jump to navigation

【イーテック】Alfa147へETC取り付け 2006/06/13

Posted by むき in : Alfa147 , trackback

知ってました?
ETCって「イーテック」って読むんだよね。
「E電」並に誰も呼んでないよね(例えが古い)。

ということで、着々と進むウチのAlfa147快適化計画の一環として、今更ながらETCを装着しました。

・ハイカが廃止されて以来、旅行前に金券屋でハイカを買う、という行為もできなくなってしまい、なんだかやっぱり損した気がする
・最近ETC装着車/専用レーンが増えたおかげか、どうも他車からの出遅れ感が強く(笑)、なんだかやっぱり損した気がする

金を払うための器具に金払うってのもアホな話だよなー、と思ってこれまでETCを付けてなかったんだけど、以上のような「損した気分」が台頭してきたのと、今なら国の助成金が付いて格安で買える、ということがわかったので、気分は一気に物欲モード。

ダッシュボードにこれ以上モノを置くのは絶対イヤだし、フロントガラスにでかい図体の本体を貼るのもイヤなので、アンテナ分離型で安いやつを物色。
分離型であれば本体はどこかに隠すので、見た目はなんでもOK。
取り付けはもちろん自分でやるので(工賃をケチるため)、ACCとアースだけ取れば動く(←取り付けが簡単)三菱製の物、という条件でヤフオクで見つけました、EP-434Bというモデル。
#パナやDENSOはACCの他に常時通電の電源も入れる必要があるみたい
セッティング(ナンバー等の車両情報を入力すること<これは業者じゃないとできない)と送料込みで6800円で一発落札です。安ッ!!
まぁこのくらいの値段ならアリかな。。助成金バンザイ。

ということで、早速取り付け開始。

取り付ける場所は、ハンドル右下の小物入れの天井部分。
この小物入れ自体がヒューズボックスの蓋と一体化しているので、取り外しも簡単(プラスネジ2本外すだけ)&裏側はもうヒューズなので電源を取るのも楽勝、しかも後付け感もあまりなし、という最高の立地条件。

もちろんこのスペース、小物入れなので奥に穴なんて開いてるわけなし。
しかし、ダッシュボード内部からETC本体へケーブルを2本(電源と受信機ケーブル)引き込まなくてはならないので、そのための穴を開けます。
直径1.2cmの金工ドリルを噛ませた電動ドリルで15個くらいの穴をあけ、それらの穴をニッパで繋げてヤスリで削り、長方形の穴を作成。
まぁ、最終的には見えなくなる所なのでラフ〜にね。
DSC05433_.JPGDSC05434_.JPG
穴が開いたら、天井へETC本体を固定するブラケットを両面テープで接着。
DSC05435_.JPG
次、受信センサを取り付けます。
こいつは窓ガラス上部、ルームミラー上のボツボツ部分に「半」固定。
「半」というのは、このボツボツが金属蒸着だったりしたら電波を通さないかもしれない=受信機が反応しないかもしれないので、まずはガムテープで仮固定して、実際ゲートをくぐって動作確認してから本固定にしようかと。

んで、センサからのコードを天井内張の中に隠して通し(窓ガラスとの隙間から指を入れれば簡単に開きます)、Aピラー内張(内装はがしがなくてもパキパキと簡単に外れます)の中を通してダッシュボード内へ引き込み。
DSC05437_.JPGDSC05439_.JPG
電源は、めったに使わない左後ウインドウ用ヒューズから分岐。
ここから電源を取ることによって、
・セルを回す時に一旦電源が落ちない(シガーソケットとかから取ると、セルを回す時に一度切れてしまう>カード認証中に電源が落ちたら心配)
・エンジンを止めてキーを抜いてから数分間電源がキープされる(パワーウインドウスイッチへの通電がそのような仕様になっている)ので、エンジンを止めてからカードを抜くことも可能
という利点があります。
DSC05444_.JPG
さて、これらのケーブルを本体につないで、まずは動作確認です。
DSC05441_.JPG
キーを捻ると、
「ポーン、カードを入れてください」と女性の声。
カードを入れると、
「ポーン、カードを認証しました」
よっしゃ、第一段階終了。

次は、実動確認のために、センサ&本体をガムテープで仮止めした状態で、近所の第三京浜ICへ。
周りにクルマがいないことを確かめて、ソロソロと徐行しながらゲート侵入。。。
え?ゲート開かない?やっぱこの位置じゃダメか?と思った瞬間
「ポーン、通行できます」
との声と同時に開くゲート!
よっしゃ、これで動作確認オッケー!

50円区間だけ走って家へ戻り、今度は確実に固定して完成です。
DSC05448_.JPG
DSC05445_.JPGDSC05449_.JPG
うーん、我ながらよくできた。自画自賛。
所要時間は、実走試験も含め3時間弱。
小物入れの奥に穴開けるのが一番大変でした。。。

マイレージ登録もしたし、時間を選べばかなり割引も効くし(この算段がすげーめんどくさいんだけど)、これから高速に乗るのがちょっと楽しくなりそうです。
とりあえず、何km/hまで無事にゲート侵入できるかチャレンジしてみたい気もしないでもない(笑)。

【関連エントリ】
・Alfa 147 iPod接続キット「ice>Link」取り付け(装着編運用編
Alfa 147 ナビ取り付け
Alfa 147 ウインドウフィルム施行

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m