jump to navigation

本日の戦利品(ウイン キハ55) 2008/03/10

Posted by むき in : Railways, Models, DC , trackback

img_5852.JPG恒例の中古屋巡りで、ちょっと珍しいブツを購入。
見慣れない水色の箱に惹かれて買ってしまいました。WINのキハ55(首都圏色)キット。
WINと言ったら車両ケースウレタンってイメージでした。。
定価の半額以下だったけど、最近はこのあたりが相場みたい。

TOMIXからHG仕様で決定版キハ55/26系が出てしまった今、敢えてWINの製品を買う理由はあまりないんだけど、
あるとすれば「安さ」そして「首都圏色」ですかね。あ、あと「創るたのしみ」byグリーンマックス
元祖急行色のキハ55系、タラコ一色に塗っちゃうことに対して反発するファンは多いと思うけど、あの美しい急行色を
敢えてタラコのベタ塗りにしちゃう横暴さも、国鉄末期を感じさせてまたよし(笑)。

さてこのキット、その昔発売されていた学研のキハ55系の金型コピー製品との噂。
その証拠に、学研の下回りを入れるとそのまま灯火類が点灯するらしい。
とりあえずツッコミ所はいっぱいあるんだけど、

・前面窓が角ばりすぎ
・側面Hゴムの表現がブ厚すぎ
・Hゴムがシルバー塗装
・ボディ窓寸法に対しガラスが小さい&平面性が悪く、どうもサイドビューが美しくない
・屋根整形色と下回りが変に濃いグレー

さらに今回購入のモノに関しては

・インレタが既に死亡(賞味期限切れ)
・ヘッドライトレンズが割れてて死亡

という特典付き(泣)。

ということで、気を取り直して、早速製作開始。

プロポーション的な部分をいじる気も技術もないので、基本的に素組みです。
インレタは、GMキハ23の余りを利用。東北地方で最後(84年)まで残っていたという理由で、仙コリの145号、盛アオの160号としてます。
(実車が首都圏色に塗り替えられていたかどうかは不明)
所属表記は、転写スペースがないのであきらめました(ドアステップ横になるはずだが、点検蓋のディティールが深すぎてとても転写できない)。
んで、インレタを定着させるべく裏紙でこすっていたら、なぜか裏紙がオレンジ色に。

・・・これ、塗膜弱すぎ。

ということで、インレタの保護も兼ね、クリアを吹きました(1両は半艶、あと1両は艶消し)。
クリアを吹いた後、ATS標記の位置が間違っていたことに気づき、orz

屋根は鋼板塗り屋根のはずなので、このダークグレーっぷりは気持ち悪い。
しかもプラ地むき出しでテカテカ&インジェクション射出口の跡がクッキリ。
ということで、ちょっと明るすぎか?と思ったけど、手元にあった明灰白色のスプレーを吹きます。
ただ、コレだとかなり屋根色が明るくなるので、いかにも全検直後の姿。
少なくともボディが艶消しのものに関しては、ちょっと汚さないと違和感あるなー。これは今後の課題。
あらかじめオレンジ系の色を吹いた上にグレーをサッと吹いて、サビっぽくしようかな
あ、屋根に手を入れるついでに信号炎管も付けときました。

床下も、本来明るいグレーのはずなんだけど、さすがに明灰白色は白すぎるかなぁ、と思いまだ保留中。
ねずみ色1号を買ってこないと・・・。

それから、Hゴム。
キットのおまけパーツとしてデフロスタ付きの正面窓が入っていたので、こちらを利用し、Hゴムをタミヤエナメルで手塗り。
さらに、側面窓のHゴムがアルミサッシと同様のシルバーになっていたので、これもグレーで修正。
トイレ窓には白を入れておきます(洗面所の窓にも白を入れちゃってorz)。

また、1両分のヘッドライトレンズが死んでいたので、TOMIXのキハ20系からパチってきたブタ鼻ライトを接着してごまかしました。

んで、あとはパチ組みで、完成〜。
このキット、合いのよさだけは大したもんだ。屋根の固定とか、相当しっかりしてます。
あ、カプラーはSHINKYOに変更、それからKATOキハ82系用ASSYのホロも付けときました。

それにしても、TOMIXのキハ26と並べると、同系列とは思えない顔つきの違いですな。
そして、KATOのキハ52と並べても、やっぱりこの顔、違和感あるなぁ。。。
モデリングのセンスとしては、ヘタすりゃKATOのキハ20(旧製品)の方が実車のイメージに近いかもね。

そしてやっぱりキハ55/26、急行色が一番似合うってのがよくわかります。
タラコ一色だと、遠目キハ22みたいに見えるんだよね。
台車(GM製?)も車体に対してやたら小さく、イマイチかっこよくないなぁ。。。
ということで、1両を試験的にKATOのキハ20形用(黒染め車輪付)と交換してみたんだけど、見た目は最高になるんだが、カプラーポケットが短すぎ。。。
シャンクが長いSHINKYOカプラーを装備してもなお、ボディの奥に引っ込んじゃうよ。。。
ただ、同じくSHINKYOに交換したキハ58系とは辛うじて連結できるのと、見た目がいいので、しばらくこの仕様で運用してみます。

今回はとりあえず、我が家の一般型キハのバリエーション展開が図れた、ということで(準急型か)。

あ、それから、先日めでたく動力台車が復活したGMキハ23の残り1両も同時作業。
WINに比べると、窓ガラスの質感が圧倒的に高いですなー。
これでようやく動力車も出場>キハ23の2両編成で運用開始です。

このように、ますます広がる気動車スパイラル(笑)。
そろそろTOMIXの10系が欲しくなってきたかも。再生産マダー??
img_5851.JPGimg_5853.JPG
img_5854.JPGimg_5855.JPG

【関連エントリ】
KATO キハ52入線
GMキハ23系組立
KATO キハ58/65のLED化
一般型気動車大量装備
ジャンクなキハを追加装備
KATOのキハ58が在庫薄

コメント»

スパム多数につき、コメントは承認制としています。表示まで時間がかかりますのでご了承くださいm(_ _)m