassを目一杯上げても全然低音出ないんだもの。。。
前車での経験から言っても、やっぱり、デッドニングは急務かもしれない。
気温が高く制震シートが柔らかいうちにやりたいですな。でもお財布的には来年夏かなぁ。。。

そしてこのice>Link、使ってみるとやっぱめちゃくちゃニッチな商品ということがわかります。
動作にクセがある、というか、特性を理解して使ってあげないと「壊れたか?」と思うんじゃないかなぁ。。
iPod UIモードで使うと、明らかにヘッドユニットの挙動がおかしくなる時があるし。。
それを知ってて使うならいいんだけど、少なくとも万人にお進めできるものではないですね。

iPodの特徴的なUIを殺してヘッドユニットからコントロールできるようにするってことは、確かにスマートなんだけどやっぱり扱いにくくて、そうするとやっぱりiPodで直接コントロールするようになるんだよね。
んで、どうせそうなるんであれば、メーカー純正オーディオは、無理にDockコネクタからiPodをコントロールするのではなく、単にライン入力端子を一つ作ればそれで済むような気がします。
もしくはカーナビみたいな大画面タッチパネルでiPodのUIを再現する、とかね。

【関連エントリ】

・iPod接続キット「ice>Link」取り付け(装着編
ナビ取り付け
ETCユニット取り付け
ウインドウフィルム施行

コメント»

1. りう - 2006/06/10

ipod入れたところにMacminiいれて
ナビに画面出してFrontRow!
どう??

2. むき - 2006/06/12

うお、それいいな!
たぶんサイズ的にはぴったり入るんじゃないかなぁ。
しかも色調とか雰囲気もそっくりだ。
VGAが入るナビモニタだったら直結可能だしね。
というか、それだったらナビをMac上で動かせないだろうか。

。。。でもそれ、マウスで操作すんのか??
なにか、タッチパネルでもない画期的なUIが欲しいところだね。。